ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2017.03.25 Saturday

[chapter 253] 1976年3月20日全米TOP40を聴いて想うこと/ Donny & Marry - Deep Purple / 少女と小人さんたち/子供たちが生中継インタビューに乱入(BBC)/ マルロー「王道」/ 急性腰痛で病院へ/ LIFE(2017)/ 健康状態と今後の過ごし方ほか


(近況)新作のSFホラー映画「LIFE」を鑑賞しました。(2017年3月22日)


2017年3月18日(土) バンコク 54歳

少女と小人さんたち

2017年3月19日(日) バンコク 54歳

子供たちが生中継インタビューに乱入(BBC)



2017年3月20日(月) バンコク 54歳

急性腰痛で病院へ
2017年3月21日(火) バンコク 54歳

「エレ片のコント太郎」より

こちらからどうぞ
2017年3月21日(火) バンコク 54歳

アンドレ・マルロー/王道(1930年)



アンドレ・マルロー(年譜より)

1922(大正11)年、22歳
妻のクララを同伴、考古学踏査のため仏領インドシナ(いまのベトナム)に出発、幼いころからの友人ルイ・シュバッソンとともに奥地に向かい、古代クメール王国の首都、アンコール・ワットに近いバンテアイ・スレイで、浮彫女神石像約束1トンの発掘に成功。ところが、12月、帰途プノンペンでその積荷を押収され、一行は逮捕される。
その後約2年に渡る裁判の結果、マルロー、シュバッソンは無罪を勝ち取る。


私がマルローの名前を知ったのはたしか、1984年頃冬樹社から発刊された「GSたのしい知識」という季刊誌の誰かの評論だったかと記憶しているが、そのとき受けた印象は、のちにフランスの政界で文化行政に長らくたずさわり、政治家、権力者としてのマルローのフィルターを通してのイメージだったので、今読んでいる東洋の考古学に惹かれ当地を発掘踏査するフランス人の若者が主人公のマルロー作の小説「王道」は、まさにインディ・ジョーンズ映画の如き冒険大ロマンを感じたりもするのだが、はたして本当のところ、マルローは考古学の徒だったのか、それともただのアンコールワット遺跡の盗っ人だったのか。この判断は本書の読了後、もう少し先のことになるであろう。

アンドレ・マルロー(wikipedia)
2017年3月23日(木) バンコク 54歳

LIFE



毎週木曜日は劇場公開映画の初日。仕事を終えるとふらふらとやってきてしまった。本日はエムクォーティエで「LIFE」。予告編が面白そうだったので選択。来週は「ghost in the shell」なのでその前哨戦ということで。腰の痛みがちょっと気になるが大丈夫っしょ。ではではん。

(追記)
見終わった。怖がったー。面白かったー。

1980年頃、二子玉川園の二子東急でエイリアンの1作目を見たときのことを思い出した。あれは本当に怖くて目を背けたくなるシーンの連続だった。それだけに終わったときのカタルシスは半端なくすごかった。

映画は映画的記憶とともに複数の映画を「思い出しなが」ら観る体験なのだと思います。

真田広之が出ていたんだけど、どうしても「サンシャイン2057」を想起してしまったり、ね。

たとえば映画最後のオチはマーク・ウォルバーグの出た「猿の惑星」(続編作られなかった)に似てると思ったり、これだけ映画の歴史が長いと似たプロットなんかたくさんあると思うんですね。それを肯定すること。似ていると思いつつ目の前のスクリーン上で行なわれていることを受け入れてその体験にい続けることが大切だ。
2017年3月24日(金) バンコク 54歳

