ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< February 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
2018.12.15 Saturday

[chapter 333] アイコンサイアム/ 「マーニー」停車場シーンの人口密度の低さ/ 湯浅学が「鶴瓶の家族に乾杯」に出演!/ チェンマイ語研究(2008年12月15日)/久々にカラオケ/ Ghostbusters 2016ほか


最近オープンしたタイ最大の売り場面積を誇るアイコンサイアム(2018年12月5日)


2018年12月15日(金) チョンブリ 56歳

「マーニー」停車場シーンの人口密度の低さ

初めて「マーニー」を観て衝撃を受けたのは冒頭の駅のシーンの人口密度の低さ。ティッピ・ヘドレンの後姿のほかに人間がまったく映っていない。これからどんなサスペンスが始まるのだろうという不安を掻き立ててくれた。

2018年12月10日(月) チョンブリ 56歳

湯浅学が「鶴瓶の家族に乾杯」に出演!



2018年12月5日(水) バンコク 56歳

カラオケで発散



2008年12月15日(月) チェンマイ 46歳

[タイ語] チェンマイ語研究 (その1)

タイ語もまだろくろく話せないのに(爆)、北部タイの方言、ランナー語(チェンマイ語)についての考察を始めてみようと思います。
某コミュニティーから拾った自分用のメモです。
マイミクの皆さんにおかれましては、チェンマイにいらっしゃるときは、チェンマイ人との国際親善コミュニケーションにぜひご活用くださいあっかんべー

(上段:タイ語 下段:ランナー語)


สวัสดีคะ(サワディーカー  こんにちは、女性が言うとき)
สะหวัดดีเจ้า(サワディーチャオ)


กินข้าวแล้วหรือยัง(キン・カーウ・レウ・ルー・ヤン ごはんはもう食べましたか?)
กิ๋นข้าวแล้วกา (キンカーオレオカー)


คิดถึงมาก(キットゥンマー とても恋しい)
กึ๊ดเติงหาจ๊าดนัก (ギッタンハージャッ(ト)ナッ(ク))


ใช่แล้ว(チャイレーウ そのとおりです)
แม่นแล้ว (メーン・レーウ)


อร่อยมาก(アロイマー  とても美味しい)
จ๊าดลำ(ジャー(ト)ラム )


อร่อยไหม(アロイマイ  美味しいですか?)
ลำก่อ(ラムコー)


จะไปด้วยไหม(ヂャパイデュアイマイ 一緒に行きますか?)
จะไปทวยก่อ(チャパイ・トゥワイ・コー)


สวยมากๆ(スアイマー(ク)マー(ク)  とても美しい)
งามขนาด (ガーム・カナー(ト))


จริงหรอ (ヂンロ 本当?)
แต๊ก๊ะ (テー・ガ)


ขอบคุณ(コープクン ありがとうございます)
ยินดี (インディー)


ไม่เป็นไร (マイペンライ)
บ่เป็นหยั๋ง  (ボペニャン)บ่าเป๋นหยัง (バーペニャン)


ทำอะไร(タムアライ 何をしますか?)
ยะอะหยั๋ง (ヤ・ア・ヤン)


ทำอะไรอยู่ (タムアライユー 何していますか?)
เยี้ยะหยั้งอยุ่(イヤ・ヤン・ユ)


ไปเที่ยวไหม(パイティアアウマイ? 遊びに行きますか?)
ไปแอ่วก่อ (パイ・エオ・ゴー)


จะเจอกันอีกเมื่อไหร่ (ヂャジューカンイー(ク)ムアライ  いつまた会えますか?)
จะป่ะกั๋นแฮ๋มเมื่อใด (ヂャ・パ・カン・ヘム・ムアダイ)

--------------------------

こんにちは。
はじめまして。

じゃーお。についてはわかりませんが、
お腹いっぱい=イムレーオは、
「ガットン」 と、教わりました。表記はわかんないんですが。

外国人が関西弁を使うとウケるように、
それを言わされては、チェンマイ人が笑っています!!!

----------------------------


はじめまして〜^^

.愁鵐淵爛福次覆供爾沺爾澆蹇)は→ソンモンモンです^^
▲▲薀ぅ福次焚拭・・・)は・・・→アヤンゴーです^^

けっこうチェンマイでこれを使いこなせると・・・
受けますよ?

