ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< [chapter 96] 藤田嗣治 「アトリエの自画像」/ 中国系旧正月の獅子舞/ 旧東急東横線渋谷駅跡/ 山手線ダイヤ改正/ レヴィ=ストロース「悲しき熱帯」について/ 目覚めた直後に夢を記録する/ 記憶に残っている人生で気持ちの良かった瞬間ベスト10ほか  | main | [chapter 98] 1980年2月日記/ ワニに注意/ Smile Coffee Face/ 伊東深水「夢多き頃」/ 革命夢/ RECK Played MARS/ タイ国際航空(TG)客室乗務員のスナップ写真サイト/ 松任谷由実@情熱大陸/ セザンヌ「サント・ヴィクトワール山」/ 「太平洋機動作戦」ほか   >>
2014.02.01 Saturday

[chapter 97] サオプラペッソン/ みなとみらい線開通 横浜中華街ツアー/ 森繁久弥の芸談@徹子の部屋/ ネパール料理新年会/ 鈴木大拙とタタター/ ピンクギプスの男ほか 


スコータイ遺跡にて出遭った牛車(2012年2月4日)


2014年2月1日(土) バンコク 51歳

検索キーワード 上位ワード紹介


サオプラペッソンの人気高し。
サオプラペッソンが出ているページはこちら

2006年2月2日(木) 東京 43歳

森繁の芸談@徹子の部屋


2012年2月1日(水) チェンマイ 49歳

ピンクギプスの男

チェンマイラム病院にて。左足首骨折と診断、すぐさまギプスをつけられる。

2004年2月1日(日) 横浜 41歳

みなとみらい線開通!横浜中華街に繰り出すの巻



2月1日、みなとみらい線開通。どんなものかさっそく乗ってみることにした。そのためのイベントを企画した。
昼過ぎ、東横線の自由が丘駅ホームで待ち合わせ。中華街でランチをとる計画である。ところが東横線に乗ったときからかなり混雑していて嫌な予感が脳裏をよぎる。横浜に近づくにつれその予感は的中することになる。人は増える一方。だれも降りない。
東白楽を出て右カーブに入ったところから地下区間が始まり反町(たんまち)は地下駅になっていた。そういえばこの辺工事していたなぁ、国道1号から見た記憶が蘇る。となると高島台のトンネルはどうなったのだろう?
横浜駅を出て高島町を過ぎるとみなとみらい駅到着。ここはクィーンズスクエアの真下にあるらしい。これは便利だ。桜木町からだとかなり遠かったから。
そしてついに元町・中華街駅に到着。この駅は中村川の真下を横切っているため、ホームが地下4階にあって吃驚した。川底よりも深く掘っているのだ!地上に出るまで10分近くかかったのではないだろうか。かなり不便だった。
そして中華街。人人人。人だらけ。横浜在住の友達にもなかなか会えず、目当ての中華料理屋もめちゃ混みで、30分以上並んで待ち、ようやく入れた。かなり消耗した。



中華街での飲み食いのあと、腹ごなしに付近を散歩する。中華街や元町界隈は人だらけなので回避し、伊勢佐木町のほうへ向かって歩いた。以前私が住んでいた家のあたりがどうなっているか見たくなったのもある。寿町の簡易旅館街を通って長者町3丁目の以前住んでいたマンションに着く。まったく何も変わっていなかった。
そこから伊勢佐木町を抜けた頃にはとっぷり日も暮れ、新たに友人が合流し、今度は黄金町駅近くの韓国お好み焼きの店に行った。ここは横浜日劇の対面にあってたまに来る店である。




さて、ここで問題です。その店に飾ってあったサイン(↑写真拡大参照)、「小柳」という文字は判別できるのですが、ファーストネームが読めません。いったいだれのサインでしょうか?(ルミ子?トム?ゆき?それ以外にも・・・?)
2005年2月2日(水) 東京 42歳

タタター



「そしてタタターは無限のかなたに去ってしまった」

タタター=真如(しんにょ)
《梵tathataの訳》仏語。ありのままの姿。万物の本体としての、永久不変の真理。宇宙万有にあまねく存在する根元的な実体。法性(ほつしよう)。実相。(大辞泉より)

鈴木大拙の「東洋的な見方」より。今読んでいる途中です。禅に始まり、仏教、中国思想など、広範な「東洋的見方」から大拙の宇宙観、宗教観を平明に解説した書です。とても読みやすいのでびっくりしました。
2003年2月2日(日) 東京 40歳

高輪のネパール料理レストランで新年会



品川の泉岳寺にあるレッサムフィリリ(ネパール&チベット料理レストラン)で新年会。写真はベジタブルカレーと緑色したナン。適度な辛さで美味しかった。ROXYという焼酎みたいな酒が絶品だった。「ネパール料理なかなか美味しくって好み」と言うと、1ヶ月間のネパール旅行から帰ってきたばかりの女性に「ネパールではこんなに美味しい料理はなかった」とドンぴしゃ言われ、萎える。ランチは食べ放題があるらしく今度また行こうと舌なめずりした。
2014年2月2日(日) バンコク 51歳

映画に愛されない可哀想な人

ある映画を観て感動し、その映画が好きでたまらなくなり、応援してなんとか近づきたくなるのは、誰にでも起こり得る心理かもしれない。しかし、その愛情がエスカレートして熱を入れ上げてしまうと、それは人間関係と同じで、相手にとっては始めは嬉しくはあったものの、じきに困惑と鬱陶しさを感じるようになり、やがてストーカーに遭う時のように恐怖感が大きくなり、ついには拒絶する/されるという結果に終わる。それは相手の気持ちを推し量ることが苦手で一方的な思いが強すぎる人がよく陥るパターンで、つまり映画に愛されない憐れな人間がここに誕生する。
たとえばツイッターでその映画に出演していた俳優をフォローして、何かにつけてその映画に関する情報をRTしていたらアクセスブロックされたとか、よく聞く話である。
これは映画に限らずさまざまなケースで同様のことは言えるであろう。(未完)



[1年前の記事]
(chapter 45) チェンマイのゲイレストランで70年代音楽を聴きながら飲食、そして豪雨。でも私は弾丸トラベルだったりするの夜(よ)
2017.10.21 Saturday

スポンサーサイト

Powered by
30days Album
PR