ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< [chapter 20] Videodrome/ 今日は『あの日』だから駄目/ タイのラーメン大好き小池さん/ イヴ・クライン展@軽井沢 / 鳴滝組の「心ある踏襲」とスピルバーグ / アメリカの夜/ 19850812ほか | main | [chapter 22] 映画を一言で語り点数をつける会/ 禁演落語の夕べ@浅草演芸ホール / 紫ベビードールがやってくる! IN JAPAN リターンズ @ アサヒ・アートスクエア / 未明の伊勢佐木長者町〜黄金町界隈散策/ 小林清親「九段坂五月夜」 ほか >>
2012.08.22 Wednesday

[chapter 21] 小林恭二「遁世記」/ 怪しい臨海学校:海水欲情/ ホルモン鉄道10周年記念パーティライブ@荻窪ビストロサンジャック/ 戦場にかける橋@カンチャナブリ/ 火夫(かふ)の給料/ 二子玉川花火大会ほか


2007年2月20日 チェンマイ・ピン川歩行者専用橋にて(まだ未完成で工事中だった)。後姿は石川浩司さん。




2011年9月28日、同場所にて。大雨でピン川が増水し、河畔地域に川の水が流れ出て被害多数。(chapter 7 参照)

*二葉の写真は、今週の本編の内容とは特に関係ありません。

ちなみに、2007年までは石川さんは避寒休暇をとるために、毎年一人でチェンマイに来ていました。私が旅行者として2007年に訪ねたときは、「実は久々に日本語をしゃべった」と驚くべき言葉をのたまっていました。なんと、インターネット以外では、日本人とは誰とも接触を持たなかったらしいのです! 2月にチェンマイでファンや友人たちとわいわい過ごすという、いわゆる「チェンマイ逃避組」がスタートするのは、この翌年の2008年からになります。……以上、「石川浩司、ミニ・チェンマイ正史」より、でした。





[12年間並行日記] 8月19日☆今日のtweets/ バンコクにて想うこと/ マンションで事件発生!/ ネコネコ団あやしい臨海学校@M海岸/ ホルモン鉄道10周年記念パーティライブ@荻窪ビストロサンジャック / [アンケート] 通勤・通学時間を教えてください/ 冷夏の旧盆に思うこと/ 火夫(かふ)/ マルチーズ親子/ 二子玉川花火大会ほか


*過去12年間の「8月19日」の私の思惟と行動の軌跡。




2012年8月19日(日)
 バンコク  49歳

怖い夢を見て目が覚める。
posted at 08:20:14

表現における狂気についていつも考えている
posted at 08:21:37

小林恭二「遁世記」(新潮 2007年3月号)読了。文芸雑誌の中、この10ページ足らずの短編が収まっているところの景色がよい。これが、単行本の中の一作品だったらまた景色の色合いも変わってきただろう。(もしかしたら印象は薄かったかも)その意味で、この作品は、文芸雑誌の短編作品群の連続性の中にうまく配置されていて、他の作者の作品から連なって読んでいけるという、幸福な読書体験を持つことができた。(読書体験の外部のみを書いてみた。内容の紹介は割愛)
posted at 08:51:57

このところ、夕方のスコールがすごいので、ベランダの洗濯物はあらかじめ室内干しにしてから外出する習慣ができてしまった・アット・バンコク。
posted at 09:48:15

平日の朝7時に浴びるシャワーと、日曜日の朝10時に浴びるシャワーの後の爽快感の違いについて、答えがわかりそうでわからない。
posted at 12:11:37

mixiとtwitter とFacebookそれぞれつぶやく内容を変えている。たまに同じつぶやきを載せるときもある。なんとなく使い分けしている(細かい使い分けのルールはここには書かない)
posted at 12:14:18

チェンマイに住んでいた4年間、首都バンコクでは絶えず何かとんでもない事件が起こっていた。公共施設を不法占拠した市民デモ運動(赤、黄)やら洪水やら。ほかにも何かあったかな・・・。事件が起こったインターバルを計算すると、そろそろ何か起こってもおかしくない気もする。・・・別に何か事件を期待しているわけではない。平和がいちばんである。
posted at 12:19:12

