ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< [chapter 30] 坂本龍一+ALVA NOTO@ローマ・オーディトリアム / サン・ピエトロ大聖堂 / チェンマイのゴミ屋敷 / ばさら/ ホルバインのアナモルフォーシスほか | main | [chapter 32] サボテン「ヘビ使いのうた」/ 横尾忠則展 (then) and now @ 南天子画廊/ 日本全国の「あれ」の呼称/ Radio Sakamoto ヨーロッパツアー2005を振り返るほか >>
2012.10.31 Wednesday

[chapter 31]  スアンドーク寺院の金色の仏塔/ 世界のご不浄画像 / タイ海軍省の集合住宅 / I Saw Her Standing Sex There / ドブ川の臭い/ たまの夜 / Bombay TV / 生まれて初めての空中遊泳ほか  


その「石川浩司の妖艶ホリデー」はこちら。
http://nihirugyubook.but.jp/youen.html

[関連記事] 石川浩司アニメGif 劇場(再録)
http://rive-gauche.jugem.jp/?eid=9#sequel


2005−2012年10月下旬圧縮並行日記 *画像をクリックすると拡大表示します
2011年10月25日(火) チェンマイ 49歳


近所のセブンイレブンの正面のムーガタレストランの一角にある簡易郵便局。簡易すぎるにもほどがある。

I Saw Her Standing Sex There
posted at 06:52:17

そろそろ外出時刻。折りたたみの傘もたなくても大丈夫そうだな。。。季節は雨季から乾季へ
posted at 08:48:48

朝はひんやりしていたが予想したとおりぐんぐん気温が上昇してきた。暑いので外出先で久しぶりにファンタグレープを買って飲んだ。
posted at 12:45:08

2011年10月26日(水)

昼暑いのでけっこう消耗するなぁ。夜から明け方にかけてが暑くもなく寒くもなくしのぎやすい。
posted at 01:51:19

打撲した足の指だが、気がつくと自由に曲げることができるようになっていた。よかった。
posted at 03:10:20

北杜夫逝去の報が。
posted at 04:20:18

「どくとるマンボウ航海記」で、出航したばかりの船が館山に接岸し、船長から勧められ汽車に乗って東京に一寸戻るくだりがあってホームタウンにいるのに誰も自分がそこにいることを知らないという状況は、去年家族に内緒で帰国したとき「あ、こういう感覚なんだ」と膝を打つような気持ちがしたことを覚えている。
posted at 04:30:28

「楡家の人びと」で斎藤茂吉のモデルとなる人物は、脳病院に婿養子に入り病院経営に汲々としている凡庸な医者としての姿しか描かれていない所が好きだった。信濃町の慶応病院図書館に定期的に行っては何か調べ物をするのかと思ったらいつも昼寝している描写とか。銀河テレビ小説では内藤武敏が演じてたな
posted at 04:43:50

日の出前に起きられた。
posted at 08:03:02

シカゴ近くの上空でオーロラが見られたんだって。綺麗は綺麗だけど、大規模な天変地異が近いのかも、なんてちょっと不吉な予感。 Aurora Borealis lights up sky near Chicago
posted at 10:49:48

「楡家の人びと」は本当に好きな小説で中学くらいのときから何年かおきに読んでその度に新たな感動と発見をしてきた小説だった。最近10年くらいは読んでなかったのでまた読んでみようかな。
posted at 16:22:42

「The Secret Life of the American Teenager」というテレビドラマ、主人公の女の子が15歳で妊娠→出産する話を中心に何組かのカップルの愛憎模様をその家族も絡めつつ描くという内容なのだが、一人の男の子が狂言師の和泉元彌そっくりで笑ってしまうのが難。1980年代にティーンアイドルだったモリー・リングウォルドが中年のおばちゃんになっていて、初めて観たとき、ショックを受けた。
posted at 16:45:16

