ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< [chapter 22] 映画を一言で語り点数をつける会/ 禁演落語の夕べ@浅草演芸ホール/ 私信の内容を本人の許諾なくさらす人について | main | [chapter 24] 在タイ日本国大使館/ エロマンガ島の正式な発音?/ ティナ・フェイ/ Jasper Johns " Watch man" / 奥様お手をどうぞ/ アザラシのタマちゃん/ Nobody But You/ 涼宮ハルヒの溜息 ほか >>
2012.09.05 Wednesday

[chapter 23] 路地を散歩しながら













このごろよく近所の路地を散歩する。こちらの雨季は湿度が低いので快適である。散歩しても汗びっしょりにはならない。
バンコクに引っ越してきた3月当時は、暑季真っ盛りで、連日40℃近くまで気温が上がり、暑すぎてとても散歩を楽しむどころではなかった。








*今週のおまけ

[tweets] 2011年9月第1週の主なつぶやき (2011/09/01-07)


*9月第1週の主なつぶやきです。(RTやtweet mentioning は基本的にのぞく)


2011年9月1日(木) チェンマイ 48歳


渋谷東急本店催事場の欧州高級ブランドのバーゲンセールに行った夢。迷路のような廊下を通って着いた部屋は衣料品のセールをしているというよりは骨董市のような雰囲気だった。今ここは西暦何年なのだろうか、と考える瞬間があった。ゴルチエのコートを試着してみた。鏡に映った自分を見て何かを思ったが忘れてしまった・・・・。この部屋はよく夢に出てくる。
posted at 10:40:07

コーンケーンからピサヌロークへぬける国道12号線を走っていると、いつも八王子の野猿街道を思い出す。風景がよく似ているのだ。
posted at 12:30:55

洗口液が切れた。買いに行こう。
posted at 12:32:01

「松本零士さん タクシー乗車中、交通事故で負傷」のニュース、「タクシー乗車中」を「タクシー運転中」と読み間違えてしまった。
posted at 15:27:50

「松本零士がタクシーを運転中・・・」と読み間違えたのは、現代音楽の作曲家のフィリップ・グラスがまだ音楽で食べられない頃、ニューヨークでタクシーの運転手をしながら創作活動をしていたというエピソードが頭に残っていたからかもしれない。チェンマイのトークセンマッサージの師匠がソンテオの運転手をしていることも、同時に思い出した。
posted at 16:23:16

ロマン・ポランスキー監督の最新作「ゴーストライター」は傑作とは思わなかったが、この作品を編集中に、1977年ジャック・ニコルソン宅で犯したとされる未成年少女との淫行の罪(国外逃亡のため、時候は成立せず。本人は冤罪を主張、ヨーロッパに亡命した)でスイス当局に拘束、のちに不起訴となり釈放されたエピソードのほうがよほど映画になると思う。ポランスキーはシャロン・テイトと結婚していてマンソン・ファミリーのシャロン・テイト殺害事件の遺族でもあるのだが、現在にいたるまで、その人生はスキャンダルに色濃くまみれている。
posted at 16:31:53

チャールズ・チャップリンの最後の息子が1962年生まれで私と同い歳ということを知り衝撃を受ける。(チャップリンが73歳のときに当時結婚していたウーナ・オニール36歳との間にできた子供で、チャップリンにとっては認知されている中では11番目の子) チャップリンに40代の子がいるなんて
posted at 16:03:20

チャップリンの秘書だった高野虎市の半生は、日本人によって映画化されなければならない。なんてことを思いついた。
posted at 16:51:49

チャップリンの映画ほど感情の激流に触れてくる映画もないと思う。意識の表層では「どうせお涙頂戴だろ」と分かって観ているのに気がついたときには泣かされてしまってたみたいな。特に「街の灯」(1931)のラストシーンはあれはずるいというくらい琴線を鷲づかみにする。たまに観たくなる映画だ。
posted at 19:36:24



冷凍庫死亡寸前につき、これから氷撤去作業に入ります。
posted at 17:31:36

雲の切れ間から青空が見えるのに雨が降っている。
posted at 18:21:53

雨すぐに止んだ。
posted at 18:45:03



1時間40分経過。だいぶん氷は溶けてきた。だが、まだヘラ状のものを当てても硬くて氷は落ちない。もう少し様子を見る。
posted at 19:17:23

JR東日本の113系車両、定期運転、今日が最後ですか。お疲れさまでした。(必ずしもわたくしは鉄道マニアではないですけれど、この車両には通勤等でお世話になっていたので)
posted at 22:02:50

