ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< [chapter 120] Dawn of the Planet of the Apes/ オマージュ寺山修司/ 芸術の消滅不可能性の原理/ 授業中の出来事/ 女優、大山デブ子/ Star Wars Episode II: Attack of the Clones/ 三宝節の祭日/ メイス・ウィンドゥ=ほらふきドンドン和尚説ほか   | main | [chapter 122] 福田恆存ちょっといい話/ 白井晃の父/ バリ島ミクロ情報/ 1983年の夏休み/ ピテカントロプス・エレクトスで The Spoil / さよならお竜さん/ カーペット張替え作業中ほか >>
2014.07.19 Saturday

[chapter 121] ブルーベリー収穫/ 宮崎駿 「iPad」を語る/ Tomboのアコーディオン/ 小川真琴(モーニング娘。)/ 石田ゆり子が「笑っていいとも」百分の一アンケートに出題した問題/ 「眠れる犬」ディック・ロクティ/ 「痴人の愛」にあの有名人登場/ 碑文谷ダイエーほか


*たまには冒頭にリンクを掲載しますよ。(Click Please ↓↓)
(2年前の7月第3週日記)
(chapter 16) バンコクから飛行機に乗ってちょこっとフランスへ(前編)
(1年前の7月第3週日記)
(chapter 69) ポチャ系圧迫顔面騎乗オフ/ パリでパスカルズのコンサート/ 蛭子能収Q&A/ 田口トモロオのおちXちX ほか







2007年7月18日(水) 東京 44歳

ブルーベリー収穫
2003年7月21日(水) 東京 40歳

小川真琴(モーニング娘。)
2008年7月19日(土) チェンマイ 45歳

「眠れる犬」ディック・ロクティ
2007年7月12日(木) 東京 44歳

Tomboのアコーディオン
2010年7月13日(火) チェンマイ 47歳

宮崎駿 「iPadをいじってる姿は、自慰行為のようで嫌悪感ある」

1 :依頼 ◆YKPE/zzQbM @ゆきぺφ ★:2010/07/12(月) 23:24:07
スタジオジブリが発行している小冊子「熱風」7月号に掲載されているという宮崎駿監督のインタビュー記事が強烈だと話題になっている。

宮崎監督は「ぼくには、鉛筆と紙があればいい」というスタンスであり、インタビュアーが手にするiPadについてこんな指摘をしています。

あなたが手にしている、そのゲーム機のようなものと、妙な手つきでさすっている仕草は気色わるいだけで、ぼくには何の感心も感動もありません。嫌悪感ならあります。その内に電車の中でその妙な手つきで自慰行為のようにさすっている人間が増えるんでしょうね。電車の中がマンガを読む人間だらけだった時も、ケイタイだらけになった時も、ウンザリして来ました。

資料探しの道具として使いこなせば良いのでは?という質問の流れで、時間をいただけるなら、文献を調べて取り寄せることもiPadで出来ますというインタビュアーの言葉に対して、

あなたの人権を無視するようですが、あなたには調べられません。なぜなら、安宅型軍船の雰囲気や、そこで汗まみれに櫓を押し続ける男達への感心も共感もあなたは無縁だからです。
世界に対して、自分で出かけていって想像力を注ぎ込むことをしないで、上前だけをはねる道具としてiナントカを握りしめ、さすっているだけだからです。

一刻も早くiナントカを手に入れて、全能感を手に入れたがっている人は、おそらく沢山いるでしょう。あのね、六〇年代にラジカセ(でっかいものです)にとびついて、何処へ行くにも誇らしげにぶらさげている人達がいました。

今は年金受給者になっているでしょうが、その人達とあなたは同じです。新製品にとびついて、手に入れると得意になるただの消費者にすぎません。あなたは消費者になってはいけない。 生産する者になりなさい。
これにネットでは、「さすが神、正論だ」「相変わらず口が悪いなw」「ラジカセ<なるほど〜、なんか目が覚めたw」「言いたいことはわかるけど言い過ぎ」などといった声が寄せられている。

また一方では、「なぜ新しいものを取り込もうとしないんだ老人は」「最後の一行がかっこよすぎるが、そんなもんは生産する能力がある人間だから言えることだ」「価値観なんて人それぞれ」「僕には必要ないで済む話。使用してる人間を、自慰のようだの、想像力が欠如してるだの否定する言葉は要らんだろ」などといった見解もあり物議となっている。

2 :なまえないよぉ〜:2010/07/12(月) 23:25:55 ID:wSb4/9Ug
消費者がいるからこそ生産する者も生きられるのです


6 :なまえないよぉ〜:2010/07/12(月) 23:27:51 ID:OHBp9juC
>>2
>消費者がいるからこそ生産する者も生きられるのです
いや、インタビュアーはジブリの中の人だから


12 :なまえないよぉ〜:2010/07/12(月) 23:31:04 ID:2IATHsTH
ノートと鉛筆もって、電車の前の少女のスカートのひらひら具合を
描くとか、そういう事をしろ。


