ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2017.04.15 Saturday

[chapter 256] 朝焼け空 / カナの婚礼/ 浅田真央選手、現役引退/ 回転寿司@ターミナル21 / 泉鏡花のルポルタージュ / 三島由紀夫「熊野(ゆや)」/ パタヤにてソンクラン / 1963 Billboard Year-End Hot 100 Singles/ Fast & Furious 8


朝焼け空(2017年4月10日)


2017年4月12日(水) バンコク 54歳

「カナの婚礼」パオロ・ヴェロネーゼ



2017年4月11日(火) バンコク 54歳

浅田真央選手、現役引退

2017年4月10日(月) バンコク 54歳

回転寿司@ターミナル21



三島由紀夫「近代能楽集」
2017年4月12日(水) バンコク〜パタヤ 54歳

エカマイバスターミナル



今パタヤ行きのバスが発車したところ。警察が麻薬を隠してないか調べています。警察犬もいました。旧正月前日だからでしょうか。

パタヤに持ってきた本



ホテルチェックイン。ちょっとたくさん持ってき過ぎたかしらん。
夕方仕事を終えその足でバスにて来ました。テキトーに荷作りしたらこんなに本を詰め込んでしまった。アホです。読了したのも未読了のもあり。(画像クリックすると拡大します)
2017年4月13日(木) パタヤ 54歳

パタヤビーチサイドロード




Fast & Furious 8



セントラルフェスティバルなう。本日初日の fast & furious 8 鑑了。おバカ映画万歳! このシリーズはほとんど観ています。ミシェル・ロドリゲス好きだ!バジェットがまたまたでかくなってますね。それにしてもキャストにハゲ大杉。


やしの実

2017年4月14日(金) パタヤ 54歳

泉鏡花のルポルタージュ

司馬: まあ、候文がすたったとともに、文章の型も崩れましたが、それ以後、論理的表現能力のある国語文章が出てきますね。そういう意味での文章日本語は、第二次大戦後に確立したのではないでしょうか。明治時代の文章家は、それぞれが我流で書き言葉を使っておりましたでしょう。泉鏡花なら泉鏡花手製の日本語で。鏡花が大正末期だったか「東京日日新聞」に、工業地帯のルポルタージュを書いたのを古本で見たことがありますが、鏡花手製の文章では、鏡花的世界は表現できますけど、どうにも煙突やガスタンクのある街がとらえられなくて、悪戦苦闘してついに空中分解しているような格好で。
司馬遼太郎 対談集「日本人を考える」より、桑原武夫との対話(1971年)


司馬は戦後に日本人は論理的表現能力のある文章を手に入れたと主張する、この説は面白いし、くだんのルポルタージュ読んでみたいと思った。


(今週のビーチ)

パタヤ(2017年4月13日)


(今週観た映画)

Fast & Furious 8を公開初日に鑑賞しました。(2017年4月13日)
続きを読む >>
2017.04.08 Saturday

[chapter 255] 「南無阿弥陀仏」柳宗悦/ 訃報・大岡信 / 資本論第1巻とタルムード文書の共通点/ 広瀬中佐と杉野兵曹長/ 横浜オデヲン座、今むかし/ ディズニーせんべい/ 目白過激團 一門会顔見世公演/ コインロッカーに収容できないものほか


最近週1回は訪れるRiver City Bangkok のウッドデッキ。骨董品ショップが軒を並べるバンコク有数のアンティークショッピングコンプレックス。毎月第1土曜日にシラサイ コンベンション ホール (4 階) でオークションを開催しています。


2017年4月3日(月) バンコク 54歳

「南無阿弥陀仏」柳宗悦




〔参考〕どんとこい!遊行寺春の音祭りでパスカルズ初体験!(2005/05/21)
2017年4月5日(水) バンコク 54歳

訃報・大岡信

2017年4月6日(木) バンコク 54歳

いま生きる『資本論』/佐藤優

2017年4月7日(金) バンコク 54歳

横浜オデヲン座、今むかし


(参考リンク)横浜オデヲン座  旅順港閉塞作戦(1904)  深月ユリア
2005年4月5日(火) 東京 42歳

ディズニーせんべい



同僚の女性からのTDL土産。こんなものが売ってるのね。せんべい本体の形も耳が大きくなっている!きゃわゆい!ぱく!(擬音)
2006年4月8日(土) 東京 42歳

[落語会] 目白過激團@浅草木馬亭



時限落語家集団 目白過激團 一門会顔見世公演〜2006 春の祭りへようこそ!

