ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< [chapter 250] Afternoon Tea / Guardians/ Logan/ Ghost in the shell / Colossal/ 2011年3月(月記)ほか | main | 「波照間エロマンガ島のチャオプラヤ左岸派」 索引ページ、のようなもの (随時更新) >>
2017.03.11 Saturday

[chapter 251] 国家の矛盾− 高村正彦 三浦瑠麗 / 天皇と性− 原武史(随筆)〜群像2006年4月号/ Les Baxter - space vernacular music / カントの「物自体」を考えることを始めるほか


通勤途中にて出会った猫(バンコク都トンブリ区)


2017年3月6日(月) バンコク 54歳

国家の矛盾



2006年3月9日(木) 東京 43歳

[読書メモ]天皇と性/ 原武史(随筆)〜群像2006年4月号

原氏が昨年上梓した『天皇・皇室辞典』(共著)に入れなかったことを後悔している項目として「天皇と性」の問題があるという。
過去、十代八人の女性天皇はいずれも生涯独身か未亡人であり、天皇になってから結婚や出産をした例はない。弓削道鏡との関係がささやかれる孝謙=称徳天皇も正式な婚姻関係にはなく、子どももいなかった。
しかるに女系・女性天皇推進論者が、もし単に前例を持ち出して愛子内親王が天皇になっても構わないと主張するならば、彼女には一生独身のままでいてもらうか、天皇になるときまでに夫と死別していなければ、このような前例に反することになる。
男性天皇は大正時代までは複数の女性と性行為ができる制度が残り、子どもが数多くつくることができたのに対して、女性天皇は結婚も出産もできなかったのだ。

この男女の非対称な関係は、けして過去のしきたりと切り捨てることはできず、宮中ではいまも掌典職に残っているという。掌典職とは宮内庁とは別個の組織で、宮中祭祀をつかさどっている。その職員は国家公務員ではなく、天皇の私的使用人という処遇である。掌典長の統括のもとに、男性職員である掌典、女性職員である内掌典などが仕えている。
男性職員である掌典は自宅から宮中に通うことができるが、女性職員である内掌典は宮中に住み込まなければならない。宮中では生理が「まけ」といい、「最も穢れ」とみなされる。もし内掌典が生理になると、着物や食器類は一週間続けて「まけ」専用のものを使い、八日目に初めて潔斎してようやく平常のものに戻る。宮中祭祀では天皇や皇太子とともに宮中三殿に上がらなければならない皇后や皇太子妃が、生理になったり妊娠した場合、祭祀に出席できないという慣習は現在も保たれている。
もし愛子内親王が皇太子になり、天皇になるとしたら、一体どういうことになるのだろうか。女性であるが故の束縛が彼女に襲いかかることは目に見えている。

皇位の継承のために女性・女系天皇を認めようとするなら、宮中から血のケガレを一掃し、男女を完全に対等な関係にしなければならない、という。だが果たしてそれができるのか。宮中祭祀に踏み込んでいくこと。

また愛子内親王が、宮中の非対称な関係に耐え抜き、天皇としての生涯をまっとうしたとして、その場合には、とてつもなく神がかった天皇になるのではないか、と。
原氏は言及はしなかったがこれほど非人間的で人間の尊厳に触れる人生もないと思った。天皇制はどうなっていくのか?

秋篠宮妃のご懐妊がこのシナリオを回避する最後の切り札になるか、原氏は注目しているという。


個人的には土曜の午前中はこんな音楽(↓)が頭の中に鳴っているのがのぞましいでやんす。
(日記作業用BGM)
(今週のおまけ)「物自体」について考えてみることを始める


(書き起こし) 浅田彰 渡邉守章  表象文化研究 「表象とその臨界」
浅田彰(以下、浅): カントというのはいわゆる「ドイツ観念論」の最高峰なわけですけれども、一方で「世界というのは私に対して現れてくる」、つまり「現象」だということ、「われわれにはそれしか見えない」ということになるわけですが、そうするとわれわれが見える世界のその向こう側にそれ自体としてあるもの、つまりカントはそれを「物自体」と呼んだわけですけれども、それは手の届かないものとして残ってしまうわけですね。だから「現象」のほうはきっちり「表象」のシステムとしていろいろなカテゴリーで分類できるわけだけれども、「物自体」というのは、その向こう側にあって、なにか黒々とそれ自体の中でうずくまっているものとして出てくる、と。で、あるいはサドで言うとこちら側にいろいろ倒錯のシステムがあるのだけれども、その向こう側にはおぞましくも強烈な「欲望」そのものがそれぞれの時代の中にうずくまっている、と。
渡邉守章(以下、邉):まあふつうはカントとサドを並べることは少ないですけれども(笑)、まあフーコー的に言うと、サドの場合も名づけることができないものを「古典主義」と言う。その古典主義的言語で徹底的に書いてしまおうとするわけですよね。
浅:そうです。ですから、ある意味で言うと、カントにしてもサドにしても、そういう古典主義的な「分類」、カテゴリーを作りそれを組み合わせることを徹底してやっていくわけですが、それを徹底してやったがゆえにその極限に、それを超えた「物自体」とか「欲望そのもの」というものが黒々との臨界点にたちあがってくる、というのがフーコーの話だったわけです。
そうすると、カントの考えた「現象」の世界の向こう側に「物自体」の世界があるという枠組みが、19世紀を通じてずっとひとつのパラダイムとして変奏されていくと思うんですね。で、カントの延長上でいうと、ショウペンハウアーという哲学者がいて、(中略)。あるいは、ちょっとずれますがニーチェも(中略)。で、フロイトをその延長上でそのまま位置づけられるかというとそれは疑問ですが、のちにラカンが言い換えたような言葉でいうと(中略)。
いずれにしてもカントによって出てきた現象界とその向こうにある何か、という構図はいろいろな形で変奏されていってフロイトを経てラカンにまで至る、と。そこでは表象の「臨界」、そしてその向こう側の何かが問われてきたと思います。
邉:そうですね。そして結局、哲学的な思弁というだけではなく、実際の人類の歴史的体験として第二次世界大戦として起こってしまったわけですね。
浅:そうですね、第二次世界大戦というと、広島とアウシュビッツという・・・。(書き起こし3月11日はここまで)


2017.03.19 Sunday

スポンサーサイト

Powered by
30days Album
PR