昨日から動画サイトで、「人志松本のすべらない話」の宮川大輔と小籔千豊の「すべらない話」ばかり、集中的に視聴している。何故こんなに笑えるのだろう?
posted at 13:02:43

社民党の阿部知子がインタヴューで今の民主党は「不自由民主党」だと言い当てたのは膝を打った。(浅田彰=田中康夫 「憂国呆談」より)
posted at 13:17:58

インタビューを「面接」と訳したのは、堀川弘通の兄の堀川直義だったのか。
posted at 13:37:46

井上陽水は海外旅行に行くときに、目的地を決めずに家を出て、成田空港に着いてから航空会社のオフィスで正規料金で航空券を買って飛行機に搭乗すると、「深夜特急」の作者との対談で語っていた。当然、ビジネスクラス以上だろうから50万円とか下手すると100万円近くかかるのかも。(今はどうかは不明)
posted at 13:59:11

そのことを思い出したのは、私も空港で次に向かう目的地を決め、そこまでの航空券を購入したことがあるからである。旅はそれくらい自由であっていいと思う。下手すると気分が乗らないから、空港から引き返して家に帰るという選択肢があってもいいかな、と。
posted at 14:02:07

旅に出て、いざ飛行機に乗ってみると、「旅をさせられている」という受動的な感覚が付きまとうのは不思議だ。自分で休暇をとって、自分の甲斐性で旅をしているはずなのに、自由で楽しい感じが少なくなり、スケジュールを消化している気分が多くなる。その場の思いつきで飛行機に乗れたら、と思う。
posted at 14:09:36




これを見たというのは、なかなか恥ずかしくて言うのは憚られるのですが、でも書きます。「エクスペンダブルズ2」観ました。なかなか面白く、たくさん笑いました。
posted at 19:47:55

雨が強いので、セブンイレブンで酒とつまみをしこたま買って家飲み。もう夕食に出かけるのはかったるいので。
posted at 20:11:37

もう何年も冷やし中華食べてないな。
posted at 21:20:33

はい、心は狭いし、性格も悪いです。人間の器も小さいことは認めます。ええ、認めますとも。
posted at 21:28:17

なんかバンコクに人工波サーフィン場ができたらしい
posted at 23:45:10

そういえばタイの海でサーフィンって聞いたことないな。どこの海も波は高くないイメージが。
posted at 23:46:34

最近うっすら感じている悪い予感としては、2013年以降に来るかもしれない、太陽フレアの電磁波障害の影響で、インターネットも含む電力・通信網がずたずたに寸断され、億単位で人が死に、世界がヴァーチャルでつながっているような現在の「小さい世界」が、再び何百年も昔の大航海時代に逆戻りするのではないかということ。もしその大混乱を生き抜いたとしたら、それはそれで面白いかもしれないとも思うのだが。「マッド・マックス」シリーズ以来、ハリウッドで盛んに製作された、アポカリプス後の弱肉強食の無法社会を描いたアクション映画の世界が現出するのだろうか。通信手段だけは今から調べておいた方がよいかもしれない。そうなると短波ラジオとかCB無線とか必需品になるのか。映画「ターミネーター3」の劇中、ラジオでジョン・コナーがした演説を想起する。

太陽フレアによる影響として考えられること:飛行機のナビゲーションシステムやGPSが乱れ交通網大混乱。電車が止まる、病院の機能がマヒする、金融機関の決済機能が止まり、世界中の原発が制御不能に陥る。数時間で年間平均被曝量の1000倍の放射線が降り注ぎ、オゾン層も破壊され、皮膚がんの原因となる有害な紫外線も降り注ぐ。地球軌道を回っている3000個の人工衛星がすべて頭上に落下する。(
posted at 23:54:21

某映画のチャック・ノリスには笑った
posted at 23:58:29

できるだけ文中や文末に「(笑)」は使わないようにしているが、どうしても誘惑に負けて使ってしまうことがある。しかしながら、「(笑)」をやむをえず使ってしまう気持ちは自己分析できる。これを使うことによって、断言を避け、立場を曖昧にし、生の言葉をオブラートに包んで柔らかくし、他者との直面を避けたい、嫌われたくない、という自己保身の装置が無意識で働くのである。そのことのかっこ悪さをよく自覚しつつこれを控えめに使っている人はまだ許せるが、無自覚に連発している奴は下司の極みである。チャットやツィートでほとんどすべての発言に「(笑)」を入れているのを見ると、侮蔑を通り過ぎ、哀れみの気持ちさえ浮かんできてしまう。・・・と酷すぎる毒を吐いてみたり。
posted at 23:59:49


