ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< [chapter 209] 初めてのカザフスタン人/ 信号待ちのオートバイライダー@アソーク交差点/ 話し合いにおける稲垣メンバーの役割 / Stage Fright(舞台恐怖症)/ 雑感ほか | main | [chapter 211] 眠る狛犬/ 切符をしまう場所/ 国立東京第二病院の旧名/ 10年カレンダー/ 「ハリー・ポッターと謎のプリンス」発売初日に銀座福家書店にて購入(2006年5月17日)/ 今日買った本ほか >>
2016.05.07 Saturday

[chapter 210] 2014年5月初旬旅日記〜チャンタブリー、パタヤへ/ パタヤの好きなところは欲望充足都市ということ

日本も黄金週間、終わりですねー。


パタヤ・ビーチサイドロードソイ9、セントラルフェスティバル隣にある定宿の某ホテルプールサイドにて(2014年5月5日)
*撮影時、スコールが降ってきて屋根のあるところに避難中。


2014年5月3日(土) バンコク 51歳

2014年5月4日(日) チャンタブリー 51歳

2014年5月5日(月) パタヤ 51歳

チャンタブリからパタヤへ移動。疲れた。ミニバスで3時間半もかかったよ。元同僚女性Bさんがパタヤのすぐ隣だから、なんて言っていたので近くかと思ったら、隣の県ですらなかった(笑)。パタヤのあるチョンブリー県の隣はラヨーン県で、その隣がチャンタブリー県なのだ。見事にいっぱい食わされた感じだ(笑)。

パタヤに着くと正直ほっとした。チャンタブリーは典型的なタイの地方都市の雰囲気で最初は新鮮だがすぐに飽きてしまう。タイに5年以上住んでいるといかに快適かというセンサーがすぐに作動する。物見遊山的モードはすぐに解除されてしまうわけだ。
その点、パタヤは快楽のために作られた人工的な街であり、ここに来ればたいていの欲望は容易に調達することができる。50歳過ぎたのでさすがにセックスを求めることは少なくなったが、お酒や料理など食欲についてはパタヤではいくらでも充足できる。






2014年5月4日(日) チャンタブリー 51歳



←刑務所




エカマイバスターミナルからチャンタブリーまで244km。所要時間は5時間30分近くかかりました。前述の元同僚のBさんは、チャンタブリー出身と聞き「カンボジアに近いね」というと、「ぜんぜん近くない!一緒にしないで!」と突然怒り出した。微妙な国民感情を刺激してしまったらしい。タイ人のもつカンボジア人に対しての差別意識は相当に強いと思った。
2019.07.21 Sunday

スポンサーサイト

Powered by
30days Album
PR