ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< [chapter 197] 2991219/ 沖縄料理金城で酩酊/ 石川浩司のひとりでアッハッハー/ 空中遊園からの眺望/ 日常の時間と旅の時間とのあいだ/ ねじまき鳥クロニクル(村上春樹)/ 赤っ恥電話/ ペストコントロールほか | main | [chapter 199] 中川樹海、タイローカル食堂で歌う/ リバーサイド・キャット・カフェにて/ チェンマイのガイヤーン二郎/ 宴席に紛れ込んできたカワイコちゃん/ 漱石「三四郎」冒頭ほか >>
2016.01.24 Sunday

[chapter 198] 石川浩司 ガラクタパーカッション・セッション ライブ x The 昭和歌謡 Vol. 2 (昭和50年代 1970's Japanese Folk Songs) ~ Sing Along with Nostalgic Songs~


サワディークラップ、波照間エロマンガ島です。いつも拙ブログにアクセスいただきありがとうございます。
連載開始198回目にして初めてイベントの告知をします。


(以下、こちらよりばっすい)
『石川浩司 ガラクタパーカッション・セッション ライブ x The 昭和歌謡 Vol. 2 (昭和50年代 1970's Japanese Folk Songs) ~ Sing Along with Nostalgic Songs~』

日時:2016年1月31日(日)18:30 開場 20:00開演 ~ 22:00
エントランス:
前売 200バーツ (ワンドリンク)、500バーツ (飲み放題<ビール、焼酎、泡盛、梅酒>)
当日 300バーツ (ワンドリンク)、600バーツ (飲み放題<ビール、焼酎、泡盛、梅酒>)
定員:30名

一昨年、金城のカウンター席にて。「Namiさん、毎月Fujiyama Night主催したり、J-Liveやったり、ホント音楽好きですよね~。何がきっかけで音楽やろうと思ったんですか、、、?」 「いや~オレはね、高校生の頃にね、まずは吉田拓郎から入ったんだよ。それから、◯X△❑だろ、、、ホニャララ (さっぱり知らないアーティストや曲名が出てきて、付いて行けなかった)」 という会話がきっかけで始まったこの企画!

コンセプトは、Namiさんが青春時代に聞いていた昭和50年代、1970’sの昭和歌謡 又は Japanese Folk Songのライブをやろう!です。前回は、Namiさんと同世代の方々にとっては、とても懐かしい、下の世代の方々にとっては新しくも聞こえてしまう曲の数々。

出演は、一昨年同様、「Nami」さん、そして当時まだ生まれてもいない世代の「クレシェンテ」と「伊藤タケシ」くん。

さらに!今回は、Namiさんと同世代で、今や世界的なパーカッショニストの石川浩司さんが、金城の鍋や空き瓶、ポリバケツなどのガラクタで即席パーカッションセットを作り、即興で参加!また二人と同世代、石川さんもよく知るDJ 『波照間エロマンガ島』とは!?


そんなわけでDJをやります。生まれて初めて石川浩司さんと同じステージに立ちます。どうなることやら、ドキドキワクワクであります。


(参照 Click please↓)





(今週のおまけ)
2015年1月25日(月) バンコク 53歳 

寒波襲来


2018.01.13 Saturday

スポンサーサイト

Powered by
30days Album
PR