22 :なまえないよぉ〜:2010/07/12(月) 23:43:22 ID:b6BA6zNv
パヤオの絵じゃ抜けない


27 :なまえないよぉ〜:2010/07/12(月) 23:46:30 ID:x8DKH4aw
このロリじーさんが流行りモノに対して肯定から入ったら
いよいよお迎えだ


35 :なまえないよぉ〜:2010/07/12(月) 23:53:20 ID:Bp/G8l5d
鉛筆も文明の利器なんだけど・・
文明否定したら人類は成り立たないよ


39 :なまえないよぉ〜:2010/07/12(月) 23:58:47 ID:RQU/ez+h
駿もうめちゃくちゃだなw


45 :なまえないよぉ〜:2010/07/13(火) 00:02:37 ID:44Ioy23j
駿は昔から天才過ぎて周りと合わなかったからな。
労働組合に入って要求が「完全歩合制にしろ」で、まわりがついてこなかったって話しがあるんだけど本当かな?


62 :なまえないよぉ〜:2010/07/13(火) 00:22:38 ID:5Uy3b+AQ
そういや武満徹も生前ヤマハの普及価格のシンセサイザーを敵視してたな


75 :なまえないよぉ〜:2010/07/13(火) 00:33:32 ID:qm8xolH/
宮崎駿の意見にも一理はあるが、単に一理があるだけだ。
この男は偉大な表現者だが、神でも立法の徒でもない。
まあ言ってることは尤もだが、ほっとけとも思う。


86 :なまえないよぉ〜:2010/07/13(火) 00:45:53 ID:EoQOKcJs
パヤオは毒をもっと吐けば富野みたいに信者が付くはず


89 :なまえないよぉ〜:2010/07/13(火) 00:47:49 ID:mds1P/Iq
みなが送り手になったら、誰が買うんだよw
お前の生み出した作品を消費してくれる人は、かつてはラジカセ
を誇らしげに持ち歩いたり、iPadをイジクル人間なのではないのか?
といいたくなる。ここで言ってるけど。
どんなに評価されようと所詮はアニメーターでしかないのに哲学者気取りも大概にしろといいたくなる。


106 :なまえないよぉ〜:2010/07/13(火) 01:20:07 ID:IhjS88h6
押井守のいうようにジブリはスターリン体制だからな
自分の意見に反対する奴が周りにいないから、相手の言う事を論駁するばかり
こいつも鈴木も、対談した奴は腹たって仕方が無いと思うわ
2005年7月19日(火) 東京 42歳

石田ゆり子@笑っていいとも

「笑っていいとも」の1/100アンケートに石田ゆり子が出ていて、彼女の出した問題は「でんぐりがえしをすると日付が変わると小さい頃思っていた人」だった。石田はそうだったらしい。(武田徹オンライン日記より)

えええー、見逃したー!!!
ちなみにスタジオアルタでは100人の客のうち11人が「でんぐりかえしをすると日付が変わると信じていた」と応えていた。ぼくの周囲では聞かなかった話だが、世代が異なると案外と広く普及していた価値観だったらしい。

そんなの初めて聞いたよ!!100人中11人もいたのか、信じられない。
それとも子どもの頃のことだから、もう忘れてるのかなー。
2008年7月21日(月) チェンマイ 45歳

「痴人の愛」にあの有名人登場?!

ベッドのそばにあった「現代日本文学館16 谷崎潤一郎」をパラパラめくっていて、突然ある文章に目が止まった。

「痴人の愛」より。ナオミと譲治が三田聖坂の白系ロシア人の未亡人が講師をしている社交ダンス倶楽部にダンスを習いに行き、主催者の杉崎春枝女史に挨拶をするシーン。


「あの、御紹介いたしますが」
と、女史は私のもじもじするのに頓着なく、例の縮れ毛の婦人の方を指しながら
「この方は横浜のジェームス・ブラウンさんの奥さんでいらっしゃいます。―――この方は大井町の電気会社にいらしゃる河合譲治さん、―――」
成る程、するとこの女は外国人の細君だったのか、そう云われれば看護婦よりも洋妾(らしゃめん)タイプだと思いながら、私はいよいよ固くなってお辞儀をするばかりでした。






ジェームス・ブラウン!?