健康状態と今後の過ごし方について



今朝またしても腰にひどい疼痛を感じたので、出勤前シーロムのバンコククリスチャン病院へ。ドクターに症状を説明すると、腰を安定させるコルセットを使ったらどうかと勧められ、試してみることにした。つけてみて半日ほど過ごす。生活するうえにおいては不自由はまったく感じない。むしろ快適なほどだ。しかし着替えのためにコルセットをはずすととたんに元の身体のバランスに戻ってしまい、腰痛がでるような気がした。そのときあんまりコルセットに身体を依存させすぎるのもよくないのではないか、ともうひとりの自分が会話に加わってきたことも事実である。
今思っているのは、疲労が身体にいちばんよくないので腰に負担のかかるバスや鉄道などの長時間の移動はしばらく控えて飛行機の移動もできれば避けるようにして身体を養生しようかな、と。次の大型休暇は4月10日からの1週間のソンクラン休暇なのであるが、外出を控えるか、またはどこかの場所に1週間隠棲して身体を休めようか、というようなことに気持ちが傾きかけている。なにしろ身体が資本なので無理はせず慎重にいきたいものです。(以上、覚え書き)



(今週の作業用BGM)


American Top 40 March 20 1976 Casey Kasem

私の人生でもっともヒットチャートに狂っていた時期のラジオ番組。ほぼ間違いなくリアルタイムでこの日のラジオ関東版の放送を聴いていたはず。1976年3月20日(土)というと、今から41年前、中1から中2にかけての春休みか。
今、聴いてみるとはるか彼方に沈殿していた曲の思い出がよみがえること!これはすごいわ。ほぼすべて覚えている!ケイシー旦那(湯川れい子さん風)の英語もばっちり聞き取れるなー。とにかくこのころの全米のヒットチャートはブリティッシュロックからソウルやディスコ、カントリーまで、ありとあらゆる音楽が散在し、すごくバラエティーに富んでいた。1978年くらいからヒットチャートが急につまらなくなったのは何故なんだろう、いまだに理由がわからない。 あとこのTOP40、曲を端折っているけど長いヴァージョン聴きたい。でも40年前のラジオ番組の音源が残っているってつくづく凄いことだとは思う。

(主だった曲をメモ)*下線をクリックすると別窓でYoutube当該ページに飛びます
40位 Eddie Kendrix/ Shoeshine Boy 38位 John Denver/ Looking for space 37位 Donna Summer/ Love To Love You Baby(ドナの曲で初めてチャートアクションに入った曲だと思う。中1のオイラはあえぎ声にヤラレタよw)35位 Sylvers/ Boogie Fever(大家族グループっぽいな、懐かしい)33位 Carol King/ Only Love Is real (スタンダードナンバー)31位 Carpenters/ Kind of Hush(大好き) 30位 Roxy Music/ Love is the drug(記憶によるとこの週が最高位じゃないかなー)29位 Paul Simon / 50 Ways to Leave your lover(ポール・サイモンのこのアルバムは大好きでよく聴いた。1990年頃フリッパーズ・ギターが「バスルームで髪を切る100の方法」とタイトルをパロってましたね) 26位 Sweet/Action(Sweet最後のシングルヒットか) 25位 Peter Frampton - Show Me the Way(売れたんだよなー、このアルバム)24位 Rhythm Heritage/ Theme from SWAT(人気テレフィーチャーの主題歌。後年LL Cool Jが使ってた元ネタ!)22位 Toni Orlando & Dawn/ Cupid 21位 Commodoors/ Sweet Love 19位 Queen - Bohemian Rhapsody (ビルボードでは最高位8位だった記憶が) 18位 Nazareth/ Love Hurts 16位 Donny &Marie Osmond/ Deep Purple 14位 Maxine Nightingale - Right back where we started from 13位 David Bowie/ Golden Years (この曲の入ったアルバムではTVC15がなんといっても好き) 11位 Bay City Rollers / Money Honey(1976年1月第1週の全米1位がSaturday Nightだった。アメリカではクィーンより先に1位になっていたんだよね、不思議なことに) 10位 Johny Taylor/ Disco Lady  9位 Larry Gross / Junk food Junky 8位 Aerosmith/ Dream on 7位 Rufus Featuring Chaka Khan/ Sweet Thing(チャカ・カーン、エロくていいねぇ) 6位 The miracles/ Love machine 5位 Captain & Tenniel/ Lonely Night- Angel face(大好きな曲。この頃はすでにA&Mレコード内での序列は、キャプテン&テニールは完全にカーペンターズを逆転していたね。カーペンターズの最後のシングル1位はプリーズ・ミスター・ポストマン(1975)だった記憶が)4位 Eagles/ Take It to the limit 3位 Gary Wright/ Dream Weaver 2位 Eric Carmen/ All By Myself 1位 The Four Seasons/ December 1963 Oh What a night!


