ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2017.10.14 Saturday

[chapter 281] GEOSTORM/ キム・ノヴァクとヴェラ・マイルズ/ 55歳の誕生日会/ 日本大使館に在外公館投票へ/ スーザン・ソンタグ「隠喩としての病い」ほか


(近況)
10月12日、話題のディザスター映画「GEOSTORM」を鑑賞しました。(全米公開2017年10月20日、日本公開2018年1月19日)


2017年10月7日(土) バンコク 54歳

キム・ノヴァクとヴェラ・マイルズ

2017年10月12日(木) バンコク 55歳

GEOSTORM
2017年10月9日(月) バンコク 55歳

55歳の誕生日会

55歳の誕生日を高校同期の友人に祝ってもらいました。四捨五入で六十歳かー。
2017年10月13日(金) バンコク 55歳

日本大使館に在外公館投票へ



今日は前国王のラマ9世プミポン国王陛下の1周忌で休日なので日本大使館に衆議院選挙の投票に行ってきました。(海外なので投票期日が1週間くらい早まるのです)街でははあちこちで国王の追悼行事が行なわれており、歌舞音曲は自粛しとても静かです。
2013年10月5日(土) バンコク 50歳

スーザン・ソンタグ「隠喩としての病い」

スーザン・ソンタグ「隠喩としての病い」再読了。学生時代に読んで、まったくピンとこなかった論文であるが、母を病気で亡くした現在再読すると、見えてくるものが多くあり、とても深い感想を得ることができた。いつか、それをまとめて文章に起こしてみたい。

それは1960年代に批評の世界で流行した「キャンプ論」に通底する考察でもある。言うまでもなく、ソンタグの有名な論文「反解釈」が想起されるのだが、それは何かというと、芸術作品における「内容」を読み取ることを至上の命題と信じ、「形式(スタイル)」を単なる飾りとして軽視する風潮を徹底的に批判したものであった。多くの人は作品の背後あるいは深層に「真の意味」があるはずだと想定し、それに際して、社会的・心理的・道徳的意味づけを行う。ソンタグが批判したのは、あまりにも鈍感なそれらの感受性についてであった。ソンタグは自身の癌体験に上記の論をスライドさせ、病気にまつわる隠喩が特別の意味の広がりをもって人間の行動と思考に影響を与えてしまうことを、ギリシャ以来の古今の文学作品を引用して分析した。そして、結核、梅毒、癌、狂気など、さまざまな病気が担わされてきた思想史的意味を探り、自身の癌体験に踏まえて、不必要までに恐怖心をあおり立てる隠喩を解体することを狙っているのだ。(未完、つづきはいつかブログに書くかも、否、書かないかも)
2017.10.07 Saturday

[chapter 280] Blade Runner 2049/ ジャパンツアー計画/ 日曜日の病院/ 加山又造先生の祝辞/ おはよう、たけしですみません。/ 岡本かの子「鮨」に出てくる1939年当時の職業ほか


(近況)
2017年10月5日「Blade Runner 2049」(日本公開2017年10月27日)鑑賞しました。


2017年10月2日(月) バンコク 54歳

ジャパンツアー計画
2017年10月5日(木) バンコク 54歳

Blade Runner 2049

2017年10月1日(日) バンコク 54歳

日曜日の病院



病院に来ています。日曜午前中の病院は人が少なくて割合居心地が良い。けれどもここに来ている理由はわたしも含めて誰しも楽しいものではないだろう。
診察と検査の待ち時間「多崎つくると…」を読んで、思いついては揮発するさまざまな思いを身体の中たゆたわせている。それはとても気持ちの良い時間。そして今自分に必要な命題、というかテーマを気づかせてくれる。そんなことを少し前に読んだ同じ作者の「1Q84」という作品から感じ始めている。「小説は促しである」というマルセル・プルーストの言がますます心の中に染み込んでくるように感じる。

14時30分、読了。ラストシーンは賛否両論かもしれないな。本の残余ページに対して今書かれている内容からすると1シーンまるまるカットじゃん!って読者は不安になるであろう、予定調和の裏切りというか。でもこれは面白いと思う。残余ページと内容とのサスペンスで想起したのは村上龍の「五分後の世界」のラストシーン。あの作品も残りページ数に対しての現状況とのあまりにアンバランスな内容に驚愕させられた。
2017年9月30日(土) バンコク 54歳

加山又造先生



大学の卒業式で、日本画科科長の加山又造先生から感動的な祝辞を賜ったのだが、感動した事実だけ覚えていてその内容を丸ごと失念してしたのが悔やまれる。



(今週のねこ)

(2017年10月1日)
続きを読む >>
2017.09.30 Saturday

[chapter 279] His Girl Friday/ ハワード・ホークスが発明した「速度のある科白」/ 日本一番/ トマス・ハリス「羊たちの沈黙」読了/ 「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」を川床料理の店にて読み始めるほか




(近況)
カオサンロードで珍しい冷房付きレストラン「日本一番」に行きました。(カオサンは西洋人向けのオープンエアのレストランがほとんどなのです)


2017年9月26日(火) バンコク 54歳

His Girl Friday

2017年9月28日(木) バンコク 54歳

トマス・ハリス「羊たちの沈黙」



今週はすき間時間を使ってずっと「羊たちの沈黙」を読んでいた。20時30分すぎ読了。
映画は何十回も観ているので完全に映画のイメージで読み進められた。
主人公のクラリス・スターリングとジョディ・フォスターは完全にイコールだ。ジョディ・フォスターとわたしは同い年(誕生日が1ヶ月くらいしか違わない)なので「アリスの恋」から始まって「白い家の少女」「ダウンタウン物語」「タクシー・ドライバー」「リトルマン・テイト」「コンタクト」「パニックルーム」「フライトプラン」そして最新作の「エリジウム」までずっと同年輩の登場人物として感情移入して見続けてきた。「告発の行方」だけはまだ観てない。
2017年9月29日(金) バンコク 54歳

今日買った本と食べたあんみつ



色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年 村上春樹 文春文庫
夢を見るために毎朝僕は目覚めるのです 村上春樹インタビュー集 1997-2011 村上春樹 文春文庫
ダンシング・ヴァニティ 筒井康隆 新潮文庫
京ろーる 和菓子あんみつ(エムクォーティエ)




エムクォーティエ地下にある「京ろーる」。初めてきました。床に透明のアクリル板が張ってあり、川床料理の店みたいだ!京都の甘味処というコンセプトみたい。グッドアイディア!筒井康隆の「ダンシング・ヴァニティー」は文芸誌の新潮で連載中に読んで衝撃を受けた作品。続きを読みたいと思っていたらあっという間に10年が過ぎついに作品と再会した。
Powered by
30days Album
PR