1年くらい前のtweetを読み返し思い出した。再びつぶやく。
「サミュエル・L・ジャクソン主演でジョージ秋山『ほらふきドンドン』を映画化してほしい」  以上。
posted at 16:49:55

チェンマイの気温32℃。天気晴れ。
posted at 16:54:27

ハンドンに行かなくちゃと思っているのだけど、暑いので行く気にならない。
posted at 16:58:18

乾季になったっぽいからまたプール通いを再開しよう、か。
posted at 17:18:37

教祖ミヤコ様役をヘレナ・ボナム=カーターがやるかも、だと?!http://t.co/wE1R8Zu
posted at 17:51:35

11月月初予定のバンコク行き、洪水なので、とりあえず延期したほうがよさそうかもだな。。。
posted at 19:24:24

それにしてもドンムアン空港近くに住んでいる友人一家の安否が気がかり。大丈夫だとは思うけど。
posted at 19:25:21



「Band On The Run」のジャケット写真(囚人が脱走しようとしたときライトを当てられた瞬間の群像写真)にクリストファー・リーが出演していることを思い出した。1922年生まれの89歳でまだ現役の俳優だ。同じく出演していたジェームズ・コバーンは2002年に鬼籍に入った。
posted at 19:40:43

もう日が暮れようとしているのに部屋の温度はまだ高い。乾季は西日が強いので建物全体の熱が余熱となっていつまでも残るものだと思われる。
posted at 19:53:19

猫不足の禁断症状が〜
posted at 20:28:24

2011年10月27日(木)

暑くて寝苦しくて目が覚めた。扇風機をつけた。タイマー付きのがほしいな。風にあたり続けていると今度は気持ち悪くなるし。
posted at 00:32:36

自転車で80km北方のチェンダーオに行くのは今の体力では無謀だな、たぶん。
posted at 11:14:16

@castle268032 職場の同僚にママチャリをもらい、渋谷から横浜関内の自宅まで漕いで帰ったことがありますが、ちょうど30kmくらいだったかな?そのときも死にそうになりました。
posted at 11:20:27

そういえばレンタバイクのオイルメーターが壊れていることに気づかずガス欠になり、ガソリンスタンドまで4kmほどバイクを押して歩いたときはさすがに心が折れまくった。この国の直射日光たるや半端ではない。
posted at 11:22:40

今朝ターペー門のすぐ近くで会った猫はひどいがらがら声だった。青空球児師匠の「げろげーろ」のような声で「にゃーーーー」と鳴いていた。
posted at 11:30:08

歳とってくると筋肉痛が翌々日に来るのって本当なんだな・・・。
posted at 12:06:35

2011年10月28日(金)

5日連続不正解。最近勘が働かないなー
posted at 01:59:31

寝疲れ
posted at 02:07:58

Since I saw a nightmare while sleeping, I'm very tired now.
posted at 02:10:47

マッサージ屋に行くと「15分くらいかかります」と言われ待つことにした。15分くらい経つと受付の女性から「すいません、あと30分くらいかかるので待つことはできますか」と言われ、さすがにそんなに待てないので店をあとにした。・・・この店とは相性があまりよくない。いつも癒されないので残念
posted at 02:56:32

今日は雲がかかっていて涼しいよ
posted at 13:39:28

さて、お昼。
posted at 14:07:48

1階のベーカリーでパンを買ったがお金を払ったのにパンを店に置き忘れてしまい、部屋に帰ってから気づいて取りに戻った。どうかしてる。
posted at 16:23:58

おお、雨の匂いのする風が吹いてきた。これは一雨きそうだ。とすると久しぶりのお湿りです at チェンマイ
posted at 16:33:37

メイクワーンダム湖は貯水量が95%くらいまで上昇しかなり危ない状況だったらしい。もし放流が間に合わずあふれ出たり決壊したりしていたらダム直下のドーイサケット地区の村落は壊滅的な被害を受けていたかもしれないな。都築響一さんが「やせる旅」でレポしてた民間医療施設もこの界隈にあります
posted at 16:53:29