(上記の中で思い出した好きだった曲)

上記の全米トップ40を聴いていて久々に思い出した曲。ダニー&マリーの「Deep Purple」。オズモンズみたいな兄弟グループたくさんあったねぇ。日本ではカルピスのCMでおなじみだった。末っ子のジミー・オズモンドは確か1962年生まれで同い年だったんじゃなかったっけ?
そうだ、私はオズモンド・ブラザーズがあまりにも日本に来日して活動しているので、ひょっとして本国アメリカでは人気なくて、3流大リーガーが日本プロ野球球界にドサまわりに来るようなイメージを抱いていたのだが、全米トップ40にチャートインしたのでそんな不安を払拭したことを覚えている。



Larry Groce - Junk Food Junkie
この曲はメディアミックスのタイアップではなくラジオのオンエアチャートで地方からアメリカ全土に売れていったと記憶している。すごい勢いでチャートをかけあがったんだけど、この週くらいが最高位で失速したような。日本版のラジオ関東アナウンサーの坂井隆夫さんは「1位確実」とかって紹介してたもんな。いい曲だ。



Captain & Tennille ~ Lonely Night (Angel Face)
キャプテン&テニールは本当に好きだった。グラミー賞を総なめにした1975年の「愛ある限り」から1979年の「Do That To Me One More Time」あたりまですべてよかった。
2017.03.24 Friday

「波照間エロマンガ島のチャオプラヤ左岸派」目次、のようなもの

*タイ国バンコク都在住の中年の日本人オッサンのブログです(毎週水曜日 土曜日更新)。2012年4月4日開始。プロフィールはこちらから。
ニヒル牛マガジンというWEBマガジンに籍を置かせていただいています。




パタヤビーチにて(2017年1月1日)


(chapter 252) 「妖怪博士」こと井上円了/圭子の夢は夜開く(1970年) / Teddy & Nanci (1978) / Y字路/ エムクォーティエに出現したピカチュウ / セクシーチャーハン/ Steve Reich- Come outほか >>
(chapter 251) 国家の矛盾− 高村正彦 三浦瑠麗 / 天皇と性− 原武史(随筆)〜群像2006年4月号/ Les Baxter - space vernacular music / カントの「物自体」を考えることを始めるほか >>

