ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< [chapter 184] 私物化論についての覚書/ 三代目桂三木助「芝浜」/ 四代目 桂三木助/ ナムトックムーほか | main | [chapter 186] ローマのミニスカポリス/ ヴィットリオ・エマヌーレ2世記念堂/ トレビの泉/ 松坂とベケット/ They All Laughed/ Fetish Bondage Night@Madder/ 投稿王1周年ほか >>
2015.10.17 Saturday

[chapter 185] 社長外遊記/ ガチョウのダンス/ Dさんが舌鼓打ったナマズラープ、ふたたび/ リアルのだめ/ ソイ33のイタめし屋で食事会/ 熊倉一雄さんほか


スクムビットソイ33のイタリアンレストランにて飲み会。(ワインたらふくいただきました。5人で6本くらいあけたかな)


2015年10月10日(土) バンコク 53歳

「社長外遊記」


2015年10月12日(月) タイ某所 53歳

ナマズラープ、ふたたび


2006年10月17日(火) 東京 44歳

リアルのだめ

ドラマ「のだめカンタービレ」第1話を見終わって、ネットであれこれ検索して余韻に浸っていたら
Wikipediaにビックリする記述を発見!

・・・実在する同姓同名の人物がモデルとされている。モデルとなった人物は元々作者の二ノ宮のファンであり、ウェブサイトに「のだめ」というハンドルネームで書き込みを行っていたことから二ノ宮が興味を持ったと言われる。コミックスではその人物を「リアルのだめ」と呼んで紹介している。また、リアルのだめはコミックス巻末の取材協力者の常連となっている。

なんだ「リアルのだめ」ってあの「のだめ」だったんだ!!

私がmixi以前、2000年から2004年まで住人だった、某コミュニティーサイトでやりとりのあった人だったのだ(確証はないけど、ほぼ100%本人だと思う)。
つまり漫画の連載が始まる前から「のだめ」という名前は知っていたということになる。まさかその「のだめ」がモデルになっているなんて、今の今まで知らなかった!!しかも上野樹里が演じているなんて!!

ネット時代って、こういうことがあるんですね。

というわけで、あんまり期待してなかったのに予想以上に面白かったので、第2話以降も観ることにします。
第1話のビデオとコミックス1〜16巻読み返して作品世界に耽溺しています。




(2015年メモ)
「のだめカンタービレ」は好きな作品で、講談社の雑誌「KISS」連載中からずっと読んでいました。



(今週の訃報)



(今週のおまけ)


物件調査をしていたら彼方からガーガーという鳴き声が聞こえそれがだんだん大きくなってきたので音のする方向へ行くとたくさんのガチョウが散歩していた。近くに飼い主のオッサン(タイの地元民)がいたので世間話した。


(1年前の記事)
[chapter 133] 24時間の憂鬱@チェンマイ/ よしもとばなな「まぼろしハワイ」/ キャンディー・ミルキー/ My Favorite Things (2)/ 化粧バッグ/ 大谷氏と2ショットほか 
(2年前の記事)
[chapter 82] チャアムの海岸にて
(3年前の記事)
[chapter 29] トゥールスレーン刑務所博物館 (旧クメール・ルージュS-21収容所)
2017.06.26 Monday

スポンサーサイト

Powered by
30days Album
PR