GIBSONのES-335ってかっこいいな。ノエル・ギャラガーの演奏写真を見て。(本当はES-355?)
posted at 22:16:16



冷蔵庫の電源を抜いて4時間15分経過。氷はすっかり溶けました。そのかわり冷蔵庫のまわりは水びたしになってしまいました。冷凍庫が氷まみれになるということはどこかで水分が漏れてしまっているのでしょうね。引越し前にはまた同じ作業をしなくては。
posted at 22:43:21

というわけで、夕食ではチャーンビール、帰宅後はワインクーラーのSPY BLACKをいただいております。ほろ酔い気分です。
posted at 22:46:41

Facebookを見る度に高校の同窓生が登録しているのを懐かしく閲覧している。高校は1学年600人くらいいるマンモス校だったので。これからもその数は増えていく一方だろう。しかしながら、私は本名をさらす気は一切ないのである!よく名前出せるな、と。誰でも叩けば埃は多少なりともあるんじゃないかと思うのだが。
posted at 22:56:00

冷凍庫の写真三葉、なんか時間を生け捕ることができたような感じがして気分がよい。「時間を生け捕る」というのは、大学時代教わった先生の著書の名前。ほんのちょっとだけ影響を受けた。(その名前はあえて書かない←ググール禁止w)
posted at 23:05:12

発音すると「おるたなてぃぶ」なんだけど、なぜか「オルターネイティブ」って言ってたな、あのころ。
posted at 23:11:51

「リュウの道」(石森章太郎 少年マガジン1969年連載)は、コミックスでは読んでないが少年マガジンの連載をずっと読んでいた。劇中「第1部第1章・・・」って細かく章のタイトルが明記されていることに影響を受けた。当時小学1年だったが「○○第1部第1章なんたら」という漫画を描いていた
posted at 23:46:38



2011年9月2日(金)

多くの日本人は言霊(ことだま)を信じているがゆえ、ありうべき最悪の事態を想定すると、その言葉が現実化する危惧を抱いてしまう。だから、最悪の事態についての想定マニュアルを明文化してこなかった。このことは、1945年と2011年の事態において、危機管理がまったくできなかったことから見ても明らかであろう。何故、同じ過ちを繰り返すのだろう。結局「馬鹿は死ななきゃ治らない」国民性なのだろうね、日本人は。極端なことを言えば、だれかが警鐘を鳴らしても、滅亡するまで気がつかないのでしょう。
posted at 00:52:49

「エントラップメント」(1999) 高層双子ビルの連絡橋をぶら下がるアクションシーンだけは覚えていたがこの映画だったのか。そしてクアラ・ルンプールのペトロナス・ツインタワーだったことも初めて認識した。1998年に完成した直後に撮影されたんだナ。KLに行ったときには麓(ふもと)までは行ったが中には入らなかった。この双子ビル、詳述しないが良からぬ噂があるのは本当かね? 映画は、言わずもがな、キャサリン・ゼタ=ジョーンズは「イイネ!」。
posted at 01:35:25




「エネミー・ライン」(2001)今まで後半しか観たことなかったので初めて前半も観られてよかった。前半のほうが面白い。史実に基づいているようにクレジットされているけど、冷戦時代にヒッチコックもホークスも同じアイディアで映画を製作しようとしていた節があるのでよくあるテーマといえるかもしれない
posted at 02:21:49

同じフロアの日本人女性、引っ越していった。
posted at 02:39:53

雨の匂いがする。
posted at 20:08:46

1985年に初めてヨーロッパを旅したとき、どこかの都市の地下鉄の中、近くの席にジプシーの女の子が乗っていて、その子からこの「雨の匂い」がしたのを思い出した。
posted at 20:11:06

日没がだいぶん早くなってきた。
posted at 20:37:47



2011年9月3日(土)

9月になって新しい住人と思しき人たちを見かけるようになった。わたしもすっかり古株になった。
posted at 13:08:02

地図を見ていたらまた旅に出たくなった。
posted at 13:24:16


食後のコーヒー美味。インスタントだけど。
posted at 14:49:07

内科画廊に行きたかった。時代が違っていて行けなかった。
posted at 14:52:08

「Dr. House」シーズン5 第18話「死を告げるネコ」。ネコがコメディリリーフとして登場。ハウスの部下のインド系アメリカ人のカトナー(カル・ペン)が猫を信仰上の理由か何かで異様に怖がったりするさまが面白い。文化の坩堝であるアメリカのドラマならではのプロットと言えるだろう。ちょっと大げさすぎるとも思うけれども
posted at 19:16:01

というわけで、私としては、アメリカの猫も可愛いし、日本の猫も可愛いし、タイの猫も可愛いという結論になる。
posted at 19:17:48



サンティタムの消防署斜め前のムージュム屋から帰宅。久々に行った。たらふく飲んで食べて1人190バーツ(約500円)はお得この上なし。以前行ったときはベランダ近くの背もたれなしの椅子に恐怖に泣き叫んだ2歳児クン、今日はぜんぜん大丈夫だった。
posted at 21:42:35