(chapter 250) Afternoon Tea / Guardians/ Logan/ Ghost in the shell / Colossal/ 2011年3月(月記)>>
(chapter 249) 「暗夜行路」の冒頭シーンの想い出/ 岡本かの子「鮨」/ ヴェネチア映画祭の塚本晋也/ 天国/ 梅開花(2006年2月24日)/ 訃報 鈴木清順93歳/ 御徒町うざぎやのどら焼きほか >>
(chapter 248) ビジネスビザ更新/ 石川浩司LIVE @バンコク / i-berry icecream@チェンマイ / チェンライ県の友人女性の実家に1泊旅行ほか >>
(chapter 247) チェンマイなう!/ 天国前 / 社内メール / ギヨーム・アポリネール/ 朝丘雪路トリヴィア/ サヴィンコフ「テロリスト群像」/ インディー・ティー・マイ・ルーチャック / ミュンヘン(2005年 スティーブン・スピルバーグ)/ 萩本欽一 VS 清水ミチコほか >>
(chapter 246) RESIDENT EVIL: THE FINAL CHAPTER/ ストロベリーケーキ/ 若草物語/ 山川菊栄 / 中国旧正月 / Electric Dragon/ 岩盤浴中に見た夢/ 生そば・あずまで天丼セットほか >>
(chapter 245) xXx: The Return of Xander Cage/ バカ映画でスカッと発散/ 金魚鉢 / Anaconda&Python/ 今日買った本 / ド二ー・イェン / 記憶に残っている、人生で気持ちの良かった瞬間ベスト10ほか >>
(chapter 244) Arrival / Patriots Day / イサーン料理 / Reebok coordinate / Korean BBQ / センセーブ運河 水上バス/ お寿司@アソーク / 1980年1月中旬日記(17歳)/ がんばれ!レッドビッキーズほか >>
(chapter 243) 山手線一周(2003年1月1日)/ スーツを着て絵を描くこと / JR東日本大崎駅3番線発車メロディー / 渋谷円山町のル・ペイ・ブラン/ 昭和から平成へ移行した頃の日記(1989年1月)/ イレックス/ お正月のプーケットのパトンビーチほか >>
(chapter 242) パタヤ近郊のラーン島 / 大晦日雪景色の東京(2004年12月31日)/ 根本敬「ミクロの精子圏」が二幕物のオペラブッファのように加速すること/ 「土曜デポルテ」の山本文郎/ カントがいう「享楽の延期」について/ 声楽レッスン〜歌い納め(2006年12月28日)ほか >>
(chapter 241) PASSENGERS / 今年びっくりしたこと=TVで自分のHN連呼される/ 三遊亭円朝「名人競(めいじんくらべ)」/ 茶室の構造にシンメトリーを好まぬ理由 / 縄は生きている / ラーメンクリスマス/ 滝田樗陰(ちょいん)/ プラープダー・ユンほか >>


続きを読む >>
2017.03.23 Thursday

「波照間エロマンガ島のチャオプラヤ左岸派」 索引ページ、のようなもの (随時更新)

1. 人物名索引 
2. 固有名詞、一般名詞索引
3. YouTube Play List



Isetan Ice Skate Link @ Bangkok(2015年1月)



人物名索引(ABC別) *下線部をクリックすると該当箇所に遷移します。 
最終更新日:2016年5月19日
A
青山二郎:殴りたくなる顔
嵐寛寿郎:「神々の深き欲望」を語る
赤坂万竜:日本初のロリータ・イコン 
B
C
D
太宰治:三つの新聞記事 太宰治の生家、津島家のルーツ
団鬼六: 初めての団鬼六体験1978
EF
François Truffaut:モンマルトルの丘の階段にて
「水の話」