(出演)
目白バタイユ(元・五月小一朗)、目白ボーボワール(黄金咲ちひろ)、目白魔羅黒(下関マグロ)、目白百万石(セイドウマリコ)、目白雲國斎(森江宏太)、目白クリステヴァ(深月ユリア)、目白お萬(リオナ)

という落語会を聴きに行った。いっしゅん入門して舞台に立とうかと思うほど刺激を受けた。
恐ミオさん、誘ってくれてありがとうございました。

*メモ
この後、主宰の目白バタイユは児童買春・ポルノ禁止法違反の現行犯で逮捕され、この会を知るきっかけとなったライターの下関マグロさんとは袂を分かつた。(
2011年4月6日(土) チェンマイ 48歳

広瀬中佐と杉野兵曹長



日露戦争の旅順港閉塞作戦で有名な広瀬中佐と杉野兵曹長の銅像を探しに学生の頃万世橋まで行ったことがある。昭和22年に撤去されていたことを知らずに行ったのは間抜けだった。荒俣宏の「帝都物語」にこの銅像からヌエが出てくる描写があったり、談志師匠の落語で聞いたことがあり身近に感じていたものだった。
2009年4月8日(水) 大阪 46歳

コインロッカーに収容できないもの

(1) 現金、その他貴重品類
(2) 死体
(3) 揮発性のあるもの、爆発物
(4) 動物
(5) 銃砲、刀剣類
(6) 臭気を発するもの
(7) 法律で所持携帯が禁止されているもの
(8) その他保管に適さないと思われるもの

*大阪旅行中、発見
1986年4月4日(木) 東京 23歳

神保町で日本映画3本ほか



新宿さくらやにヨーロッパ旅行の8ミリフィルムの現像を出しに行く。
新宿3丁目から都営線に乗り神保町へ。またまた三省堂書店の視聴覚室で映画鑑賞。
「クレージーの殴りこみ清水港」「香港クレージー作戦」「雲の上団五郎一座」の3本。
「・・・清水港」に出てきた内藤洋子の奇跡的可憐さに心ときめく。「雲の上団五郎一座」は続編のほうを以前先に観たせいか正編は面白みに欠けた。おそらく続編のほうが菊田一夫の戯曲を忠実にアダプテーションしていると思われる。のり平と八波むと志の玄冶店のくだりとか。
そのあと古書センターにあるアべノ・スタンプ・コイン社で日本映画のスチール写真を大量に購入。
帰り、Tと新宿で待ち合わせ、新宿アルタ地下のつな八で天ぷら定食。
続きを読む >>
2017.04.01 Saturday

[chapter 254] 連載スタート5周年 / Ghost in the Shell / おいしいプロポーズ/ 「黒難解」について/ 1975 Billboard Year-End Hot 100 Singles

そんなわけでニヒル牛マガジンで連載を始めて丸5年経ちました。
今後ともタイ発信のへなちょこ情報ブログをよろしくお願いいたしますー。

波照間エロマンガ島 拝




(近況)スカーレット・ヨハンソン主演「Ghost in the Shell」鑑賞しました。(2017年3月30日)



2017年3月30日(木) バンコク 54歳

Ghost in the Shell



2017年3月28日(火) バンコク 54歳

今日買った本

2006年3月31日(金) 東京 43歳

「おいしいプロポーズ」のロケに遭遇



夕食を買いに会社の裏のコンビニに行こうと信楽通りを歩いていると、道をふさいでドラマのロケをやっていた。通行の迷惑じゃあねえか、このアホどもが、と激昂しつつ、交通整理をしている下っ端ADに道を空けてもらう。

すると、なんと

長谷川京子とすれ違った!!

あとで調べると日曜劇場の「おいしいプロポーズ」のロケだということがわかった。

銀座が舞台なのか?

気になる気になる。

急に態度が豹変して顔がにやけモードになってしまった。

いい年こいてミーハーな私でした。(<知ってるってww)

『おいしいプロポーズ』は、2006年4月23日より6月25日まで毎週日曜日21:00 - 21:54に、TBS系列の「日曜劇場」枠で放送されていた日本のテレビドラマ。主演は長谷川京子。長谷川は今作がテレビドラマ初主演となった。

(mixiコメント欄より)
「ドラゴン桜」の制作発表記者会見で、
彼女を囲み取材したことあります。
彼女のオッパイばっか、ずっと見てたなぁ。
快活なタイプじゃなくて、割と冷血というか
ローテンションな感じなんですよね。
生で見るより、テレビとか雑誌で見た方が
カワイイな…というのが僕の感想です。 でも、好き(笑)
2011年4月4日(月) 東京 48歳

「黒難解」について

禁忌の存在だからこそ価値があるもの、そのフィルターが取り払われ一般化した瞬間にありふれたつまらないものになってしまうこと。

赤瀬川原平:前に、亡くなった渡辺和博君と、なんと『世界』で対談したことがあるんです。「満足」という問題についてかな。色々と話したんです。そのときに話が出たんですけど、彼のいう「黒難解」ってありましたよね、澁澤龍彥とか、マルキ・ド・サドとかね。60年代のある時期、サドなんて、なにか悪いものを読んでるっていうようなスリリングな感じがすごくあった。それは、プルトニウムみたいなもので、漏れちゃいけないものだったんだよね。密室のなかにあるからものすごい圧縮されたパワーがあったわけなんだけど、それが民主化というヒビ割れから外に染み出し、結局その後は市民化されちゃった。それからのものは嫌ですね。

赤瀬川原平「来た球だから打つの構え」(聞き手・坪内祐三)en-taxi 2007年夏号
2017年4月1日(土) バンコク 54歳

5周年の雑感

あっという間の5年だった。5年前と同じ都市に住み、同じアパートに住み、同じ仕事をしている。5年前の今頃はまだ40代だった。あと半年経つと四捨五入して60歳。還暦が見えてきた。そんな今日この頃。5年前のわたし

続きを読む >>
Powered by
30days Album
PR