9月に入ったあたりからチェンマイが高校生など若年層の若者であふれかえっておる!私の住んでいるマンションにもデイリーで宿泊している人多数あり。大学の見学会シーズンなのかな?そのせいで各所が渋滞している。人口が増えているのがわかります。
posted at 21:44:29

ムージュムアロイマー。
posted at 21:45:01

2012年2月に日本からやってくる友人と行きたいと思った(件のムージュム屋)。そういえば2009年2月にも1回行ったのであるが。
posted at 21:46:54


今日は気温も高いが湿気が高く蒸し蒸しするので自分としては珍しく短パンにシャツで外出した。
posted at 21:51:45

蚊ゆい。ยุงกัดแล้ว
posted at 21:56:42

「暗殺者」(1995年) スタローン、バンデラス、そして、ちょっと若いジュリアン・ムーアが出ているくらいで大して興奮もしなかった映画だが、エンディングのタイトルロールに「脚本・アンディ・ウォシャウスキー&ラリー・ウォシャウスキー」とあり、魂消た。ウォシャウスキー兄弟の出世作だったというわけか
posted at 22:28:11

なんだか今夜は蒸し暑いな。28℃か。
posted at 22:56:42

やっかいもっかいしじみっかい
posted at 23:00:22

スタミナドリンクのM-150が好きで最近1日1〜2本は愛飲している。
posted at 23:11:04

twitterやFacebookを称揚する積りなど毛頭なくてこんなものは別の流行りモノに取って代わられるだけ。2000年にさるさる日記で日記を書き始めて以来、次々と新しいツールが出てくると、それに乗ってきた。一つだけ確かなことはログは未来永劫保存されないこと。自分で保存するしかない
posted at 23:20:39

@tim1134 照美さーん さっき目黒区の油面の話してましたね。あの辺りは昔 油を採るために一面がアブラナ畑だったそうですヨ。知ってました? 一週間 お疲れ様でした。来週もソコトコ 聴きまーす。

俺はアブラナ畑の上に住んでいたのか。
posted at 23:22:39



take a short tour through the Chiang mai university campus
posted at 23:32:43



2011年9月4日(日)

NBCのドラマ「Royal Pains」で主人公の医師が持っている携帯電話がサムスン電子のGalaxyなのがどうも引っかかる・・・。
posted at 00:05:32

まだ何も仕事をしたわけでもなく組閣しただけなのに支持率出すのって意味あるの?
posted at 01:40:55

数日前、暴力団組長誕生会出席の本宮ひろ志の祝辞スピーチ動画を見て誰かに似ているなと思っていたのだが、ようやく思い出した。ひょうひょうとした感じが柄本明に似ていたのだ。
posted at 01:44:36

以前の職場で働いているとき、昼食に買い求めていた銀座松坂屋地下食品店街のむつ弁当が突然食べたくなった。美味しかったン
posted at 01:49:02

酒もすっかり醒め、胃のあたりが気持ち張るかなといった按配の中、そろそろ横になって1日でいちばんのお楽しみタイムに入ることにしよう。
posted at 01:53:04

邦枝完二「曲亭馬琴」(1937)読了。1790(寛政2)年、曲亭馬琴が山東京伝の自宅に弟子入り志願で訪れるもそれを断られる、文学史上に残る雪の日の出来事を描写した短編作品。京伝の自宅から馬琴の住む長屋に舞台が切り換わるところは演劇的だと思った。(続)
posted at 16:35:39

若年だが海千山千の素質十分ありの馬琴の人物造型がいい。このときは長屋暮らしの放蕩無頼の貧乏人だが、才気煥発の片鱗だけは見え隠れする。これは邦枝完二の筆力にほかならないだろう。邦枝家は千代田区隼町にあり、徳川直参の家柄だったという。1892年生まれの邦枝はこの風景を想像できた筈だ。
posted at 16:42:02

隼町界隈は谷になっていて、そこに貧乏旗本の安普請の家が並んでいた様子は十分想像できる。それにしても赤坂見付から隼町、三宅坂にかけての地形は、江戸城が天然の要塞たる条件を兼ね備えた立地であることをこれほど如実に表す例もないと思う。
posted at 17:07:32

県外ナンバーの車が多すぎ。
posted at 19:30:10

ねずみ色の雲が垂れ込めてきた。ひと雨きそう。
posted at 19:31:56

「ちょっと田んぼの様子を見てくる」はすっかりネタの言葉になってしまったな・・・いえいえ、不謹慎になるので慎みます。どうか大雨が降っている地方の方、お気をつけて。
posted at 19:37:47