福田恆存:「自己批判といふこと」 「福田恆存ちょっといい話」
古山高麗雄:「フーコン戦記」
G
後藤明生:しんとく問答
H
長谷川伸:「生きている小説」
原広司: 原広司邸を見学
平沢進:伝説的Tweet 「600こちら情報部」(1980年1月28日)
日野啓三:日野啓三と鏑木清方の奇妙な共通点 並行放散進化とスイッチ遺伝子について
堀川弘通:「評伝 黒澤明」
I
石川浩司:石川浩司との対話 石川浩司アニメGif劇場 天使と記念写真(2009年4月) 天使と鼻キッス ピンクギプスの男〔動画〕 ゲストハウスのサイン帳で発見した「いしかわこーじ」サイン
伊藤銀次: 幸せにさよなら
井上ひさし:戯曲「夢の泪」
今井次郎:訃報
今村昌平: 「人間蒸発」
J
Jasper Johns:Watchman
Jean-Luk Godard: 女と男のいる舗道@駒場東大 「映画史」(1A1B2A2B)@渋谷ユーロスペース 「水の話」 「パッション」に出てくるマンテーニャ「死せるキリスト」
K
加藤泰: 「緋牡丹博徒・お竜参上」とニヒル牛マガジン表紙のシンクロニシティー
鏑木清方:三遊亭円朝の人情噺について
倉本聰:「さよならお竜さん」
川島雄三:「州崎パラダイス・赤信号」の舞台 「グラマ島の誘惑」 「風船」 「接吻泥棒」 「幕末太陽傳」を観て「甘い生活」を想起 落語「お見立て」から想起する川島作品   松竹助監督会の既得権益を会社側に売り払った男
邦枝完二: 「曲亭馬琴」
久世光彦:「ムーの木に花の咲く頃」「母を語る」
空海: 密教 阿字観瞑想
L
李禹煥: 李先生の思い出
M
Marcel Proust:「一冊の書物は…」 サンジェルマン・デ・プレ 「芸術の独身者」 「失われた時を求めて」で「私」がゲルマント公爵夫人との邂逅を果たす舞台になったパリ・オペラ座
マキノ雅弘:「次郎長三国志」 「ブタマツコロセ」
丸山真男:兆民の「三酔人経論問答」に見る思考実験の重要性
三島由紀夫:「禁色」「暁の寺」 レクトゥールとリズール
森繁久弥:森繁の艶笑なぞなぞ 森繁の芸談@徹子の部屋 「社長外遊記」
N
永井荷風:1931年5月15日日記 「昭和4年のAKB総選挙」
中川樹海:チェンマイのローカル食堂に歌う 
根本敬:「ミクロの精子圏」と「セヴィリヤの理髪師」の共通点 「さむくないかい」(1996)
O
大島渚:訃報 大島渚回顧上映@文芸地下(1982)
岡本綺堂:「夜叉神堂〜半七捕物帳」 「新宿夜話」
小津安二郎:雨に悩める海棠 「小早川家の秋」 「早春」、小津映画のカットバック技法について 「東京物語」が荒川でロケされた理由
尾上菊五郎(五代目): 「散切物」の成功について
折口信夫:日本の女芸に流れている巫女的要素
P Q
Quentin Tarantino:KILL BILL Trunk Shot 
R
S
Susan Sontag: ソンタグの日記より 隠喩としての病い
坂口安吾:「日本文化私観」
坂本龍一:Live At Rome With Alva Noto(October 2005) RADIO SAKAMOTO@J-WAVE(November 7, 2005)
志賀直哉: 「清兵衛と瓢箪」小論
重信末夫(重信房子の父):「血盟団公判速記録」 と重信末夫
島尾ミホ:御跡(みあと)慕いて――嵐の海へ
嶋中鵬二:嶋中鵬二と中央公論について
鈴木大拙:テレビジョンで語る(1964) 茶室の構造にシンメトリーを好まぬ理由 タタター
T
田口トモロオ:ユアン・マクレガーと田口トモロオ
武満徹:溝口健二「近松物語」における下座音楽の使用について
田中康夫:金井美恵子批判(東京ぺログリ日記) 山田詠美が推測する田中康夫が小説を書かなくなった理由
田中小実昌:海外に出たときの小実昌 
谷崎潤一郎: 『鴨東綺譚』(おうとうきたん)について 「細雪」の列車シーン 円本の売り上げで印税成金になった谷崎 「春琴抄」で好きな一節 慈眼視衆生 「痴人の愛」にあの有名人登場? 「痴人の愛」での女性の体臭の描写 
白金と白銀 
戸板康二:その筆法について
U
V
W
和辻哲郎:預言者ヨナ
X
Y
山口もえ:初めての山口もえ
山中貞雄:「小判しぐれ」「河内山宗俊」「水戸黄門・密書の巻」「丹下左膳・百万両の壺」 岸松雄に伴われ松竹蒲田撮影所に小津安二郎、清水宏らを訪ねる(1934年1月8日) 人情紙風船(1937年)の映画音楽分析 
横尾忠則:(then) and now @ 南天子画廊
横山大観:上野韻松亭で宴席を企画
吉田健一: 「〜的」という表現をけしてしなかった
吉増剛造: 最御崎寺(ほつみさきじ)を参拝する吉増剛造 吉増先生の思い出
吉本隆明: 踵を返して岡場所へ向かう吉本隆明
よしもとばなな:「まぼろしハワイ」
Z数字
2コ:エーツー2コとキャシー・バーべリアンの共通点 エーツーライブ初体験(2007年7月1日) 「うちの相方が」





チェンマイのワット・プラシンにて(2014年12月31日)