雨降らないでまた日が出てきた。予想がはずれ。でも風はまだそよいでいる。
posted at 17:31:56

久々にガレージ食堂へ。友人母子の最後の晩餐で行って以来だが、ずいぶん時間が経過したように思えるけど、まだ1週間しか経っていないことに驚く。知り合いも多いのでまったく気後れすることなく美味しく酒を飲めた。やっぱりこの店はリラックスできるわ。
posted at 20:46:02 

2011年10月29日(土)

6時過ぎてまだ薄暗い。さて自転車に乗って朝の徘徊に行ってくる。
posted at 08:11:28

ファイケーオ通りとスーパーハイウェイの交差するリンカム交差点にアンダーパスを建設する計画があることを聞いた。タイのことだから企画倒れ、もしくは計画したはいいが着工まで10年くらいかかる・・・、とはなからあてにもしてないが、それほど交通量が多い渋滞エリアであるとも思えないのだが。
posted at 08:15:03

お昼。立ち食いそば食べたいけどそんな店はないので日本料理屋に行こうかな。
posted at 14:14:14

暑いので散髪に行ったら原西みたいな髪型になりがっくし。
posted at 15:40:35

2011年10月30日(日)

朝6時、チェンマイの気温23℃。冷え込んでるわー。扇風機も要らない陽気。
posted at 08:13:10

雲が厚い。なんかロンドンの雲を思い出した。
posted at 09:20:37

自転車で10kmくらい走って帰宅後、部屋で金子光晴を読んでいたらうとうとしてしまい2時間くらい眠ってしまった。
posted at 13:38:07

西日が強い。というかもはや痛い。
posted at 16:06:38

TVから円楽師匠と聞こえてきてドキッとする<インラック首相と音の響きが似ているのだ!
posted at 16:54:45

久しぶりに降ってきた。すぐ止みそうだけど
posted at 19:51:26

2011年10月31日(月)


Syfy movie「Mega Python vs. Gatoroid」。1980年代後半、ティーンアイドルとしてライバル視されてきたデビー・ギブソンとティファニーが40代のおばはんとなった2011年に世紀の(?)共演!ゲテモノおバカ趣味満載で笑える。(つかみ合いの乱闘シーンは女子プロレスを彷彿とさせる)
posted at 13:27:05

最近Syfyチャンネルで安っぽいCGを使用した巨大生物が人間を攻撃してくる類のTV映画をよく観ているのだが、あまりにひどすぎて脱力のはてにかえって面白くなるという反転現象が起きひそかなマイブームとなっている。多チャンネル時代にはこういうキッチュなB級映画も需要があるのだと思いたい。
posted at 13:55:48

coffee break
posted at 17:31:29

世界のご不浄画像 アジア&ヨーロッパ編

視線を少し下方に落とし、トイレと便座、洗面台の写真を並べて考えをめぐらせてみるテスト。


フランクフルト空港中央駅 中2階の男子トイレ。便器はステンレス製 (2005/06)


フランクフルト国際空港内の男子トイレ (2005/06)


アムステルダムで寄宿したNOBA HOTELのトイレ。タンクに「PHILIPS」と書いてありびっくり!便器も作っているのか(2005/06)


ミュンヘン国際空港のルフトハンザ航空のビジネスクラスラウンジのトイレ(2005/10/19)


同トイレ。男性用便器(2005/10/19)


同トイレの手洗い台。オシャレなデザイン(2005/10/19)


ミラノで宿泊したホテルのバスルーム。ビデがあるのがヨーロッパっぽい (2005/10/19)


同トイレの便器 (2005/10/19)


コモ湖近くにあった犬専用公園の犬専用トイレ (2005/10/21)


ミラノ・ノルド鉄道コモ湖駅の水洗トイレ。水流レバーは壁面上部に設置 (2005/10/21)


ミラノ中央駅の男子トイレにて(2005/10/22)


