ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2017.06.17 Saturday

[chapter 265] 桑野みゆきのフィルモグラフィー/ 「秋日和」(1960)を観ていて気づいたこと/ スタインバーグ「ニューヨーク九番街からの世界観」/ 第2代満鉄総裁の中村是公について/ The Mummy/ 野際陽子さん逝去ほか


「秋日和」(1960)の桑野みゆき


2017年6月12日(月) バンコク 54歳

「秋日和」を観ていて気づいたこと

2017年6月15日(木) バンコク 54歳

スタインバーグ「ニューヨーク九番街からの世界観」
2017年6月16日(金) バンコク 54歳

The Mummy


野際陽子さん逝去
2010年6月第2週のTweet バンコク〜サムイ島 47歳

2010年6月11日(金) バンコク

夏目漱石の大学予備門以来の親友で第2代満鉄総裁の中村是公(漱石を満洲に招待し「満韓ところどころ」を書く契機を与えた、のち東京市長、貴族院議員)の名前を見ると、いつもエノケン一座にいた喜劇俳優、中村是好の顔を思い浮かべてしまうのである。

10年少し前、BTS開通直前のバンコクに移り住んだ友人が先ずマスターしなければならなかったことは、バンコクの複雑に入り混じった路線バスの乗降テクニックであったという。今回、BTSや地下鉄から離れた場所に行く用があり、路線バスの難しさを実感した。上手に乗り継ぎできるようになりたい。

屋台の場所取り(縄張り)をめぐっておばさん同士、ほとんど殴りあいに近い罵詈雑言合戦。まわりの男たち唖然として止めに入れず。


2010年6月12日(土) バンコク〜サムイ

サムイ島上陸なう。サムイ島なのに暑いよう!というお約束のおサムイtweetですいません。

バンコクからスラーターニーまで夜行バス、スラーターニーから船でサムイに来ました。

カオサン発のファラン御用達のバス会社だったからか、バス内ではダニエル・クレイグ主演の「ディファイアンス」と「イングロリアス・バスターズ」を上映してました。私の隣はイスラエル人の男性だったので、彼の反応が気になりました。どちらもナチス VSユダヤがテーマなので。普通に楽しんでました

夜行バスは朝6時にスラーターニーに到着した。ツアー会社で次のピックアップまで時間をつぶした。オフィスの人が気を利かせてDVDを上映してくれたのだが、映画は「ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習」だった。朝6時から観る映画じゃないっつーの(笑)。

普段は昼間は飲まないのですが、ビーチサイドのカフェレストランで海を眺められるとくれば、これは飲むしかないでしょう〜!というわけで、象さんビール行ってしまいました。

コサムイいいかもしれないぞ。引き続きフィールドワーク実行中。

サムイ島行きのバスチケットを買ったTAT(ツーリストインフォメーションセンター)の職員の出鱈目っぷりといったらなかった。客がいないときはオフィスでずっと賭けトランプに興じていたのだ。しかも真昼間から。しかもそのフロアのボスと思しき人間が率先して。タイは皆こうなのだろうか?まさかね




2010年6月13日(日) サムイ

暑いので思考能力が低下している。「暑い」とか「酒が美味い」とか「海がきれい」とか単純でアホ丸出しなツイートに終始している。

サムイは客引きのお兄さんは特にしつこくない。声をかけてきても無視するとあっさり引き下がる。プーケットのほうがしつこいと感じた。この差は何なのだろう。(もっともベトナムなどとは比較にならないほどタイ人は淡白なのですが。ベトナムの客引きはまじパネェっす)

サムイ島へ来るバスでスウェーデン人の若者と親しくなったのだが、挨拶を交わした後、「ワールドカップ始まったね」と言うと、「スウェーデンは出られませんでした」という答えが。悪いこと言っちゃったな、と思ったのと同時に、この大会に出られるだけでも凄いことなのだと日本の健闘を改めて祈った。



2010年6月14日(月) サムイ〜スラータニー

故・石橋エータローが愛したコーサムイを後にする。

今日はスラーターニーに草鞋を脱ぐことにした。ワールドカップサッカーは宿で観戦予定。

2010年6月15日(火) スラータニー〜バンコク

スラーターニーからバスで10時間半、700km移動してバンコクに到着。激しく疲れたー。でも経済的理由で国内の旅は飛行機は滅多に使わないと思う。

今日ははじめに乗ったバスのエンジンが不調で途中でエンストしてしまった。しばらくすると、別のバスが近くに止まってそちらに乗り換えた。いわばバスの乗客ごと、売り飛ばされてしまったわけである。東南アジアのバスの旅は、いろいろなことが起きる。
続きを読む >>
2017.06.10 Saturday