この人の顔を思い浮かべてしまいました(爆)。

「痴人の愛」は何回も読んでいますが、ジェームス・ブラウンが出てくるのは気がつきませんでした。あ、もちろん同姓同名の単なる偶然ですね。「痴人の愛」は関東大震災後、谷崎の関西移住後の第1作ですから。


と、馬鹿馬鹿しいネタでしたー。

[後記]
谷崎は一言で言えないくらいの大きな存在です。だからこういうネタくらいしか文章にすることができません。。。

今回「痴人の愛」を読み返してみて、エクリチュール(書かれたもの、書法、書く行為)のさまざまな階層でざわざわと、行間からたゆたう言葉の色気に引寄せられました。上記のダンス学校のシーンの前後でいうと、腋臭の白人女性が香水をふりまいて体臭を消そうとしているがそれらが混ざり合ってしまうさまについて、「気持ち悪い」と切り捨てる男と、くらくらして陶酔する譲治を、短い文の中で対比させて表現した箇所などは、セクシュアリティーに結ばれる五感の微妙な表れを切り取っていて、そして自分はセクシュアリティーに弄ばれるのを全面的に肯定しているということを譲治の独白の地の文で言わせているところなどは、ただただ凄いと思いました。

実際の谷崎は体臭のある女性は嫌いだったようで、晩年の口述筆記を手伝った伊吹和子女史の谷崎の評伝「われよりほかに」を読むと、伊吹さんをはじめ何人もの筆記者を募集したときに、体臭があるというだけですぐに首になった女性のエピソードが載っていたのを覚えています。
2008年7月19日(土) チェンマイ 45歳

「あいつと私」石坂洋次郎



このぼろぼろの文庫本、日本から持ってきました。昨日十何年かぶりかで読み返しました。大好きな小説で高校生のころから何十回となく読んでいて、読むたびに魂が浄化するような感動を覚えています。2時間くらいで読むことができるのでちょっと凹んだときに元気になるのに使えるなあと思いました。1960年の安保闘争時代の私立大学を舞台にした青春小説です。

1961年公開の同名の映画も大好きで、今や骨董品と化した(?)レーザーディスク盤をもっています。中平康監督、石原裕次郎主演の青春映画ですが、原作と内容はほぼ同じで、台詞回しのテムポのよさ、ちょっとした仕草の演出などがモダンで心に残ります。「陽のあたる坂道」や「若い人」など、裕次郎は石坂作品との相性はよいと思います。「嵐を呼ぶ男」や「錆びたナイフ」など一連の犯罪アクション映画は実はあまり好みではありません。

でも、このころの芦川いづみのキュートさったらなかったな。
「あいつと私」と「陽のあたる坂道」の芦川いづみは今も大好きでっす。
川島雄三がスカウトしてきたという話を聞いたことがあるんですけどね。
2011年7月21日(土) チェンマイ 48歳

今日の呟き

帰宅。日本からお友達が来て飲んできました。
posted at 00:05:40

今日は行きも帰りもソンテオのドライバーとちょっとしたトラブルがあって難儀した。乗車拒否2回。気に病むな、と自分を慰めてみても怒りが収まらないときもある。
posted at 00:35:07

コーンケーンのホテルのケーブルテレビで武藤敬司の2009年の試合を観たのだが、何かすべてにおいてちぐはぐな感じが否めなかった。プロレスは生まれてこのかた嵌ったことはないのでtweetするのも憚られるのだが、何か「いやな感じ」(by 高見順)な異物感がずっと心の中に残り続けている。
posted at 00:53:47

場所は言えないが中央線の某駅そばにあったすっごく怪しい店のことを突然思い出した。ある雑誌の編集の人に教えてもらって行ったのだが。あとで村上龍の小説を読むとその店を彷彿とする店が出てきて驚いたことがある。1980年代まではまだ確かに世界はデジタルネットワークに覆い尽されてはいなかった。
posted at 01:20:17

さっきからあたまのなかでくりかえし「ロミオとジュリエット」のテーマミュージックがなりひびいているのだ。なぜだろう。
posted at 02:14:05

「ノッティングヒルの恋人」(1999)久々に観ているがやっぱりいいな。劇場公開時、あまりに感動したので2日連続で観に行った映画。ジュリア・ロバーツはこの映画がいちばん好き。コステロの「She」を聴くたび切なくなる。
posted at 03:35:57

今日は久々のムーガタなので気合入れて英気を養おう。
posted at 13:13:20

調子悪い
posted at 14:48:40

ハナミズハナミズハナミズ
posted at 14:59:04

中村とうようさんといえば、高1の頃よくテクニクスギンザに「レコード寄席」を聴きに行ったことを覚えている。フェラ・クティなどのアフロビートから、シャンソン、サルサ、ボサノバ・・・いろいろな種類のレコードをかけ教えてくれた。ニューミュージックマガジンはかなり影響を受け自分の血肉になっている・・・合掌。
posted at 17:55:55

「24 リデンプション」のラストシーンだけ観た。
posted at 18:04:09

ムーガタチュンペイより帰宅。たらふく食べて飲んでおしゃべりして楽しい宴であった。チュンペイはほかのムーガタ屋と較べて肉が美味しいんだよなー。
posted at 23:42:14



(今週のおまけ)
ホルモン鉄道メンバーとの対話


(関連リンク)
大谷氏との対話(1)
大谷氏との対話(2)トミーについて
大谷氏との対話(3)石川浩司主演作についての妄想
2017.06.26 Monday

スポンサーサイト

Powered by
30days Album
PR