ビートルズの名曲のカバー。プルーデンスというのはミア・ファローの妹のプルーデンス・ファローのことだと言われている。(1967年にビートルズのメンバーと一緒にインドのマハリシのキャンプに行った)そんでもって、スージー・スーの首の動きに注目。なんかろくろっ首みたく奇怪な動きをしている。妖怪か?(1分14秒あたり)-- Siouxsie And The Banshees - Dear Prudence
posted at 19:49:19

それにしても「おとぼけスティーブンス一家」(2001〜3年 ディズニーチャンネル)のシャイア・ラブーフの鼻の穴の大きいこと!
posted at 19:51:52

アニメ版「ミスター・ビーン」(ディズニーチャンネル)が意外と面白いので驚いた。
posted at 19:55:14

靴下を脱いだときの爽快感。
posted at 21:26:01

どうでもいいことしか書かない。
posted at 21:26:22

酩酊しているときによくつぶやきます。
posted at 21:26:40

日本に帰ったら富士そばと吉野家と餃子の王将に行きたいな。
posted at 21:29:20

蚊ゆくて蚊ゆくて
posted at 21:31:40

今年もエミー賞の季節がきました。(って授賞式は一度も観たことないんですけど)
posted at 21:34:31

飲み足りない
posted at 21:35:48

酔ってtwitterしています。すまんこってす。
posted at 21:37:03

今年2月、友人たちが日本から遊びに来たとき、夕食が済んだ後2次会でオープンエアのバーによく飲みに行ったのだけど、オネエサンが作る水割りがたいてい薄くて水みたいなので、某スターなどは濃い目に作り直させていたことを思い出した。今、ストレートでBEN MOREウィスキーを飲んでます。
posted at 23:25:34

KeyholeTVはインストールしてあるけど日本の地上波のテレビ番組はまったく観てなくて、バラエティー番組で観るのは動画サイトにアップされた「ダウンタウンDX」くらいですかね。
posted at 23:38:33

というわけで、「きゃりーぱみゅぱみゅ」って初めて知りました。
posted at 23:41:03

「海の上のピアニスト」(1998年)、展開の強引さに感情移入できないという意見を散見したが、私はパート毎に移ろいゆく、船上での音楽を単に楽しめばいいのではないかと早い段階で割り切り、まぁまぁ楽しめた。それにしてもティム・ロスって、私は個体識別しにくい俳優です。覚えにくい顔なんです
posted at 23:53:25

ประชาธิปไตย(プラシャーティッパタイ・・・民主主義の意)ってタイ語、好きだよ。音の響きといい、タイ文字の配列といい。
posted at 23:57:31



2011年9月5日(月)

友人の愛息2歳児くんが最近、まわりのタイ人から何を話しかけても「ไม่เอา(マイアウ・・・要りません)」と口癖のように言うので、お母さんが「なんて生意気な子なの」と相手に思われていないか気になると言っていた。笑って許されるうちはいいけど、かなり生意気かもしれないな、と。
posted at 00:07:53

(続き)たぶん外食中にやってくる物売りの子供達などに私が「ไม่เอา(マイアウ)」とよく言っているのを覚えてそれで自分も言うようになったのだと思う。タイ社会の実態を説明しても理解できるわけもなし、かと言ってその子供から物を買ってタンブンするつもりもなし、難しいところではある。
posted at 00:13:23

そういえば1965年9月4日はビルボード誌でビートルズの「HELP」が1位を獲得した日だったことを思い出した。あれから46年。同じ日に生まれた女性の友だちも46歳か。映画「HELP」でメンバーがジョン・レノンを「ジョニー」と呼ぶ箇所があって繰り返し観ることに凝っていたことがあった
posted at 00:21:10

2ヶ月くらい前にも書いたが「遊星からの物体X」(1982)の音楽は到底エンニオ・モリコーネに聴こえないのであるが。ジョン・カーペンターがいつものようにとっとこやっつけで作った音楽のような気がしてならない。「海の上のピアニスト」のモリコーネの美しい映画音楽を体験したあとだけに余計そう感じた。
posted at 02:25:52

また乳首出してるんか(誰のこととは言いませんが)
posted at 22:40:22

飲んだ帰りに近所の駄菓子屋で買って飲んだM-150(タイのスタミナドリンク)の美味しさといったら。
posted at 22:43:06



いい店見つけたよ。でも2月まで開いてるかどうかは未知数であるが。
posted at 22:48:09

(2012年メモ・・・この店、名前を「ニマンナイン」といい、実はこの5ヵ月後に私の日記に再び登場することになります、忌わしい記述とともに。。。2012年1月26日、日本から来た友人たちとこの店に行くことになってニマンへミン通りを歩いていると、石川浩司さんが歩道と車道の段差部分で転倒、骨折してしまうという、そんな思い出のある店だったのです。石川さんは店にいるあいだじゅう、氷入りのタオルで患部を冷やしていたのですが、ビールには一口も口をつけずにただただ呆然としておりました。その日、待ち合わせで会った時はチェンマイ到着2日目で超ハイテンション状態だったのですが、そのハイテンションが一瞬にして見るも悲惨な有様に・・・。2012年2月はまるまる1ヶ月、療養生活を送ることになるわけで、そんな意味でも思い出の店であります)