ミラノ〜ローマ間を走る超特急ユーロスター(ES) 車内のトイレ。便座はABS樹脂製。(2005/10/22)


ローマの共和国広場に2002年完成した、ボスコロ・エクセドラ・ホテルの個室トイレ (2005/10/23)


同トイレの男性用便器(2005/10/23)


バンコク・ラチャダピセークのロビンソンデパートのタイ式トイレ(2005/12/17)

2006年10月29日(日) 東京 44歳

有末流一門会に初めて参加しました。とっても刺激的で楽しい夜でした。病みつきになりそうです。今一度、プログラムを紹介。

有末流一門会第七回定例会

■日にち 10月29日(日)
■開場 17:00
■開演 19:00
■場所 新宿ハプニングバー シャングリラ
(風林会館裏のニューギンザビル地下です)
■出演
☆目白バタイユ(緊縛ホモ落語・熟女フェチ落語)
☆深月ユリア(ベリーダンス)
☆ 有末剛(緊縛)
☆ 卯月妙子・中村香月(パフォーマンス)
☆藤川キヨシ(音楽)

今回は、落語家の目白バタイユさん、ベリーダンサーのユリアさんを交えて、緊縛とのこれまでにないコラボレーションに挑戦致します。 (HPより)


ステージは2部構成でそれぞれ小1時間ほどの長さ。でもめちゃくちゃ濃密な時間が流れておりました。

オープニングは深月ユリアさんのベリーダンスと藤川キヨシさんのパーカッションのデュオ。ユリアさんのキュートでかわいらしい体躯と情熱的でセクシーなベリーダンスとのミスマッチングがエキゾチックな情緒を誘いました。
続いて目白バタイユ師匠の「緊縛ホモ落語」。抱腹絶倒でした。ここに書けない裏ネタ多数。
そして有末さんの緊縛パフォーマンス。中村香月さん。パーカッションの藤川さんとデュオ。
初めて見ましたが語る言葉を失うほど、ただただ美しかったです。

休憩をはさんで第2部。バタイユ師匠の「熟女フェチ落語」。こちらの噺は、4月に浅草の木馬亭で行なわれた目白過激團旗揚げ公演でも聞かせていただきました。日活ロマンポルノ以来の日本の熟女クロニクルというか、かつて「お世話になっ」た、たくさんのポルノ女優さんの固有名が出てきて楽しませていただきました。
そして最後は有末さん+卯月妙子さんの緊縛ショー。ただただ美しかった。

有末さんの縄はまるで生き物のようにするするすると卯月さんの肢体を締め付けていき、気がつくと卯月さんは吊るされています。重力から自由になった肢体を宙吊る麻縄の描く線形の美しいこと!いやぁこれは魂消た。卯月さんのパフォーマーとしてのミューズはもの凄いものがありました。

目の前に繰り広げられる圧倒的光景にただただうっとりして時間が過ぎていきました。終わった後、「また来よう」と心に決めました。

そして、そのあと、どういうわけか、成り行きで、

吊るされてしまいました!!

こんな感じでした。(画像削除)

わたくし、縛られたことはありますが、吊るされたことは初めてでした。想像したほど痛くはありませんでした。地上に着地したときにくらーっと血が上って気持ちよかったです。
でもこれって、究極の信頼関係がなければ絶対できないと思うのですが、私は初めて会ったばかりの有末さんに、なぜかすんなり身をまかすことができたのが不思議でした。もともとそういう素質があって開発されてないだけかもしれません。また吊るされたいなぁと思います(癖になりそう??)。



手の甲に縄目がついてしまいました。これを見てずっとうっとりしていましたー(遠い目)
有末さん、卯月さん、有末流一門のみなさん、ありがとうございました。
2005年10月29日(土) 東京 43歳

