ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 休載のお知らせ | main | [chapter 223] ポケモン GO/ チェンマイに遊ぶ / Train to Busan/ 人の顔に見えるマンホール / スイミングプール@ロータスパンスアンゲーウ/ 進駐軍/ 夜行性ランナーほか >>
2016.08.06 Saturday

[chapter 222] A Cat walking @Pattaya Beach side Road / フランス旅行の感想(2006年7月15日〜23日)/ 犬を連れて旅行するフランス人 / ルーブル美術館のデュノン翼のトイレ / 祖母生還/ 東京都営バス(都01)新橋駅=渋谷駅車中にて / 盲目のマゾキストAV男優ほか


日本から友人が遊びに来たので久々にパタヤに命の洗濯に行ってきました。(2016年7月30日、31日)



2006年8月3日(木) 東京 43歳


フランス旅行について(2006年7月15日〜23日)


TGV発着駅のレンヌ駅ホームにて




2009年8月、シアヌークビルで2泊したマカラゲストハウス。1泊15ドル。
2006年8月3日(木) 東京 43歳

[Live] 東京都営バス(都01)新橋駅=渋谷駅





都バスで移動中。運転士は女性。海外ではよく見るが日本で女性の運転士って初めて体験したかも知らん。

(mixi コメント欄)
古くからの友人Aさん:
福岡市内では最近、女性のバスの運転手さん、多いです。女性の運転手さんの方が・・おおむね感じがいいです。
降りるときに、「いってらしゃい、お気をつけて」と声をかけてくれた運転手さん、女性ならではかしらん?と思った次第です・・。

私(応答):
発車や停車の時や、運賃支払いの時など、細やかな配慮が好感を持ちました。本来サービスとはそういうものだったはずなのに、無愛想な運ちゃんになれきった身としては新鮮でしたよ。そうか、福岡には女性運転士が多いのですね。
2007年8月3日(金) 東京 44歳

盲目のマゾキストAV男優 紅葉さん


一昨日の「T-1グランプリ」で優勝した盲目のAV男優、紅葉さんのことをずっと考えている。
身体中に煙草の根性焼きをしてもらうことを熱望し実践するような真性の超絶変態マゾである。自分のM性を満足させるためAV男優になった。だが彼の経歴はそれがすべてではなかった。数学を勉強し大学院を出ているだけでなく、ピアニストでもありルーマニアに留学していたというのだ!!彼のミクシィのページを見ると、難解な高次方程式のコミュや高橋悠治など現代音楽家の名前がずらり並んでいる。
一度話してみたいです・・・。

(mixi コメント欄)
サブカル好きの友人Iさん:
紅葉っていうから、昨日の「ダウンタウンDX」に出た山村紅葉かと思いました(笑)。
山村紅葉は子供の頃、学校から帰宅した時に母親が全裸で縛られていたことがあったそうです。なんでも、愛人の「十津川警部」の指令で、羞恥&放置プレイの最中だったとか。すごいな、サスペンスの女王は。

演芸好きの友人Kさん:
外山恒一さんなんかが出たイベントで紅葉さんのキーボード演奏を拝聴した事が御座居ます!

本人の紅葉さん:
本日記、ただいま発見!ありがとうございます。プチ修正といたしましては、ルーマニアではなくポーランドです。

近バさん、これはまたレアなイベントにお越し下さいましてありがとうございます。月花さんから餌食として招集されたと思っておりましたら、会場入口でキーボードの要請を告げられ・・・、でしたので準備無しのお聞き苦しい演奏で申し訳ございませんでした。
2009年8月5日(水) プノンペン 46歳

プノンペンにて


2年10ヶ月ぶりにカンボジアのプノンペンに来ました。

相変わらずのアジアの混沌、「るつぼ」感がたまらなくいい感じです。昨夜はホテルの近所を徘徊しました。街灯のない真っ暗な通りも多くて怖かったです。タイではあまり感じたことのない追剥ぎや強盗の危険を感じる闇がただよっています。それと夜鷹(なぜか一発変換されない)の多いこと!ただ街を歩いているだけなのに、アドレナリンがぎゅるぎゅる分泌してくるのがわかります。

昼間は昼間で雑踏のエネルギーも凄いものがあります。隣国のベトナムと似てますが、ちょっと違うのはそれがしつこくないこと。20秒に一度くらいはバイクタクシーのお兄ちゃんから「タクシー?」って声をかけられるんですが、はっきり「NO!」を言うとすぐに引き下がって行ってしまいます。これがベトナムだと、これはとくらいついたらテコでも離さないしつこさがベトナム人にはありますが、カンボジア人は割とあっさりしているんです。これは誰かが言っていましたが、ポルポト時代のトラウマが大衆に残っていて国民は妙におどおどしているのではないか、と。私はそれが100%当たっているとも思いませんが、でもカンボジア人はわりと大らかで優しい国民性なのではないかと思ってます。利害を抜きに親切にされたことが何度もあって、その優しさを触れ、癒されることが、この国をたびたび訪れる理由になっていることも事実です。

今日はこれからシアヌークビルに行きます。シアヌークビルは日帰りで行ったことはありますが宿泊はまだないので、どんなことになるか楽しみです。

ではでは、また。


(今週のおまけ1)



オネエサンと語らい即席カップルができあがる、ベトナム戦争時アメリカ軍人の保養地として開発された風俗の「バービヤ」。
この猥雑な雰囲気がたまらなくパタヤっぽくて好きである。日本人はバービヤやゴーゴーバーよりもエロ按摩に行く傾向が強いかな。
*友人のKさんの感度の良いカメラにて撮影したショットをお借りしました。


(今週のおまけ2)

Cambodian Rock - Sinn Sisamouth / Sinn Sisamouth Song | Ros Sereysothea / Pen Ran - Pen Ron
2019.07.21 Sunday

スポンサーサイト

Powered by
30days Album
PR