(最近、投稿した「王様の耳はロボの耳」のレスより)
「男女同権」という言葉の中には、社会制度の複雑な側面が横たわっています。
「こうあるべき」という理想と、「実際はこうである」という男女の性差の矛盾が必ず現われています。
たとえば、最近気になる言葉として、20歳を過ぎた成人女性のことを「女の子」と言う人がいます。
これがOKかNGかはシチュエーションによってケースバイケースだと思いますが、言った本人は親しみを込めて使っているのかもしれませんが、多くの場合、言われた女性やまわりでその言葉を聞いた第三者は、言った人(多くの場合、年長の男性)が、「女性蔑視」や「女性軽視」していると、感じることが多くなりました。
プライベートな場所だったらまだ許されるかもしれないですが、より公に近い場所でこの表現を聞くと不愉快な気分になります。
ちなみに法律的には、少年(若い男子)の対義語となる少女(若い女子)は、児童福祉法では「小学校就学の始期から、満十八歳に達するまでの者」とあり、少年法では「20歳に満たない者」と定義されています。
20歳以上の女性を女の子と呼ぶことについては、そこに女性を「取るに足らない存在」である意味を付加したり、「性的に未成熟である(がゆえに少女性愛的な魅力をもつ)」というようなニュアンスを含ませることができるかもしれないので、できるだけ使わないほうがよいと個人的には考えます。





2011年8月19日(金)
 バンコク 48歳


チャイナタウン入り口にある中華門。


ホテルのネット回線重い。
posted at 11:44:45

何ヶ月ぶりかのバスタブにお湯を入れて身体をひたす。極楽ごくらく。
posted at 12:04:40

とっても蒸し暑くて体力を消耗するので涼しいところに避難してきました。この都市はチェンマイに比べると暑すぎる。とても生活はできないだろう。(注. 1年後、普通に生活している)
posted at 17:25:54




「ファイナル・デスティネーション5」が劇場公開していたが、体調がすぐれず、直前に食べた消化中の食べ物が逆流してきそうな気がしたので鑑賞を断念する。また次の機会。(このシリーズは大好きで全作品観ている)
posted at 17:26:51

旅の疲れがどーっと出てきている。なんか立ち上がって歩く気になれない。
posted at 17:51:44

瓶入りリプトンアイスティーうめー
posted at 18:07:21

ตอนนี้ผมดูที่ร้านอินเทอร์เน็ตในกรุงเทพฯ
คอมพิวเตอร์เครื่องนี้ไม่สามารถใช้ภาษาญี่ปุ่น

(今わたしはバンコクのインターネット屋にいます。このPCは日本語フォントが使うことができません)
posted at 20:20:01

ง่วงนอน sleeeeeeeepyyy
posted at 20:21:27

ผมไม่ทราบว่าสิ่งที่คุณกำลังทำอยู่ตอนนี้ bye-bye
(わたしはあなたが今やろうとしていることがわかりません。さいなら)
posted at 20:36:17

tsukaremashita
posted at 20:38:30

tsukaremara
posted at 20:41:43

眠気のピークは過ぎたようだ。先ほどはドサクサにまぎれて下品tweet失礼いたしました。
posted at 21:52:42

眠気が収まったと思ったら今度は咳が。しゃっくりも出そう。
posted at 21:57:48



バンコクにて想うこと

8月18日(木)からバンコクに来ています。
久々のバンコク、いろいろ刺激を受けたので、以下に覚え書きをしたためました。

3年間タイに住んでいて、首都バンコクもたびたび来ているので、それほど刺激はないでしょ、と思われるかもしれませんが、以前のわたしの知っているバンコクとはいろいろ様変わりしている部分があって、そのことをつれづれなるままに以下に走り書きしていこうと思います。それにプラスして石川浩司さんのHPにある「あったらいいな」的なことを箇条書きにしてみます。


