ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< [chapter 86] ポール・マッカートニー 日本公演レポ | main | [chapter 88] キンタマーニ/ 栗コーダーカルテット ライブレポ/ バリ島にて/ チェンマイ動物園のジャイアントパンダ/ 日本テレビ汐留ビル/ DANCING IN FRONT OF THE CAMERA/ フランシス・ベーコン/ タイのオーディション番組で聴いた日本語の歌ほか >>
2013.11.23 Saturday

[chapter 87] インベーダーゲームで「名古屋撃ち」をするきたろう/ BANDOIT(フランスの発泡水)/ 「SNEP(スネップ)」(孤立無業者)について/ 無有好醜と柳宗悦/ OGC/ 旅の終わりの足もと/ 日吉のまむし谷徘徊/ 「エロスの涙」 ジョルジュ・バタイユほか

(近況)ぶらりと近所を散歩しました。


トンブリーのター・ディンデン通り近くの川岸の道(まさにチャオプラヤ左岸です)



ガレージを改造した駄菓子屋



プミポン国王の母親であるシーナカリン王太后を記念して作られた「王母陛下記念公園」にて。遺跡風の建物は、ラマ3世時代(1824-52年)の住居跡。


2009年11月21日(土) 東京 47歳

[今日のロゴマーク] OGC


いつもお下劣ですみません。。

(mixi コメント欄より)
・あぁ!(笑)←今気づいた いいわー(大笑)!!
・大好きです!!
・これは相当いいぞ。

(名前は伏せますが、全員西荻&チェンマイ関連の友人のコメントでしたw)


2003年11月21日(金) 東京 41歳

のどぼとけの出ている女の子〜マンハッタンラブストーリー 7

もうわけわかんない。でも面白い。

これって何? 何なんだ? ひたすら脱力。へらへら笑い状態。ドラマを見ていてストーリーを追わなくなったのは初めてかもしれない。いちおう物語は始まりから終わりへと進み語られているわけだから、今まで観た凡百のTVドラマや映画の「お約束」になぞり、結末を想像しながら今画面上で起こっていることを目を凝らして理解しようとするわけであるが、そんなことをしなくても今が楽しい。

『君は薔薇より美しい』のイントロが流れてきたところで、思わず泣きそうになった。のぶりんとベッシーのダンスはアウト・オブ・ワードの世界を現出させていた。ミッキー吉野の名曲だ。布施明の中でいちばん好きな楽曲。こないだの『ハリウッド・スキャンダル』といい今週といい、至高の歌謡曲が次々と出てくる。昭和後期歌謡曲のクロニクルとしても楽しめるドラマになっている。

[追記]
えもやん(酒井若菜)のお父さん役のきたろうはインベーダーゲームで「名古屋撃ち」をしていたように見えた!! 一瞬だったのでよく見えなかったが。インベーダーゲームは1979年ころ流行しましたかね。
(2003/11/21/02:35)

[追記2]
ベッシー(及川光博)だけが忍っち(塚本高史)が女ってことを知らなくて、びっくりしていると土井垣(松尾スズキ)が「そんなの常識だよ」って言い放つところ大笑いした。(2003/11/21/02:37)

[追記3]
店長の本名は明かされなかったね。これは最終回に向かっての伏線になるのだろうか。しかし店長の兄と名乗った中年男(忌野清志郎)は何者なんだろう?今回赤羽さんがA→B→C→…の黒板を発見したのは気にかかる。
(2003/11/21/02:38)

[追記4]
船越がこれほど物語の中心に出てくるとは思わなかった。明らかに前回までのパワーバランスを欠いて突出していた。栃木野村駅に向かって線路上を猛ダッシュしてくる特撮、凄すぎてひっくり返って笑った。(2003/11/21/02:41)




2013年11月15日(金) バンコク 51歳

[社会] 20〜59歳の人生の盛りに 仕事、友達、未婚の 孤独者 「SNEP」 が今、急増中

1: ぽてぽんφ ★:2013/11/15(金) 13:02:19.46

仕事、友達、配偶者なしの20〜59歳「SNEP」が今急増しているワケ

20〜59歳と人生の盛りなのに、仕事なし、友達なし、未婚。寂しく、孤独な毎日を過ごす「SNEP(スネップ)」(孤立無業者)と呼ばれる人々の存在が今、注目されている。

SNEP(Solitary Non Employed Persons)は、ニート研究の第一人者、東京大学社会科学研究所の玄田有史教授が提唱した概念。玄田教授の調査によれば2011年の時点で、SNEPの人口はなんと約162万人。00年代を通して急増し、現在この数は20〜59歳の総人口に対して、約2.5%を占める割合となっている。

玄田教授の著作『孤立無業(SNEP)』(日本経済出版社)には「特に1997年から98年を境に、中高年の男性の間で、就職活動をあきらめた人たちが大きく増え始めた」と記述されている。

「一度職を失った後、いい年をして就職試験に落ち続ければ、どんなに強い人だって自信をなくします。
SNEPと聞いて、怠惰な人の自己責任だと思うのは間違いです。今時、SNEPは誰にでも起こりうる問題なのです」(中高年のひきこもりの問題を取材してきたフリーライター、高島昌俊氏)

SNEPがニートと大きく異なる点について、玄田教授もこう解説する。
「無業者を分類する際の切り口が異なります。無業者のうち、普段、知人や友人との交流がない人が SNEPに該当します。ニートの研究が若年無業者の貧困問題を浮かび上がらせたのに対して、SNEPは『孤立』が焦点です」


20: 名無しさん@13周年:2013/11/15(金) 13:08:56.18
今日のおまいらスレ

27: 名無しさん@13周年:2013/11/15(金) 13:11:05.37
仕事なしはいかんかもしれんが、
友達なし、未婚の何が問題なんだ?

