ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< [chapter 285] Beyond Skyline / 超能力開眼?/ 低温注意報/ フランスだったらオッケーです!/ 井上陽水の危ない発言/ 乾分肌のジミー・ペイジ/ 『世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド』に出てくるビールと自動車の表現についてほか | main | [chapter 287] カラオケ屋で虫料理パーティー(久々のメンダー)/ 三つ編みヘヤーにしたい/ Em Quartier DJ Show/ 「東京と神戸に核ミサイルが落ちたとき所沢と大阪はどうなる」 兵藤二十八 / 核のドゥームズデイ/ Devil(2010) ほか >>
2017.11.18 Saturday

[chapter 286] Small Hip Girl/ 高校時代の夏目雅子/ サロン有末 ポチャ緊縛ナイト(2007年)/ ペナン島雑感(2004年)/ 「花の岬」タンジュン・ブンカ/ マラッカ砲台跡にてほか


Small Hip Girl


2017年11月17日(金) バンコク 55歳

高校時代の夏目雅子


「美しすぎる夏目雅子の秘蔵写真」リンク先はこちら
2007年11月16日(金) 東京 45歳

サロン有末 ポチャ緊縛ナイト

*この下、R-18 表現あり。お嫌いな方は見ないでください。







2004年11月12日(金) マラッカ 42歳

マラッカ砲台跡にて


2004年11月13日(土) ペナン島 42歳

雨宿り/ ペナン島雑感



雨季みたいでいきなり雨が降り出しました。かなり激しいスコールです。さっきまでよいお天気だったのに。
というわけで雨宿りにネット屋に入りました。

ペナン島2日目。思いつくままに感想。
ハワイよりもいいかも。島の中に小高い山が見える風景って好きですね。金子光晴が愛したという「花の岬」タンジュン・ブンカに行ってきました!ミーハーなもので。いいビーチですねぇ。
あとペナン博物館はキュレーターが優秀なのが素人目にもわかる、見せ方に工夫の見られるよい博物館でした。有史以来この島のたどった数奇な歴史、交通の要衝に位置しさまざまな国の支配を受け文化の混合熟成が進んだ、が手に取りようにわかり。写真を拡大して見せる展示方法は歴史を客観的に語る補助装置として機能していました。

___________

マイミクシー&お気に入り&通りすがりのみなさん、こんにちは。波照間エロマンガ島です。

慌ただしく出発したのでご挨拶が遅れました。
水曜日から1週間の旅程でマレー半島縦断の旅をしています。

今回はユナイテッド航空の成田―シンガポール、バンコク―成田のオープンジョーの航空券を購入しました。シンガポールとバンコクの間は自力で陸路か空路を使って移動するというチケットです。2月にも同様の旅をしたのですが、いきあたりばったりな自分の性格にぴったんこカンカンなので(笑)、その場の思いつきで行き先と宿を決め、マレー半島をふらふら徘徊しています。


2004年11月10日(水)

夕方のユナイテッド航空便でシンガポール。
深夜到着。シンガポールは5回目なのですっかり慣れてきた。
タクシーでゲイランLOR18のホテル81に直行する。
ゲイランはシンガポールの黄金町っていうか、むちゃくちゃすごい岡場所です。置屋が軒を並べ、立ちんぼオネエサンがいたるところにおいでまし、シンガポール中のスケベ野郎が夜な夜な集結して、交遊している街です。ところがここいらのホテルは激安で、旅行者にとっては案外穴場なんですよ。1泊2100〜3000円くらいで宿泊できます。クラスも日本のビジネスホテルとなんら変わりません。もっとも連れ込みで使っている人も多いのですが。

2004年11月11日(木)

午前中、行動開始。チャイナタウンの旅行代理店へ行き、いろいろ検討。だが考えまとまらず。
そうこうするうちにチェックアウトの時刻が近づいてきたので、とりあえずバスでマレーシアに行くことにする。
ゲイランからすぐ近くのカランバスターミナルに行く。運良く1時間後の14時にマラッカに行くバスを発見、それに乗車する。
マラッカまで4時間半の旅。
ジョホール州の橋を渡り、陸路でマレーシア入り。
もろもろあり夜18時半、マラッカ着。
(帰国後、詳しく書きます)

2004年11月12日(金)

マラッカ〜イポー〜ペナン島まで9時間余りバスで移動。
(帰国後、詳しく書きます)

2004年11月13日(土)

朝、チュリア通りのネット屋でこれを書いています。
(帰国後、詳しく書きます)

*この1ヶ月後の2004年12月26日にスマトラ沖大地震が発生し、ここペナン島も大津波で甚大な被害を受けました。
2018.01.13 Saturday

スポンサーサイト

Powered by
30days Album
PR