[exhibition] 『卯月妙子の世界』展@銀座ヴァニラ画廊



休日出勤の昼休みに、会社の近くの銀座ヴァニラ画廊で行なわれているマイミクの卯月妙子さんの個展を観に行きました。刺激的でとてもよかったです。「ウンゲロミミズ」がモニターで流れている前で、卯月さんとお話しました。11月12日まで開催中。

2007年10月29日(月) 川崎 45歳  

[Live] 多摩川散策〜等々力緑地から丸子橋界隈

 

等々力緑地から丸子橋界隈にかけて散策中です。天気がよくて気持ち良いです。久々に多摩川を歩いて思ったのは、ホームレスが住む青いビニールハウスが激増していること。丸子橋から二子橋にかけては昔ならありえない風景だもんな。村上龍がくりかえし書いてきた「近未来」の図になってきたのかな。(最近だと「半島を出よ」とか)

2012年10月21日(日) バンコク 50歳



私有地を勝手に歩いているわけだから本当は違法なのかもしれないが、皆平気で歩いているから私もそうしているのだが、ショッピングモールに行くのに、タイ海軍省の敷地内にある大きな団地の中を通って行くのが近道であることに気づいて、このところよく通っている。そこに並んで建っている建物が微妙に古くて妙に和むのである。日本でも昭和40年代頃の都営住宅や県営住宅、のいわゆる団地がこのようなテイストだった。日本に帰ったら、子供の頃遊んだ団地に行ってみたい。もうさすがに建て替えられてるかな。
posted at 19:09:51

週末はごろごろしているのである。
posted at 21:01:01

疲れがとれないなー
posted at 21:01:47

でも、今週は珍しく火曜日が祭日なので、明日一日仕事すれば、休める。これはウレシイ。(チュラロンコン大王記念日)
posted at 21:03:46

中年であることは間違いない。そしてもうすぐ初老に・・・。
posted at 21:05:59

2012年10月22日(月)

明日はタイは祭日。うれしいな。(これが失業者だったら「サンデー毎日」なので針のムシロ状態なのだろうけど)
posted at 19:42:17

踵が削れて変形したローファーを会社の近くで修理してもらった。タイではたいていどんなものでも修理屋さんが街中にあって、気軽に直してもらえるのが良いところだと思う。
posted at 20:27:23

漫画家の想像力が凄いと思ったことは過去何度もあるが、根本敬さんの作品で満員電車の中にガソリン巻いて火をつけ無差別大量殺人する男の話があって、その作品が世に出てから何十年かして韓国で同じ事件が現実になったときはさすがに身の毛もよだったのだが・・・。http://t.co/cuEN544 今回の尼崎の事件もそのような臭いがしてならない。全容解明が待たれる。
posted at 22:55:34

というわけでお酒たくさん飲んでタクシーで帰宅なう。
posted at 22:56:41

2012年10月23日(火)

久々の祝日。
posted at 12:08:40

祭日の午後、昼ビールしてしまった。レロレロなわたくし
posted at 15:32:44

2012年10月24日(水)

昼休みにタニヤプラザの古本屋で荷風の摘録「断腸亭日乗」(上) (岩波文庫版)が50バーツで売っていたので衝動的に買い求めた。
posted at 14:40:36 

昨日は近代タイ中興の祖と言われたチュラロンコーン大王(ラーマ5世)の記念日で祭日だった。
posted at 17:10:14

で、時間があったのでニヒル牛マガジン連載陣のバックナンバーを読んでいたのだが、各曜日とも半端なくアクが強くて、「なんじゃこりゃ?!」な人たちばかりだと改めて感じた。これだけ奇天烈な人を集めるのって、やはりオーナーの石川あるさんの才能と人徳なのでしょうね。そんな中、末席にいさせてもらい光栄です
posted at 17:22:03

日没が早くなったなー。夕方5時半には暗くなってきている
posted at 19:37:47 

2012年10月25日(木)

目がぴくぴく
posted at 11:11:14

ぴくぴくがとまらない
posted at 12:44:32 

2012年10月26日(金)