・バンコクの中心部、BTSスカイトレインの乗降客数が年を経るごとに増えてきている。朝夕はラッシュアワーが形成されているほどだ。


・外国人観光客も多い。香港やシンガポールと並ぶアジア有数の買い物天国であるバンコクの、その中心地であるサイアム駅やチットロム駅周辺では、たくさんのショッピングバッグを引きずるようにして歩いている観光客をよく見かける。
そこで「あったらいいな」と思ったのが、BTSの改札口付近に、無料の手荷物預かり所を設置するのはどうかということ。買い物はかなりのパワーを使うので、喫茶店を併設して休憩してもらってもいいだろう。あとそこに民間のツーリストインフォメーションのカウンターを置いてもいい。店舗の面積と賃料との兼ね合いもあるのだが、何でも可能だったらインターネット用PCを設置してもよいかと思った。あくまで外国人をターゲットにするので有料サービスは外国人価格で高めに設定したい。


・地球の歩き方やバンコクBTS沿線ガイドマップを手にもって歩いている日本人観光客をよく見かけるが、あれは詐欺師から見たら「鴨ねぎ」のターゲットであることは一目瞭然だ。悪いタイ人が狙っていると見てよいでしょう。そこで悪の芽を摘むために、スマートフォンと提携したバンコク観光ガイド(GPS機能付)を自分用にカスタマイズできる(行きたい店をエリア別にピックアップしてクリップ、並列できようにするとか)アプリがあったらいいと思った。


・石川浩司さんも言っていたが、初めての人向けのガイドブックはいくらでもあるが、2度目以上のリピーター用のガイドブックもあったらいいな、とは思う。





2010年8月19日(木)
 チェンマイ 47歳

今日のチェンマイ


今チェンマイは雨季ですが、今日は珍しく晴れ上がりました。空気が澄んで遠くの山が青く見えて綺麗でした。





2009年8月19日(水)
 チェンマイ 46歳

マンションで事件発生!

警官が何人もマンションのロビーにいて騒然としているので何事かと思ったら、住人が自殺したとのこと。
1階のコーヒーショップの従業員の女性に訊いたら、ファラン(西洋人)の住人の男性が部屋で首を吊ったらしい。特徴を聞くと知っている人だった。何度もエレベーターで一緒になったことがある。64歳ですって。ちょっと躁鬱の気がありテンションが妙に高いのが印象に残っていたのだが。。。

ショックですわー。
ご冥福をお祈りいたします。


ていうか、タイ人はこういう話をうれしそうに話すんだよね。そっちのほうがちょっと不思議。「毎年1人ずつ自殺するのよー、しかも皆ファランばっかり。どういうことなんだろうね」ってあっけらかんと。


日本人とタイ人の死生観、似ているようで全然違います。


ところで、「縊死」ってずっと読み方を間違えて覚えていた。ネット時代になってここ数年前、やっと正しい読み方を知りました。


読み方はこちら↓
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q118743606





2008年8月19日(火)
 チェンマイ 45歳

玉子豆腐とショップ99



このところ凝っている玉子どうふ(および、普通の豆腐)。3個で24バーツ(約75円)。タイに引っ越してきて4ヶ月経ち、タイ料理もいいかげん飽きてきたので、最近は自宅で自炊もどきをしています。
真ん中と左のパッケージはわかりづらいですが、何故かナース服を着た女性が豆腐をもてなしている意味不明のイラストで、とても気になります。




コンドミニアムの近くのソーイにある「ショップ99」、ではない。
本当は1時間99バーツ(約300円)のタイ古式マッサージ屋さん。
どんなんかな、と中に入ると、タイでは珍しい男性の施術師さんが現れた。当方うつぶせ状態にて肩に触わられるや即座に「凝ってますねー」と、機転を利かし重点的に指圧と揉みをしてくれた。GJ!おかげでタイに来て初めてマッサージで肩と背中の凝りを除去してくれた。視覚をつかさどる神経束の通りがよくなり、目がよく見えるようになった(一時的だが)。勤め人時代、身体がきつくなるとよくニュー新橋ビルの中国整体マッサージに行って同じことをやってもらっていたわけだ。
今日はとってもサバーイサバーイであった。
また来ようっと。




