ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< [chapter 313] Jurassic World: Fallen Kingdom / 点滴なう/ アイスと太田/ 寺尾次郎氏逝去ほか | main | [chapter 315] Teddy Bear(今日の戦利品)/ House Partyで一気飲みゲーム/ ゴールデンレトリーバ動画@チェンマイ/ 友人のトルコ旅行土産ほか >>
2018.06.16 Saturday

[chapter 314](Note) 音楽家が語るThe Beatles 1〜3/ ここから24キロの所から始まったんだよ/ James Jamarson/ Star Wars EP3@Frankfurt(2005年6月16日)ほか


(過去の今日) 13年前の2005年6月16日、ドイツのフランクフルトで「Star Wars Episode 3」を鑑賞しました。


2018年6月16日(土) バンコク 55歳



ビートルズはレコーディングで、聴覚的なパースペクティブをいじり始めた最初のグループだった。音の空間を作ることを単なるギミック以上のものにしたんだ。

バンドの想像力にこたえる形で、ジェフ・エメリックのようなエンジニアが今では僕たちが当たり前のことと思っているテクニックを発明した。
ビートルズ以前には、白衣を着てスタジオ実験しているような人たちがやっていた。

モータウンからジミ・ヘンドリックスまで、すべてのミュージシャンに渡されたこの実験の免状をビートルズが発行したということを、いくら強調しても強調しすぎることはないと思う。

エルビス・コステロ




ジョン・レノンについて、一人の人間にあれほど矛盾した性質が同時に存在していることが信じられなかった。

「イマジン」の作者に関する伝説には困惑しているんだ。
特に平和運動家だったレノンの暴力性に注目している。レノンは暴力を振るうことを意に介さない人だったと聞いている。

彼がどんなに愛と平和を主張した男だったかを考えると、すごく格好いいと思った。

彼は聖人みたいだったけれど、犯罪者になっていたとしても不思議じゃないわけだ。そういうところが最高に好きなんだよ。

デイヴ・グロール(Nirvana)


(ブログ閲覧用BGM)
*ここ30年間くらい Fab Fourを過少評価しすぎていたことに気づき反省してこのトピックをエントリーしました。1973年からずっとファンです。*ヘッドフォン推奨












当時公式には僕がポール・マッカートニーを敬愛していたから解雇されたことになっているけど、確かに僕は彼のことは大好きだったけど、実際はジョン・ライドンと一緒にやるのが耐え切れなくなったから、自分から脱退したんだ。理由は向上心の問題だよ。

僕は音楽にまじめに向き合っていたんだよ。僕は上手になりたかった。もっといい曲をかきたかったんだよ。
僕にはポール・マッカートニーのようなポップミュージックが身体に染み付いているんだ。

だけど、ポール・マッカートニーが好きなのは僕だけではない。僕の世代のベーシストならビートルズを聴きながら彼のフレーズを聴いていたんだ。僕の世代で彼のフレーズを一つも弾けないベーシストは信じることができない。

グレン・マトロック(Ex- SexPistols)


ビートルズは黒人の音楽を搾取し利用した。
白人は常にあったが、ビートルズの時は特に影響が大きく、私の知り合いの仕事を奪った。
ビートルズのベーシストも私のベースを搾取したが、幸運なことにその男には「Feel」があった。

ジェームス・ジェマーソン

(参考)Marvin Gaye/ What's Going On


(今週のあとひとこと)
ビートルズの曲を一曲というのは無理だね。アルバムならホワイトアルバムだけど。未だに彼らがリバプールの出身で、20世紀最大のエンターティナーになったっていうことに驚くよ。今住んでいるのはちょうどマンチェスターとリバプールの中間なんだけど、家で彼女に言うんだ・・・
「ビートルズのことを考えてごらん?ここから24キロの所から始まったんだよ」ってね。まったく信じられないよ。とにかく理屈ぬきに、今まででベストバンドなんだ。

イアン・ブラウン(Stone Roses)


(今週のおまけ)
2018.09.16 Sunday

スポンサーサイト

Powered by
30days Album
PR