ふだんは大人2人でビンビール3本くらい空けるのが慣わしなのであるが、今日は5本空けたせいで多少酩酊の度合いがあがっていると見ていい。
posted at 22:50:20

雨ですたい
posted at 23:10:09

池上遼一「ひとりぼっちのリン」は小学4〜5年の頃、少年マガジンの連載を楽しみに読んでいた。鶴見に親戚がいてよく遊びに行ったのだが舞台の神社の急階段のような風景は全く見当たらず、多分それは池上が誇張して描いたと思しい。「漫画ってこういうものなんだ」と世の中が少しわかった気がした。
posted at 23:10:19

あと、GOROに連載していた「I・餓男(アイウエオボーイ)」。
posted at 23:11:49

水木しげるの「昭和史」には、昭和40年代、水木プロでアシスタントを務めたつげさんや池上遼一が出てくるのだが、池上遼一は作品の男らしいタッチとは裏腹にごくごく普通な青二才という風貌で描かれていて意外に思ったものだ。
posted at 23:13:46

ストーカー行為を働き半径何百m以内に接近してはいけないみたいな判決を受けた事例をよくアメリカのニュースで聞いたりするのであるが、それはあちらの社会では割と一般的なのか、テレビドラマで主人公に執拗に迫るストーカーのファンがどうこうしたという設定を観たことがある。日本もそうなるのかな
posted at 23:21:00

ストーカー社会。こわいこわい
posted at 23:23:40



2011年9月6日(火)

英語の字幕は割と容易く読めるけど、タイ語の字幕は早くてすべては読みきれない。特にアメリカのテレビドラマはダイヤローグが多くて台詞で状況を説明することが多いので。一所懸命速読に励んでいるのですが。ドラマよりは映画のほうが映像的説明が多い分タイ語字幕は読めるようになってきたかな
posted at 19:47:07

今日のガレージ食堂は凄かった。満席でテレビの脇のお座敷席に通された。というのも、W杯予選サッカーのタイ対オマーンの試合を客が皆観ながら酒を飲んで超盛り上がっていたからである。前半6対0でタイが勝っていたからいいものの、逆だったらかなりいたたまれない状況だったかもしれない。
posted at 21:45:41

(続)それでもってタイ人の大学生の集団がいたのだが、はじめは男子2人、女子3人のグループだと思ったら、よくよく見てみると、生物学上は全員男性であった。つまり、女子3人はカトゥーイ(オカマ)だったというわけ。友人の話によると、最近よく連れ立ってこの店に来ているという。OMG!!
posted at 21:49:17



2011年9月7日(水)



エミー賞にノミネートされたということでユニバーサルチャンネルが「The Office」と「Dr. House」の再放送をしていて祭状態。エミー賞って権威があるんだね。
posted at 00:07:42

どしゃ降り
posted at 01:06:00

雨音がじょじょにじょじょに大きくなっていく。不安な心もじょじょにじょじょに大きくなっていく。
posted at 01:18:41

6月にパヤオに行ったとき、湖畔のゲストハウス最上階のペントハウス風の部屋に泊まったのだが、夕方ものすごいスコールが降ってきて、部屋の扉の隙間から雨水が浸水してきてスタッフを呼んで水を食い止めた。あれは怖かった。湖の水位もあがってきていた。翌日は晴れ上がって暑くなったのだが。
posted at 01:24:32

同じフロアに住んでいるレズビアンのカップルの女性の方がつけている香水が毎度毎度キツイこと。エレベーターの中、残り香にくらくら。今日はココナッツミルク系の匂い。ここはワイキキビーチ近くのコンドミニアムかと思ってしまったよ。
posted at 15:09:00





*今週のおまけ(その2)



[12年間並行日記] 9月4日☆東京都防災訓練@銀座/ ミニモニのミカの眉毛(おはスタ)/ 100 Views of Tokyo/ ロシア学校占拠事件の悲惨/ ツチガエル / 秋の始めの変態の饗宴/ デーモン小暮閣下、大相撲を語る/ Grandma's Boy (2006) ほか



*最近12年間のわたしの思惟と行動の軌跡



2000年9月4日(月) 東京 37歳

東京都防災訓練@銀座






視察する森喜朗首相








銀座に自衛隊が来たー!!