2007年8月19日(日) 某所 44歳

ネコネコ団あやしい臨海学校@M海岸




ネコネコ団(悪の秘密結社、嘘、某緊縛関連の集まりです)で、臨海学校に来ました。海だー!!
ビーチだー!!これから魚三昧の宴会でーす。(mixi-mobileにてアップロード)

(mixiコメント欄より)
・マンガちゃん海が大好きなんだぴゅん私。写真お願いだから観せてねっ!!バカンス楽しんで(≧▼≦)来てねっ!!
・いいなぁ…ワタシもいきたかったナリ…





夕食は海の幸づくし。釣り宿の若旦那であり、料理人であり、緊縛仲間でもある、Yさんが釣って調理してくれた魚の数々、ウマウマでしたー




夕食後は超リラックスしたカラオケタイムに突入。白い一本鞭(むち)をもった歌姫女王さまが大盛り上がり!!

(コメント欄よりばっすい)
・今、Aさんが陽水を歌っています♪
・「真夏の夜のハーモニー」です
・すてきね〜
・Uさんが軍歌を熱唱しています!最高です
・結局3時半まで歌い倒しました。6時間ノンストップ だったー


6時間ノンストップで歌い続け、女王様はしならせた鞭で床を叩き続け、しまいには店から追い出されてしまいました。
最高の宴でした。




2006年8月19日(土) 東京  43歳

[音楽] ホルモン鉄道10周年記念パーティライブ@荻窪ビストロサンジャック


ごく一部で熱狂的人気を誇る、お下劣アナーキー&センチメンタルパンクの決定盤CD、"ホルモン鉄道"


昨夜は石川浩司+大谷氏によるコラボユニット、ホルモン鉄道のライブを観に行った。1996年に結成、そして今回は10周年になる記念のライブである。
場所は荻窪のビストロサンジャック。

案内はこれ。ゲストはおぐりゆかさん。

感想は一言、

感動した!!




ふつうのレストランの店内で行なわれたライブ。
なんとマイクがなく全て生音肉声なり!



以前より注目の大谷氏にお会いできて最高でした



ホルモン鉄道記念写真。
左が車掌の石川さん、中央が筆者、右が運転士の大谷氏。
(6年後に、3人が「ニヒル牛マガジン」で連載を持つことになるとは、このときはまだ誰も知る人はいない)

石川さんや大谷さんに興味も接点も何もない女性友だちを連れて行ったら、けっこうイムパクトを受けていたようだ。




2005年8月19日(金) 東京 42歳

[アンケート] 通勤・通学時間を教えてください。

自宅で仕事されている方、専業主婦(主夫)、または無職の方は申し訳ありませんがそれ以外の方。
フリーター、パートタイマー、学生、勤め人、自宅とは別の場所で自営、などなどの皆さんに質問いたします。あなたの通勤時間を教えてください。で、その時間、何をして過ごされてますか。できたら教えてください。
よろしくお願いします。

(いただいたコメント)
(波照間エロマンガ島自身)
わたしは片道45分くらいです。私鉄と地下鉄を使用してます。
電車の中では中吊り広告の見出しを手帳に書き抜いたり、電車の車両番号を手帳に控えたり、電車の中で何分以内に○○個アイディア出すと自分に課してそれを手帳に書いたり、目の前に座った人の年齢、バックボーンなどを妄想してメモしたり、・・・そんなことをして時を過ごしています。
あ、あと乗換駅のジューススタンドで必ずバナナミルクジュースを飲むのが習慣です。

(旅行関係の仕事に転職したマイミクシィのAさん)
片道35分です。
地下鉄で1本です。
地下鉄の中ではCD Walkmanです。
iPodを持っていたのですが、シンガポール行きの飛行機の機内に置き忘れて紛失してしまいました。

(マイミクシィBさん)
徒歩も含めて60分くらいです。
電車の中では、今日やる仕事内容のシミュレーションをしてます。これを午前中に終わらせて、2時から会議だから資料を作って。。。みたいな感じです。

