ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< [chapter 304] 1965年10月の第三京浜道路/ カオサンロードのバーでマイタイ / Pacific Rim Uprising/ 虫料理オンカラオケパブ/ 「楽しき熱帯」というタイトルをつけるネーミングセンスについて思うところはあるが悪口は読み終わったあとに言おう/ 菊地凛子の急激な容姿劣化 | main | [chapter 306] ソンクラン、チェンライ&バンコク旅日記(2007年4月)/ 村松邦男 with R・O・M・A(CD再発ライブ)/ マッシュルームカット時代の怪しい風体のセルフィー画像公開/ チェンライの温泉/ ゴールデントライアングル/ 西田幾多郎「人心の苦楽」についてほか >>
2018.03.31 Saturday

[chapter 305] READY PLAYER ONE/ タイ人スタッフ送別会@焼肉三休/ 雑感(2009年3月25日)/ 独身であるということ/ 葛西と加藤鷹ほか


スティーヴン・スピルバーグ監督の最新作「READY PLAYER ONE」鑑賞しました。(2018年3月29日)



2018年3月29日(木) バンコク 55歳

備忘メモ
2018年3月28日(水) バンコク 55歳

タイ人スタッフ送別会@焼肉三休

タイ人スタッフの送別会。ソイ23の人気焼肉店三休へ。面白かったのはタイ人スタッフはひたすらブタ肉を食べ、日本人スタッフは牛肉ばかり食べていたこと。例によって私はかなり早く戦線離脱しました。若いときに較べて本当に肉食べられなくなったナ。
あと店を出るとき店長に話しかけられたのだが、どこかで見たことある人だなと思ったら、会社の近くに営業している焼肉やの店長だった人だった。ぜんぜん客が入らないので転職してきたそうだ。最近そちらの店では見かけないのでどうしたのかなと思っていたのでこの再会にはびっくりした。この店、けっこう賑わって満席だった。やはりタイ人のリピーターが来るかどうかでバンコクの飲食店の勝敗は決まる。
2018年3月24日(土) バンコク 55歳

独身であるということ
2009年3月25日(水) チェンマイ  46歳

[雑記] タイに移り住んでもうすぐ1年

タイへ来て11ヶ月。もうすぐ1年経ちます。あっという間の日々でした。
この間、タイ語学習を通じて、タイの歴史や文化、タイの人々の生活や考えに触れられたことは何より代えがたい貴重な体験でした。そのことをさせてくれた家族や友人のサポートに感謝します。

そして、今わたしは2年目の滞在を決意しました。もう1年間タイ語を勉強します。11月のタイ語検定試験2級の合格を目指して頑張ろうと思います。
それから先はどうなるかわかりませんが、今のところはこちらで就職活動をして、タイで仕事をしたいと考えています。
まだここには書けませんが、自分の興味のある分野へのアプローチも、いただいたご縁を通じて転がり始めました。仕事になるかはわかりませんが、趣味として大事につきあっていきたいです。

よくタイの魅力について訊かれるのですが、実は内心、いつも口篭もってしまいます。

タイの魅力ってなんだろう?

はっきりいってよくわかりません。
「気候がいい、自然が美しい、人間が純朴だ、食べ物が美味しい、女性がきれいで優しい・・・」等等、月並みな「模範解答」は持っていますが、実のところ、わたしにとっての本当の魅力は見つかってないような気がします。

わたしが住んでいるチェンマイという町は歴史のある古都です。寺院建築や仏教遺跡など街中にたくさんあって、散歩するには視聴覚を刺激することは事欠きません。

でも日常生活を送るとなると、以前のように旅行者の視点だけでこの街を見ることはできなくなることが暮らし始めてすぐに気がつきました。生活する上で不満な点がたくさん出てきました。
暑季のこの時期は、連日30度を超える気温と湿度により、とにかく暑くてたまりません。それと、交通量が多く排ガス規制も緩い大気汚染のひどい市街を歩いていると、目や喉が痛くなり、外出するのがとても憂鬱になります。
また、お祭り好きなタイ人はイベントでPAシステムを公共スペースに配置して大音量で音楽を流すのが大好きで、朝から晩まで音楽をがんがんかけまくります。運悪くイベント会場のすぐ近くに住んでいたりすると、かなりのストレスが溜まります。わたしの友人はイベント広場の近くに住んでいるのですが、「○○フェスティバル」という催しが1週間おこなわれるとすると、毎晩12時前後まで音は鳴り止まないといいます。たいてい毎晩ミスコンテストをやるらしいのですが、夜の12時ころ「それでは、優勝者はー!!」というマイクの音声が聞こえるそうです。

文化に対する欠乏感、飢餓感も募っています。どの国でもそうだと思いますが、文化の発信源はその国の首都であることが多いのですが、タイも同様で、チェンマイはコンサートや商業演劇、展覧会などの絶対数は少ないことは否めず、チェンマイは地方都市であることを痛感します。

しかし、刺激が強すぎるとかえって勉強に身が入らなくなるだろうことを考慮し、留学場所をバンコクではなくチェンマイをしたという選択理由もありました。もしバンコクに住んでいたら、自分の性格上、まず間違いなく堕落していた気もするのです(苦笑)。

以前は考えすぎて勇気が出ずに、一歩行動に踏み出せなかったわたしですが、1年前一大決心して外国に住むようになり、だいぶん心も身体も身軽になることができたような気がします。


(今週のおまけ)
2018.09.16 Sunday

スポンサーサイト

Powered by
30days Album
PR