昨日3日は休日出勤。地下鉄銀座駅から地上に出て会社に向おうとすると、銀座通りが軍用車輌で埋め尽くされているのを見て呆然としてしまった。
石原慎太郎東京都知事のたっての肝いりで実現した大規模な防災演習とのこと。森善朗総理大臣も防災服で視察していた。

ゴジラ映画の田崎潤かと思った。

都心でこういう日常から切断された風景を見ると、どうしても空を見上げてモスラやキングギドラの襲来を期待してしまうのであった。



2001年9月4日(火) 東京 38歳

TSUBUYAKI @ STARBUCKS COFFEE by I-MODE

午前8時、スターバックス銀座店(銀座松屋裏)にて。◆結局咳が止まらず、1時間しか眠れなかった。今日の昼間は仕事、つらいよぅ。せめてもの救いは気温が低くてしのぎやすいこと。◆平塚で見て笑ったデリバリーヘルスのステ看板。≪プッチモミ≫◆アレキサンダー遊びしてみたひ◆11月のハワイ旅行は流れそうだ。その代わり箱根の温泉旅行。めちゃくちゃスケールダウンやな◆雨が降ってきたよ、傘がない◆1965年9月4日はTHE BEATLESの゙HELP゙が全米でレコード売上げ1位になった日ということを記憶している(元ヒットチャートオタクの私でした)。

プッチモミ!


(2012年メモ・・・2001年頃から、I-MODEなど携帯電話でインターネットできるようになったので、外出先で短い言葉をブログに綴っていました。今から思うと、ツイッター的利用法を先取していたのかもしれません)



2002年9月4日(水) 東京 39歳

ミニモニのミカの眉毛(おはスタ)



今朝は曇っているがそれほど暑くもなくて、ちょうどいい気候だ。秋が来たと思う。ミニモニのミカが出演している『おはスタ』で秋の味覚さんまが紹介されていて美味しそうだった。それはそうとなぜミカは眉毛を剃らずに伸ばしているのだろう?

It becomes cloudy, however it is not hot in Tokyo this morning, and it is an easygoing season exactly. I think that autumn has come. The Pacific saury was introduced in TV program on which Mica of MINIMONI is appearing, and it seemed to be delicious. A Pacific saury is the taste of autumn. Even so, why doesn't Mica shave eyebrows?



2003年9月4日(木) 東京 40歳

[100 Views of Tokyo] 品川区戸越

借りていた 『元カレ』のエアチェックビデオテープを返すため、元同僚の女性と会食。彼女の家が戸越にあるので、帰りに送るとき付近を散歩した。ミーハーな私は、ドラマ『STAND UP!!』のロケ地を歩いてみたくなったワケである。彼女は『元カレ』は好きだが、『STAND UP!!』にはさして興味を示してなかった。いちおうチェックはしているけど「地元が出てくるから」という理由だけで見ているようで意外と淡白だった。ジャニーズ系(二宮和也や山下智久)は、まったくのアウトオブ眼中らしい。なにしろ福山雅治と稲葉浩志 LOVEな人だから、DB4ははなから対象外なのかもしらん。
地元の彼女もロケ地をすべて把握しているわけではなくて、戸越以外でもあちこちロケをしているみたいと言っていた。


[100 Views of Tokyo] 港区元麻布2丁目

東京は130年前まで江戸と呼ばれていました。こんにち江戸の痕跡を見つけるのは不可能に近いほど、東京の景観の変化は凄まじいものがあります。
東京に住む人はそんな土地の記憶を無邪気に忘れて日々の暮らしに追われていますが、ここで有名人の言葉から、空間の想像力を働かせてみることにしましょう。

作曲家で音楽プロデューサーの加瀬邦彦は、元麻布の麻布山善福寺裏手にある住宅街に住んでいました。あるとき自宅の地下にスタジオを作ることになり、庭を掘っていたら、そこにトンネルが出てきたというんです!!どうやらそのあたりは江戸時代、仙台伊達藩の下屋敷があった場所で、このトンネルは伊達藩が掘ったものらしいとのこと。東北の有力大名伊達家は陰謀をめぐらせ、幕府転覆を画策していたのでしょうか。調べてみると面白そうです。わたし的には近くの愛育病院に看護婦さんの友人がいたこともあり、あたりはけっこう出没していました。この界隈、特に有栖川宮記念公園などは、絶好の散策コースです。外国人外交官や外資系企業のサラリーマンの家族が住まう専用のマンション(ホーマット)が点在する超高級住宅地です。

1960年代前半だと、江戸川乱歩の「少年探偵団」シリーズで、元麻布の人気(ひとけ)のないお屋敷町に怪人二十面相が現われる描写は、小学生の私は震えあがりました。

[追記]
先日六本木ヒルズから中国大使館、愛育病院界隈を久々に散策、土地の持っている「気」に耳をすませてみた。中国大使館は、大学生時代、KDDの国際電報配達のアルバイトで毎日敷地内に入って電報を届けていたので、とても懐かしかった。