固有名詞、一般名詞索引(ABC別) *下線部をクリックすると該当箇所に遷移します。 
最終更新日:2015年10月29日
A
愛撫と触診の違い
あすなろサンシャイン2 
B
防災:2000年9月3日東京都防災訓練
C
ネコ(CAT): 猫を並べて in チェンマイ  サメット島のネコ
長所と短所
チェンマイ(Chiangmai):初めてのチェンマイ(2003/07/01)
D
Drawbridge(跳ね橋):アムステルダム 跳ね橋ドリッピングアート
Dancing in front of the camera (Self-portrait)
E
映画に愛されない可哀想な人
映画を一言で語り感想を言う会
F
私の好きなもの(1) 私の好きなもの(2)
果実(fruits): ブルーベリー収穫
好きな匂い: スコア
G
ガチョウ (goose):ガチョウのダンス
H
引きこもり:「仕事、友達、配偶者なしの20〜59歳「SNEP」が今急増しているワケ」 「自由業と引きこもりと高等遊民の違い」 高齢化する引きこもり…親亡き後の「サバイバルプラン」を 「出不精と引きこもりの違い」 「40歳ニート!中高年引きこもりニートの悲惨な状況〜年金パラサイト」 自分をバカだと思ってないバカ
ホーミー: 1993年4月19日 ホーミーとの邂逅 
I
楽器: トンボのアコーディオン
J
常連何様
K
KITSCH:「キッチュとは」(タイ語)
L
労働(labor):「働くことによって得られるもの」 「中年になってからの無職状態について考える」 「底辺にいる人が追い込まれる社会へ」 (タイの格言)「働こうとしないことは…」  
M
丸の内:丸の内カウ・パレード2003
Martial Law〜戒厳令の夜(2010年5月)
N
NPD:自己愛性パーソナリティー障害「回避傾向のある群」について
なりすまし:なりすましがブーム!
O
P
私信:私信の内容を本人の許諾なくさらす人について
Q
 
R
皇室:紀宮さま、帝国ホテルにて 黒田慶樹さんとご結婚 サーヤの同級生の話 小沢昭一とさるお方との会話
S
1995年3月20日 地下鉄サリン事件の日
T
トイレ:世界のご不浄写真集 帝国ホテルのトイレ
時間論:1月前半よく考え勝ちな事〜時間のスピードの感じ方について
ツールの利用について
Tシャツコレクション
Tokyo: 東京百景
U
V
W
World Naked Bike Ride
X
Y
Y字路:なべころ坂
Z数字
2コマ漫画




<
Laying Cats @ Regina Coffee, Chiang mai(2015年2月)


YouTube Play List(ABC別) *下線部をクリックすると該当箇所に遷移します。 
最終更新日:2016年5月21日
A
B
B-52's: NBC Live @ Rockefeller Plaza
Beach Boys: "Shut Down Part 2" "Let's Go Away For Awhile"
BLANKEY JET CITY : Punky Bad Hip (Monkey Strip)
Brian Wilson: "Surf's Up"
C
Cornershop: "Waterloo Sunset"
D
E
Elvis Costello: "She" (from Notting Hill Soundtrack)
Esther Philips: "What A Difference A Day Makes"
F
Four Seasons: "December 1963 (Oh What a Night!)" "Don't Think Twice"
"Our Day Will Come"
Friction: 100 Nen
G
George Gershwin:They All Laughed
Golden Cups:「愛する君に」
H
Hot: "Angel In Your Arms"
Howard Hawks: "Man's Favorite Sport?"
I
J
James Chance: The Contortions Live in Kansas City(1979)
Jodie Foster : 「私の名前はタルーラ」(映画「ダウンタウン物語」より)
K
KURICORDER QUARTET: おじいさんの11ヶ月
L
M
NO
P
Pretenders: Night In My Veins 
QR
S
Schoenberg:浄められた夜
Swing out Sister: "You On My Mind"
T
Teddy Tanaka: "DAHIL SA IYO" (1965)
U
V
W
X
YZ
ずうとるび:うっかりBoy ちゃっかりGirl
数字
999: High Energy Plan
Powered by
30days Album
PR