ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< [chapter 185] 社長外遊記/ ガチョウのダンス/ Dさんが舌鼓打ったナマズラープ、ふたたび/ リアルのだめ/ ソイ33のイタめし屋で食事会/ 熊倉一雄さんほか | main | [chapter 187] うらみ・ます/ 石田香凛/ 森の中のサル/ オークパンサーの日の居酒屋/ 雨季の終わり/ 多摩川散策〜等々力緑地から丸子橋界隈/ 南青山3丁目清水湯/ 潤ますみほか >>
2015.10.24 Saturday

[chapter 186] ローマのミニスカポリス/ ヴィットリオ・エマヌーレ2世記念堂/ トレビの泉/ 松坂とベケット/ They All Laughed/ Fetish Bondage Night@Madder/ 投稿王1周年ほか



2007年10月27日(土) 東京 45歳

Fetish Bondage Night




(2015年メモ)わたしも当然吊ってもらいました。
2005年10月23日(日) ローマ 43歳

ローマのミニスカポリス


2005年10月22日(土) ローマ 43歳

トレビの泉


2007年10月25日(木) 東京 45歳

松坂とベケット



先日いつもの変態居酒屋で飲んだとき、ボストン・レッドソックスの松坂大輔のインタビューをテレビのスポーツ番組で見た。
ひとしきり今年1年の振り返りとワールドシリーズへの展望を語ったあとこんなことを言った。

ベケットの言葉に「流れはこっちにきている」というのがあって・・・

と。びっくりした。

「すげぇ、松坂ってベケットの言葉を引用しているよー!」
私は叫んだ。
松坂はサミュエル・ベケットを引用しているのかと思ったのだ。

サミュエル・ベケット(Samuel Beckett, 1906年4月13日 - 1989年12月22日)は、アイルランド出身のフランスの劇作家、小説家、詩人。不条理演劇を代表する作家の一人。また、ウジェーヌ・イヨネスコと同様に、20世紀フランスを代表する劇作家としても知られている。1969年にはノーベル文学賞を受賞している。

すると隣の席にいた友人があっさりと

「それってジョシュ・ベケット投手のことでしょ」と言った。


ジョシュ・ベケット(Josh Beckett , 1980年5月15日 -)は、アメリカ合衆国テキサス州スプリング出身の野球選手。フルネームはジョシュア・パトリック・ベケット(Joshua Patrick Beckett )。投手、右投右打。現在はMLBボストン・レッドソックスに所属している。

うーん、無知とは恐ろしい。
松坂大輔はサミュエル・ベケット好きなインテリ演劇ファンかーと一瞬思ってしまった!!

とほほな勘違いでした。
ジョシュ・ベケット投手は今年20勝をあげたレッド・ソックスのエースなんですね。自分の不明を恥じました。
2005年10月21日(金) ローマ 43歳

ヴィットリオ・エマヌーレ2世記念堂

すっかり夜になりコロッセオをあとにして歩き始めた。フォーリ・インペリアル通りをヴェネチア広場の方向に歩いていった。通りは自動車の交通量が多く非常にかまびすしいのに、左手方向を見ると2000年前の古代遺跡、フォロ・ロマーノの静かな闇が広がっている。このコントラストが不思議な感興を生み出していた。
10分ほど歩くとヴィットリオ・エマヌーレ2世記念堂に着いた。ここは20年前に訪れたときにも印象的だったのでよく憶えている。黄と赤茶色を基調とするローマの建物の色彩の調和をぶち壊すような真っ白な外観。広場を見下ろすちょっと高台にそびえる偉容、ファシズムの匂いがぷんぷん感じられる。1930年代のカリスマ独裁者に熱狂する民衆のエネルギー状態を想起した。
ガイドブックを読むと「1870年代のイタリア統一の立役者、初代国王ヴィットリオ・エマヌエーレ2世の偉業を称え、市民からデザインを募り、1885年に施工開始、1911年に完成した記念塔」とある。中央のエマヌエーレ2世の騎馬像の下には「祖国の祭壇」が設けられ、第1次世界大戦で命を落とした無名戦士が祀られているという。イタリアの靖国神社みたいな存在か。
そしてヴェネチア広場はほとんど立ち止まって考え事をするスペースもなく、次にどこへ行くかの判断を早急に迫られることになる。まったくノープランのまま、適当に通りを決めて歩き始めた(後でその通りがコルン通りということを知る)。
どこをどう歩いたかあまり憶えていないのだが、コルン通りをいいかげんに右折し狭い路地に入っていった。歩行者がだんだん増えてきてレストランやお店が並ぶ街区に入ってきたことを感じる。すると突然、トレヴィの泉の前に出てしまった。これにはびっくりした!!夜7時を過ぎていたのに人だかりが多く盛況だった。ここも20年前に訪れている。歩きつかれたのでしばし休憩をした。

さて、ベンチで休みながらまたmixi-mobileで実況LIVE日記を書いた。その文面が(←)これ。なかなか写メも綺麗に写っていて、旅の臨場感が出た日記だったと思う。時差7時間日本は深夜2時過ぎだった。



(今週のおまけ)

"They All Laughed" from "The Whole Nine Yards "
大好きな映画のエンディングタイトル。眺望がすっごい良い。ガーシュウィンの曲とのマッチング最高。(2009/10/22)


(今週のおまけ2)
投稿王1周年


去年の10月20日、投稿王になりました。あれから1年。(こちらからどうぞ)

*私は1年で2775ポイント獲得。現在猛追してきている2位の某氏は1年で5182ポイント獲得。驚異的だね(笑)。遠からず私を抜き去っていくことでしょう。


(1年前の記事)
[chapter 134] John Wick / 有栖川宮公園/ 投稿王/ タイの僧院にて / The Dragon Lady/ フェノミナ/ ホワイト餃子/ 目には目を/ 1985年10月最終週日記/ 崇高において、不快を通して或る種の快が得られることについてほか 
(2年前の記事)
[chapter 83] マチェーテ・キルズ/ クープランの墓/ 横浜・根岸森林公園/ 平沢進の伝説的 Tweet /「フーコン戦記」 古山高麗雄/ パッポン通りの名前の由来 / 働くことによって得られるもの/
(3年前の記事)
[chapter 30] 坂本龍一+ALVA NOTO@ローマ・オーディトリアム / サン・ピエトロ大聖堂 / チェンマイのゴミ屋敷 / ばさら/ ホルバインのアナモルフォーシスほか
2017.06.26 Monday

スポンサーサイト

Powered by
30days Album
PR