63: 名無しさん@13周年:2013/11/15(金) 13:22:13.18
ニート研究の第一人者… w

研究すんなや!余計なお世話じゃ!!

74: 名無しさん@13周年:2013/11/15(金) 13:25:02.07
>>63
労働者と消費者増やしたい側から雇われた
御用学者だと思うよ

差別語生みだして
肩身せまくしてやれば
労働者と消費者に変身すると思ってるんだと思われ

様々な時期、様々な場所での様々な写真(at random)


BANDOIT(フランスの発泡水)2006年パリにて



埼玉県飯能市でバーベキュー(2000年11月)



ダイアモンドヘッドの裏にあるココ・クレーター植物園のサボテン(2004年)


ワイキキのホテルにて。若き日の三波春夫のアナログレコードを購入し試聴。(2002年)


疲れ果てた小学生


六本木交差点@新橋−渋谷間の都営バス


大本営跡を探し、日吉のまむし谷を徘徊していると塾高の裏に出た。(慶応義塾日吉台キャンパス)


波照間島 地図


エロマンガ島 地図


草間彌生@松本市美術館(2005年)


ユナイテッド航空 成田−バンコク線 ビジネスクラス 機内食


Louis Vuitton 銀座店ディスプレイ(2005年)


柳宗悦(日曜美術館)


無有好醜

2003年11月8日(土) バンコク 41歳
早朝エアロビクス@ルンピニ公園


バンコク中心部、ルンピニ公園の野外エアロビクスに参加。朝6時から1時間ノンストップで汗を流す。実は5月の旅行以来、バンコクに来ると必ず早起きしてランニングしに訪れている。なんて健康的な旅行者なのだろう。エアロビクスは初めてやったが、さすがにへばった。でも1時間連続して有酸素運動できる基礎体力を身につけねば。

それにしても早朝のルンピ二公園の賑わいったらすごいの!チャイナタウンが近いので中華系タイ人の老若男女が大挙して訪れて運動に汗しているんだ。エアロビクスあり太極拳あり剣舞ありバドミントンありマーシャルアーツあり・・・・・その姿は圧倒的で一度見といたほうがいいと思う。
2004年11月23日(火) 飯能市 42歳

[outdoor] 今年最後のバーベキュー







勤労感謝の日は今年最後のバーベキューで荒川上流の鉢形というところに行ってきました。
ぽっかぽかの陽気で、汁系(けんちん汁)よりも鉄板系(肉肉肉ちょっとだけ野菜、でも肉)のほうが人気が高く美味しかったです。

道具係りのわたしは家に帰ると鍋や鉄板を梱包し「今年1年ありがとうございました」と御礼を言って納戸にしまいました。

2003年11月10日(月) シンガポール 41歳
ラッフルズホテル


初めてのラッフルズホテル(もちろん宿泊せず見物だけ)

2003年11月11日(火) シンガポール 41歳
旅の終わりの足もと


チャンギ国際空港にて。旅の終わりの足もと。


2007年11月22日(木) バンコク 45歳
エロスの涙(ジョルジュ・バタイユ)

父から譲り受けた蔵書のうち、もっとも大切にしている本の中のひとつ。(1967年・現代思潮社刊)洞窟絵画に始まり現代にいたるまでの芸術におけるエロスと死の相関関係がバタイユによって解き明かされている。
数ある図版のうち、もっとも印象に残っているのは、1905年に北京で撮影された刻み斬りによる公開処刑の写真。幾枚かの写真が処刑の時間的推移とともに「緩慢なる死」を冷徹に表現している。バタイユ自身「光線が定着した像によってわれわれが到達し得る世界のなかでもっとも悲痛なものである」と述べている通り、この写真を見た10代前半のわたしの視覚的ショック=ダメージは凄まじいものがあった。その後テレビで見た「砲艦サンパブロ」という映画にも同様の処刑シーンが出てきたので、しばらくは中国人に畏怖と嫌悪の感情を覚えたほどであった。



(今週のおまけ)

The Four Seasons/ December, 1963 (Oh, What a Night)

1975年 全米トップ40を聴き始めた頃、全米1位だった曲。フォー・シーズンズ第2期黄金時代のチューンですね。
湯川れい子さんの対訳、覚えています。初体験の歌、ぷぷっ。


[1年前の記事][chapter 34] Bicycle House / "Vertigo" Now and Then / ラミュー氏とは誰か / とらやのゴルフボール最中 / チェンマイのローイクラトン祭り / 預言者ヨナほか
2017.03.19 Sunday

スポンサーサイト

Powered by
30days Album
PR