[chapter 264] 鯰ラープ/ 久々の知久さんライブ@シラチャ/ シラチャガール呼び出し飲みに行く / 大阪アパッチ物決定版/ 吉田茂の演説の巻紙についてほか


ライブ前にいただいたナマズラープ、味はマイルドで絶品でした!(2017年6月10日)


2017年6月10日(土) シラチャ 54歳

知久寿焼さんライブ@シラチャ


2017年6月5日(月) バンコク 54歳

今日買った本



日本三文オペラ 開高健(新潮文庫)
爆笑問題 時事少年 〜流行と事件のアーカイブ 1999-2001(集英社文庫)
情熱チャンジャリータ ゲッツ板谷 絵=西原理恵子(角川文庫)


ソイ33/1のいつもの古書店にて購入。選ばれなかった本は、鷗外の「青年」、アナニスインの「小鳥」、唯円の「歎異抄」、ブローティガンの「アメリカの鱒釣り」など。どうしてこれらの本は選ばれなかったのか。それだけに拘って文章を書くのも面白いかも。買った本ではなくて買わなかった本の思い出を語る。
アナニスインの「小鳥」は前回も候補に上がったのに選ばなかったものな。ヘンリーミラーの妻だった、つまりホキ徳田と姉妹でもある自伝的性愛小説。
日本三文オペラは、大阪アパッチ物で一番有名な作品。梁石日、小松左京、あと筒井康隆も書いていた?あれこれ読んできたがついに開高ver. に到達。
ゲッツ板谷はほとんど読んでいるが、本作はたぶん初めて読む。古書店では巡り合わせが悪く今まで出会わなかった。
今エムクォーティエのマクドナルド。何か建設的なことを書きたいけど、心身ともに疲弊していて何も浮かばない。

(追記)爆笑問題の本は酷い出来で購入して後悔した。2000年前後の漫才本は出来が悪いな。
2017年6月7日(水) バンコク 54歳

吉田茂の演説の巻紙について

サンフランシスコ講話条約締結後の吉田茂首相の演説、長い長い巻き紙に書いた演説原稿を日本語で読んだという件だが、あれは白洲が吉田に絶対に英語ではなく日本語で演説しなければならない、と説得したと言う話が有名だが、ここでは吉田が自分で日本語で演説を決めたみたいな書き方をしているね。真実はどんなんだったのだろう。(白洲次郎「プリンシプルのない日本」より)


2017.06.03 Saturday

[chapter 263] ラープムー/ 藤竜也「愛車遍歴」/ プリンプリン物語/ くるぶしまで冠水/ 雨季になったほか


ラープムー(2017年6月2日)


2017年5月27日(土) バンコク 54歳

藤竜也「愛車遍歴」

2017年5月28日(日) バンコク 54歳

休日出勤
2017年5月29日(月) バンコク 54歳

プリンプリン物語

2017年5月27日(土) バンコク 54歳

くるぶし


スコールであっというまに道路冠水。
2017年6月2日(金) バンコク 54歳

@Suda Restaurant







今週もなんとか死なずに終えられた。つかれたー。おとついの会社の飲み会は飲む気分でなかったのだが、今日は一献。ビール一杯だけで許してつかーさい。
来週は知久さんがシラチャでライブやるらしい。久々にらんちう聴きに行こうかな。

シラチャ在住の旧知のUさんと連絡とれました。来週末、知久さんライブで再会することになりました。シラチャ支店勤務時代の友人も呼ぼうかなー。
2017年6月3日(土) バンコク 54歳

Critic About "Alien:Covenant"



町山さんによる「エイリアン:コヴェナント」の解説(ラジオ番組の書き起こし)
深い。5月10日に鑑賞したとき、日本語字幕なしなので当然ここまで深くは理解できなかった。でも映画はどのように感じてもOKで、多様な鑑賞方法があると、ここ数年とみに感じているのだ。この映画の時間軸的に前作にあたる「プロメテウス」はケーブルテレビで何度か観たのだが、今作との関連性を示唆するシーンのからくりに気づいたときには鳥肌が出るほどぞくぞくしたのだが。しかしその一部分は町山さんが説明していてこれは映画学徒でなくてもらくらくアプローチできる映画だと思った。

Powered by
30days Album
PR