ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< [chapter 144] 2014/2015 年末年始チェンマイ・チェンライ旅行記(前編) | main | [chapter 146] Taken3 / 2005年1月の銀座点描/ トンロー通りの赤バス/ 2006年1月マレー半島縦断の旅(前編)/ 五味川純平について/ キリンの赤ちゃん@クアラルンプール >>
2015.01.10 Saturday

[chapter 145] 2014/2015 年末年始チェンマイ・チェンライ旅行記 (後編)

前編はこちら

2014年12月30日(火) チェンマイ 52歳

朝食@チェンマイオーキッドホテル

2014年12月31日(水) チェンライ 52歳

足湯@ポンプラバット温泉
ドイメーサロンへ

2015年1月1日(木) チェンライ 52歳

ドイチャーンコーヒー本店にて
2015年1月2日(金) チェンライ 52歳

初めてのチェンライビーチ
犬と戯れる
日本料理屋にて発見したもの
チェンライ空港なう









(スナップショット集)

*画像をクリックすると大きく表示されます


































山の斜面いっぱいに茶畑が広がる









ブルーベリー入りチーズタルト







現在すばらしいコーヒーを作っている地域は、ゴールデントライアングルと呼ばれる、かつて世界でも有数のケシ(麻薬の原料)の産地でした。ドイチャーン村の村人たちも含め、多くの山岳民族は、ケシを育てることで生計を成り立たせていました。また、焼き畑農業も行われており、河川流域の森林伐採や環境破壊を引き起こしていました。そのような悪しき生活にも変化が訪れます。1969年、プミポン タイ国王陛下は、人々の生活を改善するため、ケシ栽培と焼き畑農業を撲滅し、農作物に変換する政策をはじめました。質の高い品種であるアラビカ豆の栽培に適していたドイチャーン村では、タイ政府と国連からコーヒー栽培を行うための技術的な支援と援助を受け、1983年にこの地でコーヒー栽培をはじめました……。
ドイチャーンコーヒーの歴史

























































空港に行く前に最後にまた温泉に行き、
個室浴場に入りました。













2019.07.13 Saturday

スポンサーサイト

Powered by
30days Album
PR