ぴくぴくおさまった。
posted at 10:52:34

最近は朝、バイクタクシーに乗ると、風が涼しくて秋が来たことを実感する。
posted at 10:53:15 

日本にいるとき私は順法の精神は持ち合わせていたほうだとは思っていたのだが、タイに来て何年も生活するうちに、そこらへんの意識が曖昧になってきたように感じる。それはタイの地勢にもよるのだろうか。あ、別に具体的に法を犯しているわけではないことをお断りしておく。
posted at 12:05:00

社用で日本大使館へ。普段デスクワークなので会社の外へ出られるのは気分転換になってうれしい。しかもタイ人ドライバーが送迎してくれるのは何より快適だ。ただ惜しむらくは、会社から車で5分ほどで大使館に到着してしまうこと。もうちょっと遠くにあれば、ドライブ気分が味わえるのだが。
posted at 13:50:12

改装中だった駅直結のシーロムコンプレックスが昨日再オープンしたので行ってきた。地下の食堂街では和食系は8番らーめん、吉野家などが目についた。上階部分に映画館を探したが無いようだった。これは残念。会社帰りに気軽にロードショー映画を観たいのだが、それには別の駅まで行かなければならない
posted at 17:15:55 

旅行している人のツイートは新鮮で刺激を受ける。ちょっとした非日常がポイントなのだろう。そして、今はパソコンではなくても、スマートフォンやタブレットで気軽に写真や動画、文字は送れるし。
posted at 19:03:05 

2012年10月27日(水)

このところBTSトレインの車内液晶モニターで「トワイライト・サーガ」シリーズ最終作の予告編がかかっているのを観ている。このシリーズは人気があるのでケーブルテレビにもすぐ下りてきて、全作何度も観てしまっているが、わりと好きだ。これは熱狂的というよりもどうでもいい「好き」なのだが。
posted at 14:19:07

2012年10月28日(日)

朝7時半に開店する美容院に朝一番で行って染髪してきた。白髪メッシュに飽きると髪を染めるのである。まだ禿げる兆候はなさそう。
posted at 11:40:27

アパートのネットの調子が悪く、httpサーバではサイトにアクセスできず、 httpsサーバでかろうじてtwitterくらいしかアクセスすることができない。
posted at 11:44:36



私はチェンマイの語学学校でタイ語を習った。チェンマイにはお壕はあるが運河は存在しない。なので、運河(คลอง クローン) という単語を習ってはみたものの、なかなかイメージがしづらかった。どちらかというと、アムステルダムにあるような水路を想像していたのだが、バンコクに引っ越してきて初めて言葉の意味するものを理解した。そこかしこにある、生活廃水垂れ流しのドブ川のような水路こそ、運河(クローン)だったのだ。シンガポール在住の高校時代の友人が先日出張でバンコクに来て一緒に飲んだ時、彼曰く「バンコクって、俺たちが子供の頃日本にあった、ドブ川の臭いがするよね」と言っていて、その通りだと思った。今では日本では失われた臭いがバンコクにはまだあるのかもしれない。
posted at 12:28:27

ダコタ・ファニングは順調に安達祐実路線を突き進んでいるように見える。
posted at 13:10:27

やべ、カードキー失くしたっぽい。(カギ本体は無事) 弁償か、気が重い。
posted at 18:07:18 

どうしても困っているから至急対応してほしい、と守衛さんに、お祈りの時間の最中なのに大家さんを呼び出してもらい、キーカードを新規で作ってもらった。(お祈りの時間、というのがタイならではのTweetだな)
posted at 23:17:11

2012年10月29日(月) 