(マイミクシィCさん)
行きが1時間15分
帰りが1時間5分

って所ですね。
最寄り駅までは原付なので行き帰り変わらないのですが、
行きの電車は通常よりも10分多めに時間がかかりますし、乗り換えもきついです。

行きも帰りも満員電車なので、ネットで手に入れたmp3をひたすら聞いています。

(リアル友人Dさん)
片道30分
iシャッフーで音楽聴きながら原宿闊歩しながら
事務所へGO→

(マイミクシィEさん)
片道45分です!
15分車で、その後電車で30分です。
電車ではたいてい本読んでます☆

(マイミクシィFさん)
私は片道一時間四十分です。

長くて毎日鬱です。。

(リアル友人 セミプロ歌手のHさん)
往路が約1時間、復路は多分1時間10分くらい。
まっすぐ帰ったことがないのではっきり分かりません。
電車の中では往路はiPodを聴きながら歌詞を暗記、
復路は軽い音楽を聴きながらの読書です。
貧乏性なのか、移動中にも常に何かをしていないと気が済みません。

(リアル友人のYさん)
行きはJRと私鉄で1時間10分ぐらい
帰りは私鉄と地下鉄で1時間40分ぐらい(経路を変えてる)

行きは立ちっぱなしなのでたいてい音楽を聴きながら読書
運よく寄りかかれればうとうとしたり。
帰りも基本的には同じですが後半30分は座れるので
疲れて爆睡してることもしばしばです。

通勤時間=読書タイムは昔から変わりません。
たいてい何かしら持ち歩いていますが、何もないときは
社内広告を片っ端から眺めたり、車外の景色を眺めたり
妄想してたりしますw

(マイミクシィのIさん)
片道25分くらいです。バスを使用していますが、大体ぼんやりしているうちに到着します。。(ちなみにソウルです)

(マイミクシィのMさん)
通学に90分くらいかな。
ほとんど行かないのでオッケーですw





2004年8月19日(木) 東京 41歳

火夫(かふ)の給料

私が現在、生業(なりわい)にしているフューネラルビジネス(葬祭関連事業)の職種の中で、もっとも遺体に近いところで仕事をしているのが火葬場に勤める「火夫」(かふ、罐炊き、ボイラーマンの仕事)である。
都内には公営と民間、両方の火葬場があるが、その民間の火葬場を経営する大手の会社に勤める知り合いから、火夫さんの給料を聞いて驚いたことがある。

なんと基本給10万円台。

「えぇぇぇぇ、んなアホな」と思ったら、火夫さんは心付けが必ずもらえるので基本給を安く設定しているんだって。なにぃ!?それって申告しないで済むお金ってことですか!1日5体焼くとして、心付けが仮に5000円としてX5=25000円。月に20日働くと25000X20=500000円。おいおい、佐川急便のドライバー並みにもらえるぞ!!それで給料が安いから税金もほとんど払わなくていいし。その知り合いの話によると不況になるとこの仕事に就きたい人がコネを頼って働きたいとやってくるのだそうだ。
しかし、そうまでして金を稼ぎたいとも思わないけどね。本当、因果な商売ですわ。




2003年8月19日(火) 東京 40歳

冷夏の旧盆に思うこと

世間で言ういわゆる「お盆休み」の間は例年通りずーっと仕事。電車は空いているし街に人はいないし電話はそんなにかかってこないし仕事ははかどるし効率がよく気持ちよかった。ただ低温と雨だけが不満の種だった。

雨のために4日間皇居を走ってない。その代わりに自宅でバイシクルに乗って運動しているが、味気がなくてつまらない。ランニングでは1時間以上走れるのに、マシンだと30分もやれば飽きてしまう。でもストイックになりすぎるのもよくないと思うから無理をしないでいきたい。

23年ぶりの冷夏ってニュースで言っているけど、1980年の夏の寒さは今も記憶に残っている。高校3年の受験生で予備校と公立図書館と自宅の間を往復していた。半袖では寒いので長袖のシャツを着ていたことを覚えている。暑くならないね、暑くなるのかなぁ、と言っているうちに夏が終わってしまった。

こんなに寒いんだけど、近況報告を兼ねて残暑見舞いのはがきを書いた。暑くなってほしい願いを込めて。あと今自分がいる位置の確認をするために。22日からの富士山登山と皇居ランニング、秋やるイベントのことなど書き連ねた。