2004年9月4日(土) 東京 41歳

ロシア学校占拠事件の悲惨

ロシアの人質事件のニュース。続報が入り犠牲者の数が増えるたび、悲惨さにいたたまれなくなる。人の命をこんなに軽んじて扱うことが許されていいのだろうか。ニュースを聞いただけで悲しみと怒りに心が荒む。

しかしそれ以上のことがチェチェンでは行われているのかもしれない。そうでも想像しないとこの事件は理解することができない。憎悪の念が武器をもち、凶行に及んだことは間違いないからだ。

報道されないところで何が起こっているのか。イラク。アフリカ。東ティモール。チェチェン。。。銃後の非戦闘員はなすすべなく殺されているのだろうか。男と子供はすぐに殺され、女は強姦されたのち殺されるのだろうか。よーく事のあらましを見極めなければならない。

犠牲になった方の魂の鎮まることを、ただひたすら心の中で祈ります。

ベスラン学校占拠事件(ベスランがっこうせんきょじけん)は、2004年9月1日から9月3日にかけてロシアの北オセチア共和国ベスラン市のベスラン第一中等学校で、チェチェン共和国独立派を中心とする多国籍の武装集団(約30名)によって起こされた学校占拠事件。

9月1日に実行された占拠により、7歳から18歳の少年少女とその保護者、1181人が人質となった。3日間の膠着状態ののち、9月3日に犯人グループとロシア治安部隊との間で銃撃戦が行われ、治安部隊が建物を制圧し事件は終了したもの、386人以上が死亡(うち186人が子供)、負傷者700人以上という犠牲を出す大惨事となった。首謀者はチェチェン人のシャミル・バサエフ。
(wikipediaより)



2005年9月4日(日) 東京 42歳

ツチガエル



(画像をクリックすると拡大表示します)

最近よく出くわします。

http://www.nara-edu.ac.jp/ECNE/kaerhebi/kaisetu/tuti.htm



2006年9月4日(月) 東京 43歳

[Ginza Then & Now] 汐留川難波橋橋詰から見た銀座8丁目界隈(昭和30年代)


封切り映画館の銀座全線座。現在は銀座国際ホテルが建っている。


2006年現在。ほぼ同位置から、銀座国際ホテルを臨む。


現在この汐留川は埋め立てられて、高架道路の東京高速道路が通っています。その下の部分、地上2階地下1階は銀座ナインというショッピングセンターとして営業しています。

銀座ナインの沿革:
1960年8月、ショッピングセンター(SC)の運営および管理を主事業目的として設立。
銀座の南の玄関口,外堀通り(土橋)から昭和通り(蓬莱橋)までの約15,810(4,782.62坪)にSC建設を開始。

1961年5月、外堀通り (土橋)〜 並木通り (難破橋)間 の工事竣工 3,193(965.78坪)。

同11月、同区間を 「SC新橋センター・1号館」として開業。

1962年6月、並木通り(難破橋) 〜 昭和通り(蓬莱橋)間の工事着手。

1963年9月、同区間を「SC新橋センター・2号館」として開業。

1963年12月、銀座通り(新橋) 〜 昭和通り(蓬莱橋)区間の工事竣工 7,304(2,209.65坪)。

1964年3月、同区間を「SC新橋センター・3号館」として開業し
全館開館。

1985年、1〜3号館を大改装。同時にSCの呼称を「銀座ナイン・GINZA9」に変更。


銀座ナインは近くにナイトクラブが多くある立地条件のせいか、スパンコール専門のドレス屋さんや巻き髪専門の美容院、高級革製品の店など軒を連ねています。私は地下1階の飲食店街によく行きます。

1964年のオリンピック開催以前は、東京は水路と川とお濠に恵まれた「水の都」だったのですが、高度経済成長期の経済最優先の政策により、それらは無残に破壊されました。
首都高速の中央環状線はほとんど水路や河川を埋め立てられるか、またはそこに橋桁を置いて造られているか、しています。



2007年9月4日(火) 東京 44歳

秋の始まりの変態の饗宴 @ 某ハプニングバー

(ニヒル牛マガジンには相応しくない趣味的な内容なので割愛します。)



塚田真希選手@世界柔道選手権大会ポスター


ツマキこと塚田真希選手。渋谷駅に大きく貼ってあったのを撮影。きゃー!かわいいお!(遠い目)