染髪して24時間。シャワーしたら、まだカラー液の匂いが残っている。くらくらしてしまふ。
posted at 09:23:23

きたくたくた
posted at 22:34:34

月曜なのにどうしてこんなに疲れているのだろう
posted at 22:49:03 

2009年10月30日(金) メーサイ 47歳

[エセー] たまの夜

私は21歳で運転免許を取ったのだが、免許取立ての頃は、車を借りていろいろなところをただ当てもなく彷徨い走るのが好きだった。

その夜は多摩地区にある同級生のアパートで遅くまで駄弁っていた。
帰り道、いつもと違うルートで帰ろうと思い立ち、ある交差点を右折し、多摩川にかかる橋を横断して帰ろうと試みた。

ところが、昼見える風景とは違っていて土地勘がつかめなかったのと、夜遅くて街灯が暗かったので、道に迷ってしまった。

あちこちぐるぐるまっすぐいったり曲がったり、それでも、知っているメイン道路に出ることはできなかった。

車はある小高い丘をあがっていった。すると、住宅街が途切れた丘の頂上付近に、なんともまわりの風景とは不似合いな大きなネオンサインを見つけてしまった。

そのネオンサインには

多摩クリスタル

と書いてあった。私は吸い込まれるように・・・・(以下、略)。

タイ最北端メーサイ(タイ=ミャンマー国境)


メーサイイミグレーション


国境の橋の上よりの眺め。左岸がタイ、右岸がミャンマー。


ミャンマーのイミグレーションを臨む@橋の上より


約8ヶ月ぶりのメーサイ。ミャンマー側のタチレクのマーケットには中国製のバッタ物多数売っていた。もう5〜6回来ているので全く触手は動かず。

それにしても川ひとつ隔てているだけで、言語から風習から料理から時刻まで、何から何まで両国は異なる。
不思議だ。





2008年10月30日(木) チェンマイ 46歳

スアンドーク寺院の金色の仏塔。

この2枚の画像、実は何も細工していません。
モノクロームの画面に、一部だけ金色に着色しているような趣きがありますね。
雨雲で辺りがかなり暗くなっていて、雨が降り出す3分くらい前に、このような写真が偶然撮れたというわけでした。

旧市街スアンドーク門の西300m程にあります。1383年にクーナ王によって建てられたお寺だそうです。歴代のチェンマイの王族のお墓があるとのこと。初めて訪れました。

映画「ビルマの竪琴」の舞台となったという話ですが、旧作のほうは観たのですが覚えていません。中井貴一主演のリメーク版は観ていないので判断できません。

チェンマイの中では古刹の部類に入りますが、ローシーズンだからか、それほど観光客はいませんでした。

お寺を出たところに「ジェイ・スアンドーク」というチェンマイで有名なベジタリアン料理の店があるのですが、そのレポートはまた別途したいと存じます。





(今週のおまけ)

「Bombay TV」。古いインド映画に字幕をつけて遊ぶことができるツールです。
以下に紹介するのは、公序良俗にちょっと反する内容なので、奥の院で公開します。
こちらから、どうぞ↓↓
Personalize funny videos at Bombay TV by Graphéine - creation logo



Personalize funny videos at Bombay TV by Graphéine - Graphisme
音声レベルが高いので注意。




(おまけのおまけ)
石川さんHPのニューコンテンツ「ファイブクエスチョン」。ファンから来た5つの質問に石川さんが答えるという内容だが、一読して抱いた印象は、このコンテンツは石川さんの受け答えと同時に、質問者の人となりも見えてしまうということ。どんなに短い質問でもそこに人間性が(わずかでも)表れてしまう。
大げさに言うと、質問者の思想信条宗教観歴史認識民族意識等々、様々なことが質問文の行間からにじみ出て垣間見られる、と。それはどんなに取り繕っても出てしまうその人の実像というか、人となりというか。・・・・・のぞき見趣味的ではあるが、今後は質問者がどんな質問をして正体を表わすのか楽しみではある。(ちょっときつい文面になりましたが良いコンテンツだと思うので誤解なきよう)(2012/10/06)
http://ukyup.sitemix.jp/5q1.html
2017.11.18 Saturday

スポンサーサイト

Powered by
30days Album
PR