[追記]
友達から8月31日のサザン・オールスターズのコンサートチケットが余っているから行かないかと、誘われたけど、気乗りしないから断った。なーんかサザンって好きではない。デビュー前、YAMAHAのコンテストに出ているときから見ていたんだけれど。

[追記2]
昨日8月18日朝7時、新橋駅前でジョギング中の志茂田景樹に遭遇。




2002年8月19日(月) バンコク〜カンチャナブリー 39歳

タイ旅行4日目




タイ国民の「母」として親しまれ尊敬されているシリキット王妃の七十歳の誕生日が八月十二日だったので、あちこちにお祝いのモニュメントが飾られてあった。王室を尊敬するお国柄だからか、王妃の大きな肖像写真が高速のインターの入口、交差点など各所に飾ってあった。




「戦場にかける橋」のカンチャナブリーへ

別に強い意志をもっているわけではないけれど、前大戦時日本の領土拡張政策(南進論)にはかねてから興味をもっていていろいろ調べようとしていたのだが、5〜6日の短期間ならば連続休暇もとれる状況なので、いっそのこと現地をこの目で見て感じてみよう、という気持ちがむくむくと起き出し、本や映画などで人間の脳を通過した思考(歴史解釈)を体験・理解するのではなく、自分が直接見聞きする体験を重視したいと熱望、昨年より度々のタイ王国訪問となっているわけである。

この4月にハワイオアフ島のパール・ハーバーに行き、撃沈されたアリゾナ号の慰霊碑に黙祷を捧げて4ヶ月、今度は日本が進出した最も西方のインパール(現・ミャンマー)にも距離的には遠くないタイのカンチャナブリのクワイ河鉄橋に行くことになったのは、そういう精神的彷徨の経緯があったからか。でも特に初めから今回行こうと決めていたわけではない。ふと思い立って行ってみようと思ったのだ。ここは1940年代前半、タイからミャンマーにかけて建設された泰緬鉄道*にかかる橋である。1957年製作デビッド・リーン監督の『戦場にかける橋』のモデルとなった橋としてあまりにも有名である。

前回同様プルンチットのヒルトンインターナショナルの隣りにあるAVISレンタカーで車を借りた。運良くいちばん値段の安いホンダシビックがフランス人家族の使用が終わり戻ってきたので、この車を24時間借りることにした。受付してくれた女性はテレビ朝日の大下容子アナに少し似た美しい人であった。

(中略)

カンチャナブリーから帰ってきてホテルの部屋で寛いでいた。
モハメド・アリの娘、ライラ・アリのボクシングの試合を観た。2ラウンドTKO勝ち。女性のボクシングは凄まじく興奮するね。顔の形が変形するんじゃないかってハラハラしながら観ていた。また観たいよ。近いうちにラスベガスに行こうかな。WWFプロレスとともに生体験したい格闘技である。

矢井田瞳の「♪ダーリンダーリン〜」って曲がタイのコスメメーカーのCMソングに使われていた。

(2012年8月21日、追記)
旧大日本帝国陸軍の南進政策のつめ痕を辿る旅はその後も続き、この10年くらいの間、シンガポール、マレーシアなど各地を旅行した。
そして、これはまったくの偶然なのだが、つい最近、友人の祖父が、山下奉文、寺内寿一などと並ぶ、書物にも出てくる、地位の高い軍人だった事実を知り、驚愕してしまった次第である。現在に至るまで彼とは長年交友があるのだが、そのことはまったく知らなかった。(それが誰かはここには書きません)







2001年8月19日(日) 東京 38歳

マルチーズ親子


手前が父、後方が息子。父は巨根で、近所ではブイブイ言わせている。
友人のキャバ嬢のCが田舎から帰ってこないので、まだ父を預かっている。




2000年8月19日(土) 東京 37歳

二子玉川花火大会




二子玉川の花火大会に行く。世田谷区、川崎市の多摩川両岸で同時開催。凄い人出だった。駅前のマンションに住む友人宅の屋上という最高の観覧ポイントで見た。酒が美味しかった。




2018.10.14 Sunday

スポンサーサイト

Powered by
30days Album
PR