ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< [chapter 108] サメット島で休暇を過ごす/ THE TRAIN KEPT A-ROLLIN / 港雄一インタビューより/ 檀香山へ/ The Beach Boys' Partyほか | main | [chapter 109] Transcendence/ 大谷氏との対話/ 2002年4月ハワイ旅日記/ 読み間違える自由/ 1985年4月日記/ 東京ディズニーランドとCLUB33/ 三省堂ビデオスペース/ ブリティッシュ・ハード・ロックのルーツ/ トラ!トラ!トラ!/ 松任谷由実の毒舌発言ほか >>
2014.04.19 Saturday

[chapter 108] サメット島にてソンクラン休暇を過ごす/ 港雄一インタビューより/ 米田寅美 79歳/ 檀香山/ THE BEACH BOYS PARTY/ 1999年&2012年4月中旬日記/ 仙草蜜ジュースほか


タイの旧正月(ソンクラン)休暇でバンコク南東にあるサメット島に行ってきました。


2010年4月18日(日) チェンマイ 47歳

[Neta] 米田寅美 79歳
2003年4月19日(土) 東京 40歳

THE BEACH BOYS' PARTY

1965年というと思い出すのが、その年リリースされた『THE BEACH BOYS PARTY』。このアルバムは、ホームパーティーをしているような雰囲気で録音されているアルバムである。曲間にメンバーの恋人や家族のしゃべり声がマイクに拾われたり、イントロをとちって演奏をやり直したりしている。昔から思っていたのは、このときみんなキメテイタのではないかということ。なんかそういうリラックスした雰囲気が漂っていると感じたのだが。しかしアマゾンのレビューを読むと、ブライアンがそれらしく曲間のノイズとかをパッチワークしたとあるんだけれども。

レコード会社を説得し、次作『Pet Sounds』を手がける一方で、ビーチ・ボーイズのリーダー、ブライアン・ウィルソンは『Party!』では奇抜なアイデアを取り入れた。バンドメンバーがスタジオに友人を大勢呼び、その様子をそのまま録音したのだ。そしてにぎやかな騒ぎ声や、パーティーの雰囲気を後から多重録音として重ねたのだった。だから楽器演奏にまとまりがないように感じられるが、間違いなくメンバーが演奏している。自作のメドレー『I Get Around』と『Little Deuce Coupe』を除いて、すべての曲がカバー曲である。Jan And DeanのDean Torrenceのヒット曲『Barbara Ann』や、ジョン・レノンがボブ・ディランの影響を受けて作った『You've Got To Hide Your Love Away』をデニス・ウィルソンがカバーしているのがいい。
2014年4月19日(土) バンコク 51歳

雑記

6日間休んで1日働いてまた2日間の休暇。年齢のせいか、疲れがとれない。ストレスが溜まっている感じだ。
2002年4月18日(木) 成田〜ホノルル 39歳

檀香山(歐胡島・夏威夷群島)

15時20分出宅。今回はチャイナエアで38000円の格安チケットを入手してのハワイ旅行。
夕方便だとどうしても愚図愚図して、時間ギリギリまで支度に手間取る傾向がある。そんなわけで今日もタイムリミット近くになりようやく出発した。
成田に行くのにはJRよりも京成のほうが安いので日暮里に向かう。新橋まで地下鉄で行きJR線に乗り換え。で、16時50分発のスカイライナー。

駅の待合室で電池など備品を買う段になって、忘れ物をしてきたことに気づいた。デジカメのスマートメディア(メモリーカード)をPCに挿しっ放しにしてきてしまったみたいなのだ。すぐに会社の同僚にテレすると、はたしてその通りであった。とりあえずそのスマートメディアをPCからはずして保管してもらうよう頼んだ。
さてどうしよう。空港に売っているかな。なかったらハワイ島だよな。売ってない場合、最悪カメラ買わなくちゃ、かなぁ。
幸先悪いスタート、おのれのドジ加減に凹んだ。

空港第2ビル着。団体旅行カウンターで搭乗券の受け渡し後、中華航空チェックイン。まだ羽田から移ってきて2日目なのでJALのカウンターを間借りしていた。ハワイ便なので予想とおり、若者でうじゃうじゃ。めっさうざったい。一秒も早くこの人ごみから離れたいが、並んだ列はなかなか進まず。ようやくチェックイン。
すぐに出国ゲートを通過し、免税店に急いだ。もう空港施設内に店をさがす猶予はなかったのである。