,録討靴ねЭ佑覆匹・・何か失敗した時に使うとウケま
△浪浸・誰に使っても・・・うけますよ〜^^
----------------------------

私も早速積極的に使って、チェンマイ人との国際交流をはかりたいと存じます!!

______________

[使用報告 1]

いつも行く屋台食堂のおばちゃんに「ジャーラム、ガットン」(美味しかった、おなかいっぱい)と使ったら大うけでした。
人間関係のある人に親しくなったら使うのはいいかも、と思いました。
「アローイ」よりは方言使ったほうが心休まるかな、って。



(今週のおまけ)

アイコンサイアムの吹き抜け


アイコンサイアムのスナップ集
続きを読む >>
2018.11.24 Saturday

[chapter 332] Three Billboards Outside Ebbing, Missouri/ 世界一の身体改造男ほか


「スリービルボード」鑑賞しました。(2018年11月21日)


2018年11月21日(水) チョンブリ 56歳

世界一の身体改造男ロルフさん@緊縛

2016年11月21日(水) チョンブリー 56歳

Three Billboards Outside Ebbing, Missouri(2017)

「スリービルボード」鑑了。この映画は公開時シネコンで敬遠したので観られて良かった。余韻漂うラストシーンから黒味になる瞬間が最高のカタルシスをもらえた。主演のフランシス・マクドーマンドはこの作品でアカデミー主演女優賞を獲った。どこかで観たかもと検索すると「あの頃ペニーレインと」のキャメロン・クロウのお母さん役だった!あの爆笑シーン忘れられないナ。。
ロルフ・ブッフホルツさん


2018.11.17 Saturday

[chapter 331] 「三つ数えろ」のドロシー・マローン/ マーク・ロスコ/ ヘルボーイ/ 羽田上空からのアプローチについてほか


海の上のローカルシーフードレストランにて食事会(2018年11月16日)


2018年11月17日(土) チョンブリ 56歳

The Big Sleep
2018年11月17日(土) チョンブリ 56歳

マーク・ロスコ



*今日はじめてマーク・ロスコの生涯をテキストに編んでみるアイディアを得ました。折口信夫の「死者の書」のようにフィクションによって民俗・歴史を描く方法論です。
2004年11月15日(木) バンコク 56歳

ヘルボーイ(2004)

「ヘルボーイ」鑑了。1944年のプロローグシーンのみケーブルテレビで観た記憶があったのだが初めて通して観られた。半漁人エイブ・サピエンに強い印象を抱く。これが「シェイプオブウォーター」の原型か。なんか食指が動かなかったのだが、そちらも観てもいいかな、と思った。
2004年11月16日(金) チョンブリ 56歳

羽田上空からのアプローチ

数年前、バンコクから羽田便で帰国したときに、伊豆半島あたりから高度を下げてずっと同じ高さで三浦半島、東京湾を北上して羽田に着陸したことが妙に記憶に残っている。あれは東京の制空権が完全に横田優先で東京神奈川上空は旅客機は飛べないということの証なのですよね。

沖縄も基地があるので那覇への着陸が低空水平飛行をしてから着陸したことを思い出しました。国内に米軍基地があり飛行路が制限されていることに違和感があります。

異常なことが当たり前になっていることについて。感覚が麻痺していることについて。
2004年11月17日(土) チョンブリ 56歳

半醒半睡

半醒半睡(はんせい・はんすい)なかばさめ、なかば眠っている状態夢うつつの状態。このときよく私は妄想する。たとえば今朝は便器に座っていると、便器のデッサンを思い付き、トイレの床に紙を起き、一心に便器のスケッチを始める光景が浮かんで脳裏を離れなくなった。これは夢の途中?と思ったりした。しかし意識は確かにこちら側に存在する。この状態を利用して何か創造したいと思うのだが、なかなかうまく結実しない。

2018.11.10 Saturday

[chapter 330] The Feelies- Crazy Rhythms / シンガポールから陸路でマレー半島を北上する旅(2004年11月10日〜16日)/ デジカメを持たない磯崎新のエピソード/ エイリアンシリーズ/ ペナン島の「花の岬」/世界の「クロサワ」が泣いたほか