2008年9月4日(木) チェンマイ 45歳

デーモン小暮閣下、大麻汚染で揺れる大相撲を語る

小暮くんは高校の同期でした。



655 名前: 名無しさん@恐縮です 投稿日: 2008/09/02(火) 20:37:14
高見盛から妖精反応



【角界大麻汚染】増えすぎた外国人力士 「教育」の限界

今回の問題の背景に、角界に詳しい関係者は、増加する外国人力士の問題を挙げる。 

「朝青龍の件も含め、外国人力士を教育するのは無理というのが明らかになった。国技を守るには、今後は外国人の入門を認めず、角界は鎖国するべきだ」

文部科学副大臣として相撲改革に取り組んできた、松浪健四郎衆院議員はそう指摘する。「相撲は形式を重視する身体文化。外国人が増えすぎてそれが教えられなくなった。ただのスポーツに成り下がってしまう」との思いが強い。

日本相撲協会によると現在在籍している外国人力士は59人で、幕内では41人中14人が外国人だ。昭和39年に角界入りした高見山(現東関親方)が初の外国人力士で、当初はハワイ出身の力士が多かったが、現在はモンゴルが33人と最も多く、中国やトンガなど多岐に渡る。ロシア勢は12年に幕下の大露羅が入門したのを皮切りにこれまで6人が在籍した(現在は若ノ鵬が解雇され5人)。外国勢の増加に歯止めをかけようと、協会も14年から外国人力士は「各部屋1人」との原則を決めたが、今も毎年3人程度増えているという。

「出世の早い外国人力士に、相撲の何たるかをいかに教育するか、相撲協会にはマニフェストのようなものを作ってもらいたい」。相撲ファンで知られるアーティスト、デーモン小暮閣下はそう話す。

「精密検査の結果がシロでも、ファンへの裏切り行為。これまで色々な問題のたびに相撲協会擁護の立場に立っていたわが輩だが、悪魔の顔も3度まで」

怒りの矛先は協会や指導者にも向けられ、「昔から十両になれば一人前と見なされ、親方もうるさく言わなくなる。そうした点も今回の問題の背景にある」と述べた。



私にとっての大相撲は北の富士、増位山、豊山、大錦あたりで(興味は)終わっているので(古すぎだって)、今となってはどうでもいいです。


実は、デーモン小暮閣下は高校の同期でした。

体育の授業で柔道をやったときのこと、小暮君は「相撲流柔道」などとうそぶいて、襟を掴まずに帯で組んで体育の教師に「ふざけるな!!」とすごく怒られていました(笑)。

学園祭では相撲の研究発表をしたり、音楽室で松山千春を歌ったり、すでに当時からその後の表現者としての片鱗はありました。

今から30年くらい前の話です。





2009年9月4日(金) チェンマイ 46歳

トイレにて


(*尾籠な話なので、ご注意ください)


ついさっきの出来事である。
トイレで排泄していた。
タイのトイレにはシャワーがついているのをご存知だろうか。日本で言うウォシュレットみたいなものでシャワーの水でお尻を洗い流すのである。もちろんシャワーのあと、トイレットペーパーも使用する。このほうが紙を節約できてよいのだ。
それを使おうとシャワーに手をやり、水の出るスイッチを押した瞬間……


なんと、シャワーコックがとれてしまった!!

オーマイガッ!!!ものっすごい水で水浸しになるトイレ。必死になってコックを元に戻そうと試みるが、水の勢いが強すぎて栓が閉まらない。
仕方がないので、シャワーを便器の中に入れ、便座でフタをして、1階の管理人室に行って修理を依頼した。係りの人がすぐにやってきて備品を交換、事なきを得た。

しかし、本当にびっくりした。あそこまで水の流れが強いとは思わなかった。

[追記]
正確に書くと、トイレの最中に起こった事件なので、人を呼びに行く前に、てめえの排泄物の処理をしてから行ったのは言うまでもありません。そんなん見られたら恥ずかしすぎるじゃないすか。



2010年9月4日(土) チェンマイ 47歳

Grandma's Boy (2006)



ケーブルテレビで視聴。驚愕!熟女好きを通り越した婆専(ばばせん)にはたまらない映画。「パートリッジ・ファミリー」の母役のシャーリー・ジョーンズがお婆さん役!しかもエロエロだった!汚い言葉遣い、公序良俗に反する描写多数あり。

[plot from wikipedia]
Alex is a single, 35-year-old video game tester who lives with his friend Josh. When Josh spends their rent money on Filipino hookers, his landlord kicks them both out, and Alex has to find a new place to live. Alex tries to stay with his marijuana dealer, Dante, but is unable to because Dante is adopting a wild lion to live in the house. Alex spends one night with his co-worker Jeff, but Jeff still lives with his parents. After an embarrassing "encounter" with Jeff's mom, in which he is caught masturbating in the bathroom and subsequently ejaculates on her, Alex is forced to move in with his grandmother. His grandmother has two eccentric friends, Bea and Grace, who also live there.......

↑これを読むだけでも狂った映画ということがわかる。。。


2017.08.19 Saturday

スポンサーサイト

Powered by
30days Album
PR