そして…。

あーっというまに、ホノルルに着きました!19時間の時差があるので、日付は同じ4月18日午前6時過ぎ。

スマートメディアは成田で無事、手に入れることができました。ラッキーでした。(来週につづく)
2005年4月19日(火) 曼谷〜成田 42歳

バンコクから帰国

日曜の午後着だったので、高速はすいてて成田の駐車場から家まで1時間40分で着きました。でも冷静に考えるとやっぱ遠いですよね。100km以上ありますもん。早く羽田で国際線の離発着できないかなぁ。。
車内ではバンコクで買ったカラバオのCDを大音量で聴いてました。





60年代ロックのDJやるんだったら1曲目はこの曲かけたいですネ。



ハワイのThe Breakersというホテルにて。
ここはワイキキの端のほう(アラモアナより)にあるブティックホテルです。日本の裏千家が経営していて、和風テイストが妙に和みました。よく行くパールシティーのレコード屋さんへ行き、たくさん買ったレコードの中にこの三波春夫のものもあったわけです。コロムビアのレコードプレイヤーはこの頃よく旅行に持っていきました。(2002年4月)


1999年4月中旬日記 東京 36歳
2000年4月19日(水) 東京 37歳

港雄一(ピンク男優・監督)インタビューより


港雄一さんは1980年代初頭、西船橋のストリップ劇場で実演ショーを観たことがあって、その頃から「もう女には飽きた」なんて言っていたので、男色歴ももう30年以上になると思うんですけどねー。
2012年4月中旬のつぶやき バンコク 49歳

2012年4月14日(土)

午前中の外出より帰宅。ものっそい暑いので昼ビールで水分補給してしまった。ごめんなさお
posted at 13:30:06

昼ビール至福なり。
posted at 13:50:55

「7割ムチで3割アメでいいと思うんですよ」(杉本彩「ダウンタウンDX」にて。旦那が自分のことをぜんぜん褒めてくれないと愚痴っていたのを目撃されたときに言った言葉)
posted at 17:36:50


2012年4月15日(日)

自転車のタイヤの空気が減っていたので今日はバスで外出。バンコクのバス路線だいぶん覚えたよ。
posted at 14:19:54

37℃まで気温が上昇した。
posted at 17:17:55

今日は1日中陽光が照り付けていたなー。室内にいてもじりじり暑かった。もうちょっとしたら日没だから出かけることにしよう。
posted at 19:02:24 


2012年4月17日(火)

ソンクラーン休暇明けの出社だったが、行きたくない気持ちいっぱいだった。
posted at 14:49:29

4日間休んだ気がしなかったな。
posted at 14:51:30

でも給料もらうためにしがみついて仕事する
posted at 14:52:49


2012年4月18日(水)

寝汗かいた。寝苦しかった
posted at 06:09:07

キタクアセダクダクダク
posted at 22:49:15

仕事忙し余裕なしでも充実してる(青臭いつぶやきやなw
posted at 22:50:12

いきなりセミが鳴き始めたよ。今は何の季節なのだろうか
posted at 23:16:11


2012年4月19日(木)

なんかお尻のあたりがヒリヒリするな。いや、そういう意味ではなく・・・。
posted at 00:26:37

言いたいことも言えない世の中じゃ、ではなく、言いたいことは特にないのだ。
posted at 00:31:43

"Do not let me hear/ Of the wisdom of old men, but rather of their folly" (もう老人の知恵などは聞きたくない、むしろ老人の愚行が聞きたい―T.S. エリオット 西脇順三郎訳)
posted at 00:47:50

ネビル・シュートの「渚にて」読みたい。映画は子供の頃観て多少記憶に残っている。
posted at 09:30:05

朝であろうが昼であろうか夜であろうが、一歩部屋の外へ出たならば、汗が止まらないのである。というわけで、今日も汗だくで帰宅つゆだく。
posted at 22:34:38

暑いので髪の毛を切った。染毛してから2ヶ月以上経つのでまた白髪頭だ。
posted at 22:36:35

しかし2ヶ月前までチェンマイでぐーたらしていたのが夢のようだ。もうあんな日々は来ないのかもしれないな
posted at 22:37:58

仙草蜜ジュース美味い
posted at 22:41:18





(1年前の記事)
[chapter 55]プーケットのパトンビーチにて
(2年前の記事)
[chapter 3]男の子の名前はみんなエロマンガっていうのね Tous les garçons s'appellent Erromango
2017.08.19 Saturday

スポンサーサイト

Powered by
30days Album
PR