ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< February 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
<< [chapter 294] The Commuter/ 2012年1月第2週Tweets(@チェンマイ)/ 味方の死が描かれた「のらくろ・爆弾三勇士」の回/ 津島祐子「骨の話」/ ユーラシア大陸陸続き / ルイ・アラゴンが農夫の目をもってパリを描いたこと/ デカルトの隠遁生活ほか | main | [chapter 296] Maze Runner - The Death Cure / Search for the lost music in war (Cambodian Vintage music)/ ソイ19の花子で新年会ほか >>
2018.01.20 Saturday

[chapter 295] 「あの世」を描いた百寮萓犬虜酩覆魃撚莢修靴2本/ 軍艦の甲板で敵機の機銃掃射を受けた2人の表現者/ 昔のバンコク写真サイト/ マンハッタンプロジェクトに関与したノーバート・ウィーナー(サイバネティックスの創始者)の言葉/ 「シャミー1000」ほか


2014年1月16日 デモ集会会場 Night & Day @ バンコク・アソーク交差点

4年前の今ごろ、当時の政府に対する反対デモが激化の一途を増し、バンコクにある主要交差点数箇所がデモ隊に占拠されてしまう事態に陥った。勤務地そばのアソーク交差点もご覧のようにものすごい数の群衆が交差点を埋め尽くした。数ヵ月後、反政府運動は軍事クーデターという形で収束する。すぐに民主選挙が行なわれるとアナウンスがあったのだがそれから4年経つも軍事政権は依然として政権をとりつづけたまま、タイの国体はいびつなまま存立している。

(参考リンク)[chapter 95] 反政府デモ集会会場 Night & Day @バンコク・アソーク交差点



2018年1月13日(土) バンコク 55歳

「あの世」を描いた百寮萓犬両説を映画化した2本の作品


2018年1月18日(木) バンコク 55歳

昔のバンコク

Retro Siam on Twitter
2018年1月19日(金) バンコク 55歳

今日買った本
2012年1月第3週のつぶやき  チェンマイ 49歳

2012年1月15日(日)


チェンマイ大学は卒業式。
posted at 13:27:13

近所の定食屋で「手塚治虫・猫傑作集」。「シャミー1000」が特に印象に残った。1968年「高1コース」が初出とはとても思えないほど感覚が新しい。(劇中、「横尾忠則」とか「フーテン」とか時代を感じさせるネームが出てくるが)
posted at 20:00:40

2012年1月16日(月)



ケーブルテレビで「The Happening」。これはタイに引っ越してきてから観た映画だな。カードスアンケーオの映画館で観た記憶がある。長らくM・ナイト・シャラマンについては判断を保留してきたが、先日観た「Devil」(製作と原案) くらいから自分の中で評価が好転してきている。
posted at 18:01:26

2012年1月17日(火)

「のだめカンタービレ」(全23巻)を読み返しながら、のだめと千秋がどの場面で初めて結ばれたのか想像をめぐらせてみる。いくつか類推できる場面はあるのだが。
posted at 11:02:46

朝6時に起きてまだ暗い中近くの公園のアスレチックコースまで走って行ったら公園は閉まっていてしかもこんな朝早くだというのに人がたくさんぞろぞろ歩いていた。併設の大ホールでチェンマイ大学の全体の卒業式が行われるからだと合点した。予行演習を2〜3日やるほどタイの大学の卒業式は入れ込む
posted at 11:10:48

昼食はカノムチーン20バーツ
posted at 15:40:34

2012年1月18日(水)

ミシェール・ヨーって1962年生まれで同い歳なのか。けっこう出演映画はなんだかんだで観ていることを最近意識した。
posted at 12:42:08

東野芳明ゼミで行った世田谷・喜多見のバーベキューハウスで食べた焼肉の味がいまだに忘れられない。そこは奥沢の東野さんちと成城の横尾さんちのちょうど中間くらいにあって、よく二人で来ると言っていた。思えば昔はバーベキュー屋というとなにか場末にあって世を忍ぶ感じがしたのだがいつころから市民権を得たのだろう。
posted at 18:05:29

「喜多見バーベキュー」で検索すると数年前にやめてしまったとあるが、某キムタクもくる隠れ家的バーベキューハウスだという記述があった。私が行ったときはほとんど掘っ立て小屋みたいなところで店の体裁はなしてなかったんだけどな。
posted at 18:07:18

2012年1月19日(木)

マンハッタンプロジェクトに関与したノーバート・ウィーナー(サイバネティックスの創始者)は、原爆製造に成功した後、防諜上最大の機密とされたのが、原爆の製造法ではなく、原爆が製造された情報だったといっている。(略)開発されたという事実がわかれば、たちまち開発に成功するからである。詰め将棋の問題はかならず詰むという信が最大の情報である。自然界が数学的基礎構造をもつというのもそのような「理論的信」である。この意味で、もし近代西洋においてのみ自然科学が誕生したとしたら、このような「理論的信」があったからだといってよい。
(柄谷行人「トランスクリティーク」2001年)

posted at 00:40:12

ノーバート・ウィーナー




今日買った本と食した餡蜜(2018年1月19日)
2018.02.19 Monday

スポンサーサイト

Powered by
30days Album
PR