Sunset@ Sukhumvit Bangkok


こんにちは。6年間休みなしでほぼ毎週更新してきましたが、このところ内容もマンネリで飽きてしまい、更新を1ヶ月休んでしまいました。すいません。ぼちぼち再開してまいります。
波照間エロマンガ島@タイランド 拝



2018年11月10日(土) チョンブリ 56歳

The Feelies/ Crazy Rhythms



2018年10月30日(火) チョンブリ 56歳

エイリアンシリーズ

2004年11月10日(水) 成田〜シンガポール 42歳

シンガポールのゲイランへ

夕方のユナイテッド航空便でシンガポール。
深夜到着。シンガポールは5回目なのですっかり慣れてきた。
タクシーでゲイランLOR18のホテル81に直行する。
ゲイランはシンガポールの黄金町っていうか、むちゃくちゃすごい岡場所です。置屋が軒を並べ、立ちんぼオネエサンがいたるところにおいでまし、シンガポール中のスケベ野郎が夜な夜な集結して、交遊している街です。ところがここいらのホテルは激安で、旅行者にとっては案外穴場なんですよ。1泊2100〜3000円くらいで宿泊できます。クラスも日本のビジネスホテルとなんら変わりません。もっとも連れ込みで使っている人も多いのですが。


2004年11月11日(木) シンガポール〜マラッカ 42歳

陸路にてマレー半島を移動

午前中、行動開始。チャイナタウンの旅行代理店へ行き、いろいろ検討。だが考えまとまらず。
そうこうするうちにチェックアウトの時刻が近づいてきたので、とりあえずバスでマレーシアに行くことにする。
ゲイランからすぐ近くのカランバスターミナルに行く。運良く1時間後の14時にマラッカに行くバスを発見、それに乗車する。
マラッカまで4時間半の旅。
ジョホール州の橋を渡り、陸路でマレーシア入り。
もろもろあり夜18時半、マラッカ着。

2004年11月13日(土) ペナン島 42歳

ペナン島雑感

雨季みたいでいきなり雨が降り出しました。かなり激しいスコールです。さっきまでよいお天気だったのに。
というわけで雨宿りにネット屋に入りました。

ペナン島2日目。思いつくままに感想。
ハワイよりもいいかも。島の中に小高い山が見える風景って好きですね。金子光晴が愛したという「花の岬」タンジュン・ブンカに行ってきました!ミーハーなもので。いいビーチですねぇ。
あとペナン博物館はキュレーターが優秀なのが素人目にもわかる、見せ方に工夫の見られるよい博物館でした。有史以来この島のたどった数奇な歴史、交通の要衝に位置しさまざまな国の支配を受け文化の混合熟成が進んだ、が手に取りようにわかり。写真を拡大して見せる展示方法は歴史を客観的に語る補助装置として機能していました。


2004年11月16日(火) バンコク 42歳

ソニーサイバーショットDSC-P100



旅行出発直前にとつぜんDVカメラが故障してしまい家に置いてきたので、緊急でソニーのサイバーショットDSC-P100を購入した。その試し撮り主体の旅行になってしまったことは否めない。良い悪いではなく。
バンコクでは3年ぶりにワット・ポーとワット・プラ・ケオを訪れて仏像や寺院建築などをあれこれ撮ってみた。バンコクは日光光線が強いので、順光だとかなりきれいに撮れるみたいだ。(あとでサイトにアップします)

でもカメラに頼りすぎるのもよくないことはわかっている。一度勇気をもって、デジタル機材いっさいなし、スケッチブック、ノートとペンだけの旅をしてみようと思っている。

そういえば建築家の磯崎新は、旅をするときにカメラを持たないので、同行者は磯崎がカメラ代わりのスケッチを描き終わるまで、その場で待っていなければならないらしい。(浅田彰の話)




「プロメテウス」から「エイリアン・コヴェナント」への設定委譲は、「エイリアン2」から「エイリアン3」にかけてのそれの「ガッカリ感」を思い起こすよね。


続きを読む >>
Powered by
30days Album
PR